昨日はライブ、ありがとうございました!

私が"忘れる"という事は無い自信があるので

備忘録程度に、どういった想いで昨日のライブを行っていたのか書き残しておきます



MCでも言いましたが

私はバンドマンとしてステージに立つ前は

一リスナーであり、皆と変わらず好きなバンドを追いかける人でした

とはいえ、実際にライブに足を運ぶほど入れ込んだのは一バンドのみだったのですが

その一バンドが幸也さんがKαinさんの以前にされていたJILSというバンドでした

まだ学生の頃にJILSさんのライブへ通っていた頃

新宿LOFTには毎年12月24日に行われるライブへ行っていたので

新宿LOFTで幸也さんのライブをするというのは私の中ではとにかくすごい出来事なのです

そういった事を書いてる記事はいくつかあるんだけど

下記が一番分かりやすいかも

千年椎名未緒としてのルーツ E.P.

そういった経緯があり、ユナイトをあまり知らない方々から見たら「?」な組み合わせのツーマンになった訳ですが

急遽決まったライブなので潤沢には時間の無いで幸也さんと色々な企画を進めさせて頂き

出来る範囲の中で少しでもお互いのファンがそれぞれのバンドを楽しむには?を考えられた気がします

これは人によっては「そんな事ないですけど」って話かもしれないけど

時代柄なのか、近年は特に目当てのバンドを見て終わり、のシーンです

けどこれは見ない人が心無いのか、見たいと思わせられないバンドがダメなのか

何かを悪者にするような問題ではないと思うけど

事実、そういう事が珍しくないのは確かです

なので、この日はそういうイベントにはしたくないなって想いもあり

ボーカルチェンジの楽曲カバー、配布CD、ハイタッチ会など

かなり満足感の高いイベントになったと思います

ユナイトのお客さんもKαinさんを

願わくばKαinのお客さんにもユナイトを楽しんでもらえてたら嬉しいです





という訳で

自分にとってはすごく貴重で感慨深い

何より単純にすごく楽しい一日だったんですが

来てくれた皆にとってはどうだったのでしょうか

もしかしたら幸也さんの言葉を通して

俺だったりユナイトが"終わらない"っていうある種無理難題を謳う意味の一端が垣間見れたかもしれません

ユナイト五周年を前に、来てくれた皆にとっても意味のある、価値のある一日になっていたら嬉しいなって思います

音楽やっててよかった!