9月になりました

少し経ちましたが

「みんなのおと」ツアー完走 ありがとうございました

全16公演

各地で待ってくれていた方

各地に足を運んでくれた方

その一人一人のお陰でツアーが達成出来たと思ってます

達成って何?って感じかもしれないけど

個人的には 成功した と近いニュアンスです

何を持って成功かは人それぞれなので

俺の主観の"成功"を押し付けるつもりも

甘受してくれ!という事もないんだけど

"楽しかった"の声が多く届いた体感に沿うのであれば

成功だったのかな と感じてます

そして達成というのも

会場による達成感は大小それぞれですが

いずれにせよ「みんなのおと」が出来たんじゃないかな と思えるライブを

全会場で出来たからです



セトリについてとか

細々した事はメンメでそのうち送りますね

長くなりそうなので



密かな目標にしていた体調面のコントロールは

北回りが終わって神戸に移動した辺りであれ?って日があったけど

なんとかギリギリの所で持ち堪えられたので

とても一安心してます

去年が何度ダウンしたか分からない位に満身創痍で悲惨すぎたので

今年は心身ともに健やかにツアーがしたかったのです

なのでそこがなんとかクリア出来ただけでも

有意義にツアーが出来た感じです



あと個人的な大テーマであったあるポイントもおおよそ達成出来たとは思うので

自分なりに満足のいくツアーにはなりました

ここら辺もメンメでそのうち



「みんなのおと」ツアーは終わったけど

ユナイトのライブはいつも「みんなのおと」であったらいいなと思う

うちらは無人の客席に向かってライブをしたい訳じゃないし

皆はでかい音量でCDやMVを聴いたり見にきてる訳じゃない

自分がいて相手がいるライブっていう空間で音楽をしたり音楽を聴いたりしたいはず

だからどうしたって「みんなのおと」なんだと思う

これからも一緒に本当の意味で「みんなのおと」を作っていきましょう


参加してくれた皆さん、ありがとう!

夏秋ツアーの物販情報が解禁にになりました!

そして今年は恒例だった過去チェキくじの廃止をしました。

端的に言うと需要に対して供給が追いつかなくなってきたのが大きな理由です。

過去チェキくじ登場最初の年は天国に一番近い男達ツアーで、

過去チェキだから"おまけ"的なサービス心で、

あたりを入れてあげたら嬉しいかもね、という発想で2ショットを入れました、

あくまでメインが過去チェキ。

翌年は「去年撮りたい人が多かったから今年もやろう」となったけど、

くじの性質上どうしても当たらない人の方が多くなる。

なので、最悪当たらなくても少しでも嬉しいように、

「過去チェキとはいえ撮り下ろしのチェキも撮ろう」と、

過去チェキという名の未公開チェキを追加しだしました。

翌年も同じ流れだけど、更に過去チェキ用の未公開チェキの種類を増やす。

というループだったんだけど、

結構早い段階で需要が過去チェキ<撮影会になっていたので、

当たらない人がそれでテンションが下がってしまう話も結構耳にしました。

あと、どうしてもギャンブル的になってしまって、

何万も使ってやっと出る人に対して、

試しに数枚買ったら当たる人も当然いる。

くじだしそういうものだ、と言えばそうなんだけど、

最初は喜ぶかも!と始めた事だったのに、

それがライブ前の一喜一憂になってしまうと、

当初の喜ぶかもという発想からはかけ離れてしまうので、

「撮りたい人は全員撮れるようにしたいね」という事で、

今年は過去チェキくじ自体を廃止して、

一律の料金設定にして、撮影会自体をする事にしました。

そこまでするならいっそ撮影会自体を全く無くすって案もあったんだけど、

ユナイトは元々リリイベでは2ショット撮影会をしていなく、

ワンマンツアーのお楽しみの一つの要素にはなっていたので、

楽しみをみすみす減らすのもどうかなと、

バランスを取ってこうなりました。

会場の使用時間の関係だったりで色々注意事項はありますが、

基本的には撮りたい人は必ず撮れるようにはしたいと思ってます!

思い入れの強い土地で撮るも良し、

メイクが好みだった土地で撮るも良し、

無理のない範囲でライブの思い出のオプションとして考えてみて下さい!

皆が楽しいツアーにしましょう🙆‍♀️

新アー写解禁になりました

こちらはホームページ等々チェックお願いします!



あとはツアーにて遅割キャッシュバックを実装する事にしました!

経緯としては

何においても楽しみ方が細分化される時代において

ライブのチケット代が一律なのには随分前から疑問に思ってきました

サッカー、プロレス、相撲などのスポーツでは

席種によってチケット代が違うのが当たり前

それぞれに重視するものが違うはずだから

とにかく前で見たい人向け

とにかく安く見たい人など向けなど

ニーズに細かく対応したユーザーに寄り添った売り方な半面

何故か音楽はほとんどが一律で

兎にも角にも席は運次第というのがほとんど

それがチケットの高額転売に繋がってるんじゃないかと思ったりもしてます

前で見る事を重視してる訳じゃないから

高値で売れるチケットは手放してしまおうって発想になりかねないなと

そんなわけで

ユナイトではかなり昔からから周年ワンマンでは席種を何種類か設けて

それぞれの希望に見合った席を選んでもらうスタイルになってます



その流れを汲んでさらに考えたのが

見る時間(見れる時間)によって金額が違うのも普通の事なのかなと

仕事や運行トラブルで止むを得ず開演に間に合わない場合

半分しか見れないのに全額払わなきゃいけないのは

自分だったら少し億劫になるかもなと思ったので

救済処置的な意味も込めて実施する事にしました

他にも色々考えてるアイデアだと

終演時間の目安とかも出せたらなと思ってます

帰りの足の確保に便利かなーと

昨今の音楽を取り巻く環境は

時代に見合った変化が求められてるような気がするので

色々試してユナイト独自の参加しやすい環境や土壌作りをしていきたいと思う



今回はテストの意味も含めての実施なので

今後変化していったりもあると思います

今回のツアーに実際に皆が参加して

もっとこうだったら参加しやすいなーとか

あれば色々聞かせてください🙂

↑このページのトップへ