_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5068.JPG


生活をするうえで、ぼくは対ひとだけではなく、動物や植物などからも学ばせてもらうことが多いんです。


人間て、世代を繰り返すことで、あらゆるものが変化して、進化し続けるものもあれば、退化しているものもたくさんあると思うのです。


とくに世の中が便利になっていくことで、本来あるべき本能がすさまじく退化しているように感じてなりありません。


本能とは、もともと自然界を生きていくために備わったもの。


だけど、いまの社会にはとくに必要性がなく、何事も合理性を求めたうえで、より生きやすいように判断しがちというか、損得で物事を見てしまう…。


それはそれでいまの社会を生き抜くためには必要なことなのかもしれませんがそのものの考え方や行動が、本来あるべき人間の姿を破壊しているのだと思うのです。


本能的に求める行為に逆らった判断は、大きなストレスとなるはず。


そして、それは次第に本能を壊していくのだと…。


子孫を残そうとすることだって、家族を愛することだって、それらを守るための食糧を確保する力だって、もう壊れかけているに違いありません。


本来あるべき本能を取り戻すのは、不可能とは思いませんが、いきなり大きく変えるのは難しいはずです。


ですから、動物や植物などのように、本能的に生きているものから学ぶことが良いのでは、と思うのです。


花は誰かのためではなく、ただ無心に咲いています。


そこには、淡々と命を燃やす静かな輝きがあります。


誰かの目を気にするのではなく、自分の本来備わっている性質を知ってまっとうしているのです。


その様子は、いまのぼくたちに、「生きるために大切なもの」それらを教えてくれるのではないかと思うのです。


もし、一人ひとりが少しでも視線をこちらに向けてくれたら、何かが大きく変わってくるかも。


_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4527.PNG
知りたい方はこちら⇩⇩⇩


_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4917.JPG



ぼくたちの脳は、注意を払っていなけれ、目の前にあるものさえ見えないことがあります。


科学的にいえば、入ってくる情報のうち、およそ100分の1しか覚えていないといわれおり、それ以外のことは効率よく脳のフィルターのようなものではねられているのです。


しかも、このフィルターのセットに関わっているのが自分自身。


つまり、あなた自身が、この100分の1の見たいものを設定しているというわけです。


この100分の1の設定に大きく関わっているのが、『生まれてからいままでの自分』


とくに親や恋人、友達などの関わり方によって形成され、それが見たいものへと変換されているのです。


たとえば、とても寂しい思いをたくさんさせられてきたという人は、設定に「寂しい」というモノの見方がセットされてしまい、それによって視界に飛び込んでくるあらゆる情報の中から、「寂しい」要素が含まれるものだけに脳が反応してしまうのです。


「なんで、私にばかりこんな不幸が訪れるの?」


と嘆いてしまう人がときどきいますが、まさにこれは同じようなこと。


そればかりが目に入り、それ以外のものはフィルターで削除されているということになります。


本当はあなたの目の前には、たくさんの「楽しいこと」「嬉しいこと」「幸せなこと」が存在しているのです。


ただ、それらを自分自身で拾い集め、あたかも自分だけが不幸のように思っているだけなのです。

 

訪れるものは、みんなさほど変わりません。


ただその選び方、モノの見方がそれぞれ違うだけなのです。


このあたりの意識改革は、占いでも行っていくことが可能です。


あなたが生まれ持った本来あるべきエネルギーを未来に設定しなおし、これから見えてくるものを変えてあげるのです。


それによって、これからの訪れる出来事はびっくりするほど変わっていくでしょう。

 

過去の出来事は、完全に削除することなどできません。


それよりは、新たな目を持ち、今日からの訪れる出来事の判断をただ変えてあげればいいだけなのです。


ぼくたちは、明白だと思える幸せなものまでも、驚くほどたくさん見逃しているのです。


あなたは今日からでも幸せになれますよ。


_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4527.PNG
知りたい方はこちら ⇩

_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4890.JPG

苦しいさなか、その中から成長していく人と、そうでない人がいるように思います。


鑑定から数カ月後、再び訪れてくださいました方から、そういった状況を目にすることがあるのです。


この分かれ目はどこでされているのか?


カードにしるされた「手」をそのままお伝えしているのではありますが、それらをどうとらえるかによって、逆境からの道筋が変わってくるのだと思います。


耐えがたく、どこかムズムズするような、内容が示される場合も少なからずあります。


ですが、まずは素直な心で受け止めてほしいのです。


そして、いまある現実から目を背けたり、問題を避けたり、否定しないでほしいのです。


真正面から見つめることですべてが好転しますよ。


大切なことは、その出来事がどういうものなのかではなく、その出来事に対してどのような気持ちで向き合うかによって大きく変わってくるのです。


さらに、何が起こったかによって自分を定義するのではなく、その経験から何を得れるのかを定義してみる、それによって一気に逆境から起き上がることもできますよ。


逆境とはある意味チャンスのようなもので、


チャンスとは、いつもピンチの姿をしているのです。


ですから、逆境を利用して、そこから進むべく道を見つけていきましょう。


逆境からただ立ち直るのではなく、起き上がってさらに上に伸びるのです。


_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4527.PNG

知りたい方はこちら⇩⇩⇩

↑このページのトップへ