どうも

こちらでは一月ぶりくらい

NASTY_Q_APRI?は聴いて頂けていますでしょうか?

まもなくさよならユーフォリアも発売になります

こんな状況ですが

ユナイトの音楽を日々の楽しみの一つにしてもらえてたら嬉しいです



音楽的な活動として音源は出しましたが

ライブやイベント等はどう考えてるの?

なんて意見もちらほら聞くので

個人的な見解をお話ししておこうと思う

ユナイト全体の総意 というまでは詰めれていないですが

ユナイトの一人はこう思ってるよ って位に読んでもらえたら



結バや九周年に続き

トモコレやオキコネも延期や中止になり

皆さんと直接会うこともなくまもなく半年経ちそうになってます

バンド活動を初めて18年位ですが

ライブなどの露出が無かった期間で最長は

キャンゼルが解散した2010年9月2日から

ユナイト初ライブの2011年3月29日までの209日(多分)です

で まもなくその記録を更新しそうです

デルフィニウムからキャンゼルの間は2年空いてますが

なんだかんだセッションで数ヶ月おきにライブがあったので

ここまでライブなどがないのは個人的には前代未聞です

先の予定としてはユナヒロ犬。が決まっていますが

こちらも楽観視出来る状況ではないので

慎重に対応策を練っています

そして最近では様々な対策を練って

ライブやリリースイベントなどを展開していくバンドも増えてきましたし

本格的な配信ライブなど

それぞれがこの状況の打開策を手探りで模索しています

このご時世において

それぞれ状況や環境が違う中

それぞれが最善だと考え至った答えや行動に

正解や不正解はないと思うし

「自分はこう思うから 違う意見のあいつは間違ってる」

なんていうのはナンセンスだと感じています

仮に考え方や方法が違っていても

それぞれにこのシーンで頑張っている姿に勇気をもらっています

それぞれがそれぞれのやり方で

この苦境を乗り越えられたらと思っています




じゃあユナイトはどうなの?

って話になるかと思いますが

ユナイトはまだまだ慎重に精査したいなといった感じです

ライブもリリースイベントも

都や各自治体のガイドラインに沿って

やってやれない事はないとは思ってます

会える というポイントにフォーカスを当てれば

ファンの為 とも捉えられると思いますが

そこにはまだまだお客さん自身にリスクが伴い

うちらがライブやイベントを決行すれば

多少の恐怖感やリスクをおしてでも

会いに来てくれる人がいると思います

今はそれが有難い反面

申し訳ないなって気持ちもまだまだ大きくて

ライブやイベントがなければ

そのリスクに立ち向かう必要もないよな

じゃあユナイトはまだグッと堪える期間かな

っていうのが個人的な見解です

会えるように行動をするのがファンの為 という見方もあるし

会えるという選択肢を与えない というのも今はファンの為なのかなと

どっちの方が って論調になると答えは出ないので

繰り返しになるけどあくまで椎名未緒単体の見解です

良し悪しではないのであしからず



ただ一つだけ言えることがあるとすれば

永遠に会えないわけではないという事は確かだと思います

コロナの問題もいつかなんかしらの解答にいきつくと思います

それがウイルスの駆逐なのか共存共生なのか今は分からないですが

新たなルールやフォーマットが生まれるまで

バンドが生き残ってさえいれば

皆が健康でいてくれさえすれば

いつかまた必ず会えるはずなので

今俺が考えなきゃいけないのは

バンドを生き残らせる為の方法と

皆に健康リスクのある行動を取らせないですむ方法です

なので前出の通り

今はその時ではない というのが今の考えです

少しでも早く会いたい!と感じている人には

あまり嬉しくない発言かもしれないですが

全ては状況次第なので

こんな事書いておきながら

意外と早く会えちゃったりする可能性も

0ではないんだと思う

なので希望を捨てずに今出来ることを頑張ります




早くこの騒動が落ち着いて

心置きなくライブが出来る世界に戻るといいな

と毎日思ってる

ANOMiE?ぶりの音源リリースが決まりました!

五ヶ月連続で配信音源のリリースになります

10周年イヤーという事もあり

5周年の時のジュピタカップリングのような感じで

一人一曲持ち寄り全部リリースになります

配信なの?CDもあるの?とややこしさもあると思うので

ちょっと説明しようと思います



そもそも ですが

3月発売のANOMiE?もライブで披露出来ずなままですが

コロナに翻弄され続けて

従来予定していたユナイトのスケジュールは崩れに崩れ

音源に関する予定も大幅に見直さなければならなくなりました

今回の五ヶ月連続リリースは従来の予定では存在してなかったもので

この環境の中でも出来る限り音楽活動をしていく為に

何が出来るか 何なら出来るのかを話し合い

こういった形を取りました



時代柄サブスクを除外するのはあり得ないので

今回も主要サブスクで発売日から聴けるように調整中ですので

CD派じゃない方もご安心を!

そしてANOMiE?の時も感じてはいたのですが

曲はサブスクで聴けるので

CDは普通に曲が聴ける以上に充実度の高いアイテムでないと

もう存在する意味がないんじゃないかと思い

こんなのあったら面白いかな?と

CDには爆上げver.を収録してみる事にしました

爆上げver.は初めての試みだけど

各メンバーのパートがより分かりやすいので

多分だけど"推し"という文化がある我々のようなバンドでは

かなりアツいんじゃないかなと思う

好きなメンバーの仕事をガッツリ聴きたい人は

絶対ゲットしてほしい!

そして今回はジャケットデザインも

各メンバーが担当なので

かなり個性の出る仕上がりになると思います

更に特典として各メンバーが一人で喋る形の

セルフコメンタリーが聴けるQRコードを付ける予定です

人によって違うだろうけど曲の事や歌詞の事など

その曲について詳しく知れる と思います!

一曲を色んな角度からじっくり楽しんで

しっかり理解出来る作品に出来たらいいなと思ってます



ちなみにCD版はユナハンッッ!!ではなくcityにて発売予定です

販売用意数もANOMiE?の販売数を参考に

CDが欲しい人の手に渡るギリギリの数になるので

発売(もしくは予約?)が開始されたらすぐに注文してもらえたらと思います!



あ ちなみにですが

かといって音源のクオリティが下がる事はないです!

5作品全てSTERTiNG OVER'SやANOMiE?でお世話になった

調布レコードの原さん(https://www.chofurecords.com/)にお願いしているので

バッチリ高解像度でかっこいいサウンドに仕上げてもらえるはずです!

楽しみにしててくださいね!



それと

毎月下旬にユナスタでのスタジオライブもしていく事にしました

大々的に配信ライブとしてやる事も考えたのですが

まだまだ気が抜けない状況の中

出来る限り身内のみで完結させつつ

さらにはコスト的にもリスクの少ない中で続けていくには

多少見劣りはしても自力でユナスタでやっていくのが

自分たちには合っているんじゃないかと思い至った感じです

今回は1カメでシンプルな配信でしたが

映像やら音質やらは回を重ねるごとによくなっていくと思います

探り探りな部分も多いですが徐々に変わっていくので

それも含めて楽しみにしていてほしいです…笑



とりあえずそんな感じです

ライブ活動に関しては現在全く先行きが見えないですが

コロナに翻弄されて何も出来ないままでは

ミュージシャンとして支離滅裂になってしまうので

本来のミュージシャンという部分も

コロナに負けず続けていきたいなと思ってます!

9月になりました

少し経ちましたが

「みんなのおと」ツアー完走 ありがとうございました

全16公演

各地で待ってくれていた方

各地に足を運んでくれた方

その一人一人のお陰でツアーが達成出来たと思ってます

達成って何?って感じかもしれないけど

個人的には 成功した と近いニュアンスです

何を持って成功かは人それぞれなので

俺の主観の"成功"を押し付けるつもりも

甘受してくれ!という事もないんだけど

"楽しかった"の声が多く届いた体感に沿うのであれば

成功だったのかな と感じてます

そして達成というのも

会場による達成感は大小それぞれですが

いずれにせよ「みんなのおと」が出来たんじゃないかな と思えるライブを

全会場で出来たからです



セトリについてとか

細々した事はメンメでそのうち送りますね

長くなりそうなので



密かな目標にしていた体調面のコントロールは

北回りが終わって神戸に移動した辺りであれ?って日があったけど

なんとかギリギリの所で持ち堪えられたので

とても一安心してます

去年が何度ダウンしたか分からない位に満身創痍で悲惨すぎたので

今年は心身ともに健やかにツアーがしたかったのです

なのでそこがなんとかクリア出来ただけでも

有意義にツアーが出来た感じです



あと個人的な大テーマであったあるポイントもおおよそ達成出来たとは思うので

自分なりに満足のいくツアーにはなりました

ここら辺もメンメでそのうち



「みんなのおと」ツアーは終わったけど

ユナイトのライブはいつも「みんなのおと」であったらいいなと思う

うちらは無人の客席に向かってライブをしたい訳じゃないし

皆はでかい音量でCDやMVを聴いたり見にきてる訳じゃない

自分がいて相手がいるライブっていう空間で音楽をしたり音楽を聴いたりしたいはず

だからどうしたって「みんなのおと」なんだと思う

これからも一緒に本当の意味で「みんなのおと」を作っていきましょう


参加してくれた皆さん、ありがとう!

↑このページのトップへ