今年もワンマンツアーが決定しました!

俺明日ツアーを契機にユナイトは毎年夏にツアーをする流れになりましたが

かなりのトライアンドエラーの連続ではありました

一旦遡ってみようと思う



俺明日ツアーはライブを盛り上げたい一心で

アツいライブのバンドにするには…という点に比重を置いてました

結果的に今振り返るとちゃんとアツかった気がする

ライブも"視覚的には"一番盛り上がってた気もする

反面ストイックすぎるライブで頑張らせてしまったのかもしれないとも思う

暴れ曲なのに暴れないのなんで?ってよく思ってた

心の一体感よりも視覚的な一体感に囚われてたのかも

この位の時期の私は恐かったと思う

個人的には一番いい経験になったツアーだった



翌、天一ツアー

俺明日の熱はあくまで内側のみに留め

皆と徹底徹尾楽しいライブを共有しよう といったツアー

振り返ると個人的には俺明日の肩の荷も少し降りて

一番楽しめた感もある

とにかく難しい事は考えずに楽しもうとしてたしね

テーマ的にバンド全体で明るく元気に と努めてみたけど

元の性格が明るく元気じゃない私は多少の無理もあったと思う

まぁそれは微細な問題だけどね

あとこの年からユナイト×沖縄が始まった

まさかここまで恒例化するとは想像してなかった



翌、はまだツアー

このツアーは必死だった記憶しかない

バンドが危うい状況の中

ツアーのスケジュールだけが宙に浮いてて

どうしよう?みたいな状態でタイトルも決まらず

Mgジョージの鶴の一声でタイトルも決まった

ただ曲をやるだけならツアーのタイトルなんて

ユナイト 2017 ワンマンツアー とかだけでいいと思う

タイトルを付けるのはそのタイトルに冠した内容や想いがあるからだと思う

だけどそれが初めて何も出てこなかったので

自分でもどうしようと焦ってた

その次はタイトルが付いたしこのタイトルとどう向き合っていこうか という点に悩む

最終的には自分達も含めてユナイトってなんなんだ?って考えるツアーとして意味を持たせた

来てくれた人にはどこか申し訳なさもあったけど

バンドがそういう状態の中来てくれる皆には感謝しかなかった

今聴くとその葛藤とか悩みは歌詞によく表れてると思う

ディシバ、ナユタ、ノゾキアナ、Rely.

全部内包されている想いがマイナス方面に向いてる気がする



翌、強くてNEW GAME(略し方分からない)

気持ちも編成も新たに望んだツアー

タイミング的にもNEW CLASSIC布教ツアーの意味合いも大きかった

インタビューでも言っていたように

結さんと愉快な仲間達スタイルで

バック4人は結さんの脇を支える形で挑んだ

ユナイト的には初の試みだったので

良くも悪くも近年では一番勉強になったツアーだった思う

個人としても一歩二歩俯瞰でバンドやフロアを見れた事で

すごくフラットに今のユナイトを感じられた気がする

見失ってた訳じゃないけど

今までのユナイトの何がユナイトたらしめていたのか

改めて分かったツアーでもあった

個人的には一番ギタリストをしたツアーでもあった

ライブに於いて言葉を持たざる者としてギターだけで何が伝えられるのか

魅力も感じたし無力感も感じた

そういう意味でも学びは多かった



ザーーーッと振り返ってきたけど

やはり色々あったなーって感じ

そして今年は夏に加え秋にもワンマンツアーを行います

夏は"みんなのおと"というタイトルです

ライブは音の重ね合わせで作られます

ユナイトだったら歌、ギター、ギター、ベース、ドラム

それに同期のシーケンスなどが加わります

しかし実際はそれだけじゃなくて

会場にある空調の音もそうだし電飾から出る微細なノイズもそう

そして何より皆の声や拍手やジャンプの音

呼吸に至るまで全ての音が一つのライブを構成する上で何らかの役割を果たしてる

パッとは聴こえないから存在してないんじゃなくて

一聴すると聴こえなくてもその音は確かにそこにあって

そういった音も全てがユナイトの音の一つなんだと思ったら

ライブは皆で作るモノなんだなって改めて思ったので

今年は皆でいいライブを作りたい その想いでこのタイトルになりました

紆余曲折あったここ数年の一つのアンサーだと思うので

是非会いに来て欲しいなと思います!是非!本当に!



秋のツアーは文字通り

夏に対するアンコール的な意味合いです

俺明日ツアーをキッカケに原則アンコールをやらないバンドになったんですが

もうアンコールという仕組みがどうなん?ってだけで

曲数で比較するならユナイトは昨今のバンドの中だと多い方なんです

なので曲数を減らしたいとか気持ちに応えなくないとかではなく

お約束化してしまったシステム自体にNoと言っている感じです

アンコールっていう用意周到なシステムがないと満足させられないのは演者としてどうなん?って思って

今はアンコール無しでやりきるスタイルになってます

私はそんなユナイトがカッコいいと思ってます

とはいえ!

気持ちに応えたいとは思ってる訳です

なので今でもアンコールが起これば止むまで聞いてるし

気持ちは受け取ってます

なのでユナイトらしくアンコールに応える形が

アンコールツアーでした

もう一回行けば名実ともにアンコールだ!と

勿論全会場同じだけ行ける訳ではないので

辻褄が合わない点もあるけど

大きい括りで捉えてもらえたら嬉しいです

こちらは夏ツアーとは全く違う内容にしようと思うので

楽しみにしててください!是非!



ツアーに関して現状はこんな感じです

尚、夏ツアーの先行受付中なので

申し込み忘れのないようにご注意を!



令和になって初のツアーなので

気持ちも新たに何ヶ所来ても楽しいライブツアーにしたいと思ってます!

よろしくー😌

数日経ちましたが、

8周年ワンマン参加してくれた皆さん、本当にありがとうございました!



色々振り返る前に、

まず言い訳から入らせて下さい…🥶笑

ユナイトの周年はあるタイミングからホールである事を重視していて、

それは普段ライブハウスに足を運ぶことが億劫な人が来やすいようにとか、

フロアでのトラブルに気を取られる事なくライブを純粋に楽しんでほしいという願いから、

周年はホール、という希望を出しています。

更に毎年新鮮な気持ちでライブを楽しんで欲しいので、

今までやってない会場、という縛りも付け加えてます。

なので毎年毎年周年会場の箱出しが非常に難航していて、

特にここ数年はオリンピック問題での会場不足もあり、

希望の会場がスッと出る事がまずない状況です。

昨年のZeppもやむなしで椅子を置いて擬似ホール化しました。

そして今年も箱出しは難航して、

やっとの思いで出たのが日テレらんらんホールでした。

遊園地の中にあるという特殊性や、

まだやったことの無い会場という点では良かったのですが、

僕らの利用用途が夜帯のライブであり終演が遅くなる事から、

遠征前提の人とかには少しアクセスが優しく無い場所だったと思います。

それらが理由の一端で参加を断念した人が少しでもいたなら申し訳ないなって思ってます。

そういった人も来年は一緒にお祝い出来る事を願ってます。



内容についてですが、

基本的には参加してくれた皆さんの感想が全てだと思います。

それが良くても悪くても、全て正しい評価だと思ってます。

それを上塗りするような野暮な事を今から発信する事はないですが、

どういった意図でセットリストを組んだのかだけは、

伝えておきたいと思います。(これも野暮かもしれないけど…)



去年一年、正確には七周年から年末くらいまで、

ユナイト内での分担、編成や、バンドのレール敷く役割を従来とは違う形にしていました。

それは新しいユナイトの在り方を模索する為の挑戦的な期間だったのですが、

その期間を経て、メンバーそれぞれが分かった事や肌で感じた事を、

今ユナイトがどう受け入れて消化するべきなのか、

そしてバンドとファンが音楽で結びつく、という、

ユナイトのバンド名にも繋がる大前提が一体何なのかを、

改めて考え直してセットリストを組みました。

こう在りたい、という個人の想いと、

こう在ってほしい、というファンの想い、

今までこうだった、というバンドの歴史、

それぞれが乖離したままでは誰もハッピーにならないので、

その全てを少しずつ融解させながら、

全員の願いが必ずどこかに含まれてる、

そんなライブにしたいなと思い、

それが今回のライブタイトルでもあり、

俺が思う今のユナイトにとっての、oneworldでした。



最近自分に刺さった曲の歌詞で、

「全員が納得するそんな答えなんかあるものか」

というのがあるのですが、

まさにそうだなーと思いながらも、

それでも一つになる事を、結びつく事を諦めるのならば、

それはもうユナイトというバンド名を掲げる資格がないと思ったので、

全員が願った形が少しずつでも内包されているライブであったなら、

自分個人としては大成功でした。

ちなみに自分はとても楽しかったです!



映像は今回もLiN、莎奈が頑張ってくれました。

そして今まで以上に生カメも多く利用したので、

メンバーの表情とかもよく見えたんじゃないでしょうか。

昨年は沢山の友人に助力頂いて作ったステージだったので、

一転して、今年は非常に"バンド的"なライブだったと思います。

自分はセットリストを組むにあたって、

中間に結ソロのシーンと楽器隊のみのシーンが欲しかったので、

急遽インストの曲を作りました。

曲自体はsilence dreamerへの繋ぎを踏まえていたので、

その温度感に合わせたんですが、

しばらく見せていなかったユナイトの一面が見えてたら嬉しいです。

あくまで8周年の催しの一つのつもりで作ったんですが、

不思議なくらい反応が良かったので、リアルに音源化も考えたいとは思ってます。いつか。

なぜユニコーンというタイトルなのかは、

いずれ何らかのタイミングで音源化するような事があればその時にでも。



といった感じの8周年ワンマンでした。

翌日個別握手会での感想がほとんどユニコーンの事で、

それはそれでとても嬉しかったんですが、

ライブ自体がどうだったのかまで聞けなかった人も多かったので、

今からでも各メンバーにライブの感想とかも送ってみてくれたら嬉しいです。

何はともあれ、無事8周年を迎えられて良かったです。

思ってても過剰に言ったりアピールする人が少ないバンドだとは思うけど、

本当に皆のおかげです。

支えられ、助けられ、生かされてます。

ユナイトも皆にとってそう在れるように、

まだまだ居場所で在れるように頑張ります。

9年目のユナイトもよろしく!





またツアーについてもブログ書きます!

では。

今は午前5時5分です

帰ってきて一頻りゆっくりしたので

個握で頂いた手紙を読んでいました

(周年で頂いていたものはまだ受け取れていないので先にごめんね)

二日間、もっというと2月からの8周年企画

沢山ありがとうございました!

特にこの2日は一年分(個人的には二年分かな?)の感謝でいっぱいでした

ライブもそうだし個握でも直接話せて嬉しかったです

時間を取って会いに来てくれた皆さん、本当にありがとう!

一昨日のワンマン後も「コワイ顔してると誤解されるよ」なんて母親に言われる位人相に難ありなんで

変な誤解なく感謝が伝わってたらいいのですが…

あ、真面目に文を書こうと思うと文体がコワイ感じなのも気にしないで下さい…心はニッコニコです……



て、直接話したり頂いた手紙を読んで

なるべく早いうちに文字にしておきたくてこれを書いてます

個人的に一年どうでした?と振り返ると

この機にそぐわないネガティブな感情を書かざるを得ない事もあるんですが

自分は今はそれよりも前を見ているというか

これからをどうするか、の方に完全に目線が向いているので

ユナイトがもっと皆にとって必要な居場所になるにはどうしたらいいのかを考えてます

本来不要な心配や不安にさせてしまったりもしただろうし

「?」を感じさせてしまう事があった事も去年もらった色々なメッセージで伝わってます

もう既に気持ちが、心が離れてしまった人もいると思うけど

そういう人にも「お、またなんか面白くなってきたじゃん!」って感じてもらえるように

これまで直向きに付いてきてくれた人への恩にちゃんと報いるためにも

これから沢山楽しい事をプレゼント出来るバンドにもっとなりたいと思ってます

その一つとして、夏秋のワンマンツアーや、次のリリースも決まりました

ユナイトらしく、一筋縄ではいかない動きも考えてます…

楽しみにしててほしいです!



リーダーがなんなのかとか責任とか義務とかもうよく分からないけど

リーダー"だから"とかではなく

ミュージシャンとしてバンドマンとして

音楽を、バンドを愛してくれる人へのシンプルな感情に従って

皆からもらっているモノ以上を音楽を通じて返していきたいと思ってます

ユナイトのファンの皆はそれを受け取り、読み解いてくれる能力がある人ばかりだと信じてます

そう、特に思わせてくれた二日間でした

歌詞の感想とか、曲の感想をちゃんと聞かせてくれる人達ばかりで本当に嬉しいです

先日のユニコーンの異様な感想の多さもそうですが

作ってる甲斐あるなって本当に思いました

だからこれからもちゃんと自分の役割を果たしていきたいと思ってます

とりあえずそれだけは先に書いておきたくてこんな時間ですが更新しておきます

8周年ワンマン、ワンマンツアーについてはまた改めて…

それではおやすみなさい…!

↑このページのトップへ