明日死ぬかもしれない世界を生きる。

この映画は一年前に撮られたものだ。その時にはこんな世界情勢ではなかった。ウクライナから日本に標的のボタンはいつでも変えられるってことを意識しないわけには行かないよね。

そして、中毒性高し

これは地下アイドル界のノアの方舟?

あるいは地下アイドル保管計画?

これ、クソ長文になるけどどこに書けばいいんだろ?ということでここを見つけるに至る。

僕はこの作品が好き。ただ、それに尽きる。


アイドル映画 という括りだが 映画ファンが思うアイドル映画というカテゴリーよりもっとはるかに狭く小さいマーケットからやってきた映画。
アイドルといえど日本国民がみんな知っているようなTVにも出る ももクロちゃんや坂道グループではない。

つまり 爆発的動員もなければ、爆発的な話題にもなりにくい地下からのスタートだ。

コロナ禍の地下アイドルの中でも踏ん張っているアイドル達がこの作品に出たいとオーディションを受けて、そこをくぐり抜けて出演している映画である。演技未経験も多数。

架空ではあるがドキュメントな部分の空気感が多いと感じるのはドルヲタだから仕方ないのかもしれない。

ギュウ農フェスという「大きなイベントに呼ばれないけど、人々を熱狂させるいいアイドル達は沢山いる」 それをサルベージして集め、それが話題となり実績を積み上げたフェスがある。

地下アイドルを好きな方なら知っているだろうが知らない人はまあまったく知らないだろう。サマソニでもなきゃTIF でもない。
小さな幸せな村の世界。

新木場の今はなきライブハウス 新木場コーストのオクタゴンスピーカーを駆使してメインステージを憧れの場とし、爆音でレーザー光線ガンガンでアイドルの楽曲を体感し、聴けるフェスがギュウ農フェス。メインのほかにも小さなステージが外にいくつも作られ 歩くのもしんどいくらい地下のヲタク達がひしめいたのがコロナ前のギュウ農フェス。

しかし、全てがコロナで活動停止。地下アイドル達は次々に活動を停止し、ギリギリで常に走り続けて来た彼女達は引きこもらされ人生を見つめ直すことをすることになり…次々と解散、脱退、卒業が発表された時期に 夢と希望をのせるようにギュウ農シネマ製作が発表された。
ギュウゾウ氏のアイドル補完計画。
地下アイドル界を詰め込んだノアの方舟?

ギュウゾウ氏が好みのアイドル集めて撮るんだろくらいに思ったのだが どうやら話が違う…。応募のあった人をオーディションを経て作品が作られるようだ。 (実際 集まったメンバーはギュウゾウ氏が通っていた現場とは違った…)

そんな話を聞いて私は愚かにもヲタクの立場から 必死に応募すべきだとアイドルに懇願する。ノアの方舟にあなたは乗るべきだ。 元ゆるめるモ!のようなぴさんにTwitterを使い 説得し始める。補完されるべき人だと思ったのだ。

ギュウゾウさんには特別に愛されてないから受からないよー(たしかにゆるめるモ!には栃木出身の王者けちょんちゃんがいたからな気持ちはわかる)と言っていたのでああチャレンジなしかぁと諦めていたある日 合格したなぴ!という報告が。
脇役の悪者だけどね…と言っていたけど 私は自分のことのように嬉しかった。

実はちょい役目指し応募した自分は書類で落ちたから。 (誰でも応募可能だったので方舟に乗りたかったんだよ)




監督は奇才 井口昇監督が抜擢された。人員の選考は監督の意見が重要視されるらしい。その眼に止まったのがようなぴさんだったと後で知ることになる。ムニュっとした感じがたまらないライバルグループのリーダーという役を得ていたのだ。

今回の悪役となるアイドルグループ ブラッドチェリーは個性の塊。それを井口マジックでそれぞれが濃縮濃厚な仕上げ加工がされているので ファンであるヲタクが見たら わずかな出演だろうと猛烈に頭に残ることになる。常に井口監督の愛を感じるわけである。


しかし、この時期、映画を撮ること自体も厳しかったはず。突き進んだのはコロナ禍の危機感への抵抗だったのだろうか…愛したエンタメが終わる…愛した地下のアイドルシーンが滅亡してしまう。この時点で映画の物語と現実の強烈なシンクロ。

個人的にカルトな世界を真空パックして未来へ保管しようというイカれた地下アイドル保管計画。キグルイ博士の純愛 みたいなシチュエーションが僕にはたまらないのである。タカマル!

なお、こんなは地下のドルヲタの戯言に過ぎないが、この辺も前菜としていただけると少し感じ方が変わる気もしなくもない。

たとえ泥舟だろうと なんだろうと楽しむ姿勢で飛び込まないと。毒くらわば皿まで。まずけりゃ2度と食わねえし、毒じゃ多分死なない。
(そうそう怪電波モスキート音にして若者だけリアルに苦しめば面白いのになぁとか思っていた)


この映画が完成して公開となり初めて、インディーズ映画の現実を地下のドルヲタは知ることになる。完成した映画の公開は東京でたったの1館。この後栃木2館、愛知で1館。

地方のドルヲタの落胆はハンパないことは想像できる。クラファンで協力したのに肝心のその映画がスクリーンで観れないのだ。

そう、この映画はギュウ農フェスの観客やヲタクの支援を受けて撮影しているのである。クラファンの中には 映画のエンディングに名前が出るものや 映画の中で名前がよばれる 名産品が映し出される等々、エヴァでもやっていたスポンサー共産企業の物が山ほど出ているシーンもある。

知っているとこれかー!となることも 知らない人はそのシーンにめくじら立てて怒っていたりするのが面白かったりする。ニヤニヤしながらありえないと怒る人を眺めている。

ギュウゾウ氏も語っている 

「お金がなかったんだってば!」

わずか数日のタイトな撮影。
トップガンやフラッシュダンス、ブルースブラザーズ、フットルースのような音楽で繋がれる疾走感や絶望感。これらをすべて入れ込んでまとめあげたのが 奇才、井口昇監督である。

地下アイドルと同じようにカルト的にヲタクに愛される監督。いったいどんな映画を作り上げたのか。

監督の配信で 過去の大林監督の三部作作品のオマージュであるとか ピンチランナー的な作品とか古き良き角川作品の空気とか(子供の頃見たのだが今でも時をかける少女を超える棒読み映画を見たことがない)いろいろな言葉を配信で聞いて、頭パンパンでついに作品を見ることとなる。

たしかに尾道三部作のような見事な田舎。時をかける少女のような演技。普通なら絶対CGのシーンもアイデアで手作りして切り抜ける。ぺたんとお辞儀すると憑依した中身が見えるとか チープにやり切った空気が潔くてこういうものは大好物として受け入れて見れる自分がいる。
血飛沫ドバドバがタイトなスケジュールと予算のため抑えられるもののそのエッセンスはしっかり残しつつ、そういうのにうるさい方面からもクレヨンしんちゃん扱いされる作品となり変な指定がつかない。

ものすごく暑いことはメイキングでわかるのだが、本編から茹だるような暑さをとりのぞいた編集をしていることをさらっと汗を取っているんで とサラッという井口監督。

ギュウゾウ氏も口が開いたままになる。

ちなみに井口監督はなまりも棒読みも大好物だそうだ。次々と瞬間パックされた場面が展開されていくから注目して欲しい。

主人公であるアイドル メグ(めぐみ)を演じるのは アイドル役の中で唯一の俳優である桃果さん。ギュウ農フェスにもイブニングローリーとしてアイドルとしてステージに立ちステージを無事完走。とても人懐っこい表情をされる女優さん。映画の中では難しい顔が最初多いけどね。

この人がまた、アイドル以上にアイドルでちっちゃくて可愛い。(いやほんとに2ショ行きたくなるわけで)そりゃチャンスがあれば映り込みしたくなるわけである。


有言実行してみた。


お話のあらすじはシンプル。
メグはなんとなくアイドルになってしまった。笑顔なんかクソ喰らえ。1番不幸なのは私 他者を理解することなく決めつけて終わり。
あるきっかけから人の思い、痛みを体感することになり他人を知り、人の目線で自分を知る 人はそれぞれが自分の世界を持ち 共存している。もし、理解してやり直せたら。それは人類補完計画のそれ…。井口監督のお話の持って行き方のが最高なんだよ。



そして またまた 出てくる ヨシエ。

井口監督作品のファンにはたまらんだろうな。今回のヨシエ はアップアップガールズ(仮)の新規メンバー工藤菫さん。ダンスとアクションがものすごい。恐縮して遠慮する過去と爆発的な力を見せる夢の世界と現実がシンクロして行く。今回の井口色を存分に体現する人。顔がほんと小さい。この人に憑依した桃果さんとの美少女トーテムポール最高。カチンコ片手に大立ち回りの時の身体能力、ダンスのうまさ。やばいです。



アニメ声が特徴的な アイ を演じるのはまねきけちゃの中川美優さん。今現在、リアルにアイドル卒業まで一年弱となるカウントダウンの彼女のアイドルとしての姿も補完されたと言える。食べまくる餃子と共に。しかし、これだけ、ザ アイドルというのもすごい。圧倒的にアイドルなのだ。役柄はアニメ声ののんきな常に餃子を食べまくる天然系アイドル…しかし、彼女にも誰にも言わない事情と夢がある。美しいお顔大スクリーンで見る価値ありまくりだよ。



僕の大好きな楽曲 「ネコちゃんになっちゃうよ」のクマリデパートからは 楓フウカさんが リョウコ役で登場。これまた悩みを抱えるひとり。我が道を行く彼女にもいろいろな想いが。
しかも完璧を求めるステージママが片腕マシンガールの八代みなせさんという。(自死を選ぼうとする姿勢がまた最近の出来事と激しくリンクするという…まるで予言のような映画)


そしてこの映画の撮影の頃には ああ、あのミシェルの子も選ばれて出てんだ〜だったんだけど、撮影の頃からの一年で配信を見まくり、その世界観にやられ、ぶっ倒れながらぶっ飛んだ眼をして踊る女神を見つけ、彼女のことを知るにつけ 完全な自分の推しとなったこの流れ。まさしく神がかり (小さいやつ) ハル 役のミグマシェルター ブラジルちゃん。(またの名を新倉のあ)頭ぶっ壊れるまで と踊り続ける魅力的な方。

実際映画を見て ぶっ飛ぶわけですよ。
俺には完全に主役ですから。このぶっ飛んだ物語の黒幕的な。早々にアレだし。ずっとアレしてその辺にいるし、運命の地図平気で都合よく書き換えちゃうし。

この人はリアルに踊ることが死ぬほど好きで ああ、このまま死んでもいいって思ってるよね今ってダンスをいつもします。
見ている時に明らかに足首痛めたりします。
だいたいライヴ(レイブ)前に ガンギまっていきまっしょい!という掛け声で始まるアイドルとかね。アクビの田中さんチーム最高すぎるんで。
死ぬほど美少女なのに ずっと自分嫌いだった過去とか 年中怪我をしたり倒れたり リアル綾波レイだし。(昨日も足を怪我して事務椅子に片足を乗せて普通にレイヴでダンスしてましたがありえないこと日常なんでしかもお勉強大好きという)

はい、すいません、チカラ入りました。

そんなブちゃんも見事に補完計画されて しかも ミグマシェルターの名曲69を映画の中でソロで踊り狂うという…こちらも立ち上がりいつものようにサイリウム振りながら踊り狂いたくのをグッと抑えなきゃのシーンの連続(中川さんの横で踊り狂うのもやばい)に 観覧後、劇場にたまたまお見えになっていた井口監督を発見して駆け寄り 
これ、ほぼブラジルちゃんの映画じゃないですか!ありがとうございます 


と訳のわからない挨拶を初対面でしてしまったわけで。
だってほぼいるから。
(ボソボソ喋るのは自然。2ショとかだともっとフランクにお話ししてくれるんですよ。この人の趣味の世界が好きで。この人が面白がるものほぼ面白い…唯一 昆虫食だけが…でも、食べさせてくれたら間違いなく食う だろうけど。)





えーと なんの話?推しの自慢?ああ、映画。もうガタガタ言わずに足運べと。飛行機乗ってこいよと。ヲタクが躊躇してどうすんだって。私財投げ打って足を運びましょうって話。ギュウゾウさん私財投げ打って映画作ってんだぞ。応えようよヲタク。

これがイブニングローリーのメンバー。

そして対する ブラッドチェリー。

補完されるべきとオーディション薦め 見事に内緒で応募して受かってくれてたのがリーダー ムニュ役のようなぴさん。

ヲタクの情報で よしっ!と決意して行動したようなぴさんがほんとにすごいわけですよ。(普通動かないとこだから)
この映画泣くよっていう感想の人多いんですけど、
僕はガチでブラチェのSICK IDOLSのダンスシーンで ドセンターで構えてから大きく跳ね上がるダンスで涙でブワッてなって画面歪みましたからね。これが見たかったんだと。
そして可愛いようなぴワールドのニコニコ星さんたちの目の前で血の惨劇が起きるあのシーン。あの装飾は ようなぴさんの作品です。美術大学を出ているのでそちらのアーティストの一面もお持ちでようなぴワールドを展開されてます…特別なエンディングロール見逃さないように。






で、このブラチェのメンバーにも僕はなんだか結構思い入れがぐいぐい入っちゃうんにゃん なんですよ。

SICK IDOLS のオリジナルを歌う ピストンを演じる 琉陀瓶ルン(ルタカメルン)ちゃん。めろん畑agogo の方なんですけど、同じくダンスシーンがたまらんのです。オリジナルを歌っていることもあり 想像ですけどグループを背負ってます。ハンパなことはできねえ!ってあの決意の目…特攻しそうだもん。これがスクリーンに映し出されると胸に迫るものがあるんです。そして ギュウ農でも何度も見ているめろん畑なんですけど、俺的にはメロンと言えば 中村ソゼちゃんなんですね、理由は俺のツボな光線銃を持っていたから何ですけど。しかし、それを覆す出来事が。映画が公開となり 舞台挨拶のない平日 Twitterに 一緒に映画行こ と突然書き込み それに呼応したヲタクの方々引き連れて映画館に現れるという まさに ジャンヌダルク ルンちゃん その後先考えない行動力に惚れました。後、大塚のギュウ農フェスでブラチェで登場した時も ヲタクの溢れる特典会会場にルンちゃん入れないでいたので(普通裏から行くのに正面突破狙ってた)ルンちゃん通りまーすと ちょっとだけでしゃばったら 「優しい〜ありがとう」 と一言。めっちゃいい娘。好き はい、ちょろい沼落ち案件でした。
(ブラジルさんを頂点とするDDなので)



ベータを演じるレーレさん。映画では上から目線の御令嬢ですが、この方はブラジルさんと同じグループ ミグマシェルターのメンバー様で 鹿児島ご出身…どこからどう見ても海外の血を強く感じるわけですが ステキなレーレ英語を使われます。そのたびに周りは爆笑です。そして、ほんとに優しくて丁寧な言葉使いなんです。そして今はショートでボブ。今の髪型最高にステキですから。レーレさんはギャップが本当にたまらないです。スクリーンに補完されてよかった。そしてブラジルさんに負けないダンスと歌が武器です。ステージはマジですごいのに普段はおっとりのギャップが反則のレーレさんです。





ガッツを演じたせのしすたぁのまおさん この演技が監督に認められて このドルネバの後の井口監督作品、「異端の純愛」にも出演されてます。監督が探していた声の不良少女にぴったりだったそうです。
地下アイドル現場ではライムベリーさんを見に行った時とかよく対バンで出てて まあ、フロアを沸かせまくってました。「オメーラよう、いい加減しろよ」 と言いながら自虐的な展開 無料だからこいって言ってんだろというチェキ列には誰も行かないとか捨て身のギャグをぶちかまして沸かせるから。 ただ この人はめっちゃめんどくさいくらい気を使う乙女すぎる乙女だなーっていつも思ってます。ギュウ農でも「お前ら何でこっちにいるんだよ、普通 メインステージ見に行くだろ!俺も早くあった見てえぞ」とか言いながらぼそっとありがとうなんて言ったりするから。ほんといい感じ。最近綺麗になっちゃってるし そろそろ初接触してみたいと思っていたり…囲みは撮ったけど。2ショ無料だった時期に来てたのになのに何でお前は一度もオレと撮ってねーんだよと言われる覚悟ができたら行こう…。




タマエ役を演じたのは 日向かほさん、以前はゾンピパウダーでレッドアイだったかほちゃん。FC東京のタイコのおっさんとしてワタクシ出会っております。あの宮崎弁がいいんですよね。今回の映画緊張しながら見ていたら いつも通りの宮崎弁 ちょっと口が悪いバージョンで出てきてホッとしました。変な緊張が解けたというか、いつものかほさんいるーという安心感を与えてくれました。井口監督がグラビアに挑戦という時に選ばれて 豊かなボディにピチピチシャツを着せられて ある種のマニアにはたまらないグラビアを頑張っていたのが印象的。でも、歌唱力が実はすごく評価高いんです。最近はピアノをバックにソロ歌唱されてます。




ポコニャンを演じたのは エレクトリックリボンのpippiちゃん。エレリボでも全力ステージ頑張る人なんだけど、ブラチェでも グイグイ 全力にゃん。井口演出のせいでより濃いめ。この方は基本の姿勢がなんかすごいなあといつも思ってまして アイドルとして何をしてあげれるのか?で動いているのかなと。今回もSNSでたくさん映画の告知をされているんですよ。なんか愛を常に振り撒く感じ?すごいなーって。


オーガさんを演じるのは 八月ちゃん。ウクレレを引いて とてもステキな歌声の世界を作る方です。ほんと引き込まれる歌を歌う方なんですけど、当然 ウクレレ振り回すようなことはないので ダンスシーン努力したんだろうなーってすごく思いました。あのシーンが決まらないとアイドルに命をかけるのはどちらも一緒にはならないから プレッシャーとかすごかったんだろうなって。そんなことを勝手に感じながら見ているからスクリーンが涙で歪むんですけどね。




ギンガムを演じるのは The Grateful a MogAAAz のキャンディ山内さん。俺的には完璧な9頭身アイドルだと思っております。今回大塚ハーツのギュウ農フェスにブラッドチェリーが出演された時、囲みのチェキを撮ったんですけど、小さくなって写っててて なんかすごく惹かれちゃいました。気遣いというかアイドルさんは小さい人多いから気にしてバランス取ってるんだろうけど、そういうことできる人好きなんですよね。DD魂に火がつきますわ。ブラチェのダンスシーンは大きいダンスが画角からはみ出る勢いでたまらんです。


こうやって書いてみて実は大半の方のなんだかんだこの広いアイドル業界で知ってたという奇跡。

もっとも最大の奇跡は1998年フランスワールドカップで 我々の合宿地 スペイン、フランスで日本代表の応援をともに戦った戦友 ギュウゾウ氏と24年ぶりにこうして 主催とヲタクのポジションで遊べていること。僕はサポーターという生業があればそれ でしかなくて。今回はあらゆる状況がうんめーのように絡まり合い こういう状況で、漢が勝負かけてて共感できたら応援するしかない。となるわけで。


人によっては これいいよ!も 押し付けだとか平気で言われる世の中ですが これやって見なってのはあんたが喜ぶことだろ?みたいな事を言われるんですよね。
別に騙されたと思って見てみて 

と言っているんで 行く行かないの選択肢を持つのはあくまであなたです とそれに対して私は何も言いませんの姿勢なんですけどね。

なんせ、こちらは爆発的な熱を持ってお薦めしちゃうとこが悪い癖なのでかんべんしてください。
それとこの映画に使われる楽曲はこちら



なんにしても勝手に応援しちゃってるんで、公式の想定外、余計なこと、勝手なことTwitter上でしまくりなわけですが、

面白いものは面白い
ヲタク達が立ち上がってクラファンした映画は素晴らしい出来栄えだった。
じゃそうなるように微力ながら騒いでいこう。
誰も呼応しなくても僕は楽しい。

この映画は日本より確実に海外でウケる気がする。

だって今まさに それを切実に感じているのは世界。でも、その世界には日本もいるのにね。いつプーチンがこっちを狙うかわかんないのに。

我々も 明日死ぬかもしれない世界を生きているんです。

この映画、DVDやBlu-rayでいいやとか ネトフリ、アマプラで見れないかなとなりがちでしょうが 映画は映画館で見るもんなんだよバカヤロー。そして アイドルと同じ、推せる時に推せ!なんですよ。

でかいスクリーンじゃなきゃルンちゃんのあの目とか見れねぇんだぞ。

ただ、井口作品は息が長いのです。10-15年たってもいまだに新鮮に評価されているわけで 瞬間パックされたアイドル達は永遠ですので いつでも解凍して推してほしい。


一つ言わせてもらえるなら 手をあげてくれ!爆音上映館様。なのです。全国から観に来るぞ。

あとはヲタク達が散々ギュウ農フェスで楽しませてもらった恩返しするのは今だよってこと。#アイドルネバーダイ 我が街で見たい!をTwitterで呟くだけでいいんだよ。俺たちの街でも映画やってくれ!でいいのよ。

みんなが声をあげてくれ。その声が絶対大事なチカラになるのだから。 #アイドルネバーダイ でも、桃果さんが推している言い方 #ドルネバでもいいから。

ということであなたの街にもアイドルネバーダイが行く日を勝手に心より祈っております。


さあ、また、見に行って来るかな! 

#ドルネバ #アイドルネバーダイ #ギュウ農フェス 
#ギュウゾウ #井口昇 #井口監督 #ギュウゾウさんへヲタクの恩返し #ようなぴ #ブラジル #レーレ #ミグマシェルター #桃果 #楓フウカ #クマリデパート #中川美優 #まねきケチャ #工藤菫 #アップアップガールズ #アプガ  #まお #せのしすたぁ
#琉陀瓶ルン #めろん畑agogo  #キャンディ山内 #TheGratefulaMogAAAz #モガーズ #日向かほ 
#八月ちゃん #pippi #エレクトリックリボン



















あゆみくりかまき 解散について2021年3月23日火曜日午後20:00 gowgow TVにて3人それぞれの今の気持ちが生放送された。

またぎのみんなが興奮していてちゃんと聞いていたとは思えなかった。
次々に書き込まれるコメントを見ていてそう思っていました。

あゆくまに自分の感謝の気持ちを伝えたい、支えたい、ありがとうのコメントが発言中なのにたくさんたくさん流れていきました。

残り少ない彼女達と触れ合える機会だから仕方ないと思ったけど。

だから、きちんと彼女達の声をお話聞けよと思ったので全文聴き起こししました。

(悪いけどコピペはできなくなってますし、お断りします。コレやったのはそんな軽いもんじゃないし、あなたがまたぎなら自分できちんと彼女達の声を聞き、書き起こしてください)



冒頭にまきさんからこう伝えられた。

3月14日に発表させていただいたんですけど、私たちあゆみくりかまきは6月19日のEXシアター六本木のライブを持ちましてあゆみくりかまき活動を終了する事にしました。解散する事にしました。

本当に突然の発表でたくさんの方を悲しませてしまったと思うとホントにホントにホントに皆さんごめんなさい。

でも、私たちあゆくまは私たちの口から大切なまたぎへ言葉を届けてきたから、今日も3人で話してちゃんとうまく話をまとめられるか分からんけど、ラインライブする事にしました。




あゆみ

6月19日をもちまして この活動を終える事となりました。コロナで歩くのを止められていつ再開するのかというのがわからない状況になって3人で話し合って今のあゆくま じゃ本当に自分たちの力不足ということになって 気持ち的にも続けていくのが難しくなっちゃって いっぱい話し合って活動を終了する事に決めました。

でも解散を発表してまたぎ達の声を聞いてほんとに自分たちは幸せだなっと思ったし、あゆくま になって本当に良かったなと改めて思うことができました。

まだまだ…っ…ん………最後まで私たちの大好きなあゆくまをハッピーロックをみんなに伝えていきたいので最後までよろしくお願いします。

くりか

えっと、ほんとにやっぱ またぎごめんなって気持ちがずっと強くて。

解散発表 思えばすごい怖かったりとかしてみんなに寂しい思いさせちゃうからこそ すごいやっぱ気持ちがあったんですけど、やっぱ発表してからのみんなのメッセージにほんと救われて…救われました。本当にありがとう。

でも、ほんとにみんなに思ってほしくないのは 
やっぱ解散発表して
コロナであゆくま解散になったとか、あゆくま 報われなくて可哀想とかいう言葉とかも見たりしたんですけど、もちろん、コロナは考えるきっかけのひとつになったかもしれへんけど、でも、なんちゅうのかな、ほんとに自分たちが決断したし、なによりこの7年間あゆくまとして活動してみんなに出会えてみんなと毎日過ごせたことがほんとにしあわせやったし、武道館行けなかった事とかはやっぱ悔しいとは思うけど、でもなによりみんなにやっぱ出会えて過ごせな時間がホントにこの人生において

かけがえのない時間やなっていうのをほんとに1番に感じているから…なんていうんやろな…ね、そういう、それを伝えたいです。だから、感謝の気持ちでいっぱいです。

だから、6月19日まで、ほんま、残りわずかなんやけど、みんなと大切な時間を過ごしていきたいなと思ってます。よろしくお願いします。

まき

はい、最後に私、まきから話をさせてください。
アイドルを始めて9年間解散という言葉を思いついた事はホントに無くて 初めて頭を、そう、よぎった時にイロイロホントに自分で考えて、自分達で考えて、チームで話して本当に長い時間話してきたんですけど、ま、去年の初めコロナになってホントにいろいろ考える事見つめ直すことができて、

ん…あゆくまを…終わろう…という話になって、自分たちで決めて。

で、ありがたい事にコロナの中なんですけど、ライブさせていただく事ができました。

その時ももちろん解散をするって気持ちがある中でのライブだったんですけど、私はやっぱり何が起こるか分からないこの世界にいるからこそ、何かが起こるかもしれない、もしかしたらキセキが起こるかもしれない…だから、本当に夢をあきらめずに…この発表までの間、自分の気持ちに嘘をつかず やってきました。

で、本当なら解散発表の時に早くみんなにね、自分たちの口から届けたら良かったんですけど、ちょっとそういう事ができなかったんですけど、SNSも休んじゃったりしてすごい心配かけちゃってほんとに…うん…ごめんねって気持ちがあります。

なんですかね、やっぱり…ん… 私たち自分でアイドルになりたいって、始めて歩んできたこの年月、ホントにたくさんの方々から愛をもらって でこう、解散発表させていただいた時にたくさんの方たちにメッセージをもらって、ぜんぶ、ぜんぶ読みました。

こんなにもあゆくまを知ってくれた人がいたんだってすごく思ったし、もちろん胸が苦しくなったりとかもしたんだけど、んーーーなんやろな、まーこういう決断になってしまったという事はほんまに武道館も叶えられない中、またぎのみんなに申し訳ないなって思うし、でも、この限られた時間…3ヶ月かな…6月19日まではあゆくまとして悔いなくこの3人でチームで走っていきたい、またぎも一緒に走っていって欲しいなって思います。

なのでこれからもあゆみくりかまきを応援してくれたら嬉しいなっていうのが本当の気持ちです。

はい、いや、ホントにまだまだ伝えたい言葉というか伝えたい気持ちがここに詰まってこれを出せるのはライブしかないから、6月19日本当の集大成というかあゆくまで良かったな、またぎでよかったなって思うライブにしたいと思うので6月19日EXシアターに見にきてくれると嬉しいなって思います。

以上。

_var_mobile_Media_DCIM_165APPLE_IMG_5656.PNG





_var_mobile_Media_DCIM_165APPLE_IMG_5654.PNG




_var_mobile_Media_DCIM_165APPLE_IMG_5661.PNG
_var_mobile_Media_DCIM_165APPLE_IMG_5626.PNG


2020 9/13 EXシアター あゆみくりかまき 

心臓止まるかと思った…何この席〜。最前どセンターなんすけど。衝撃のスタートとなりました。

目の前に3つの見慣れたお立ち台…。そう、今日はあゆくま と半年ぶりの一緒の時間。

ひさびさに会うマタギたち。みんな変わらず何より。

これ以上ないくらいに気を使った感染対策をしての
ライブ。それでもまたぎに会いたいと開いてくれたライブ…あゆくまとスタッフさんには 本当にありがとうと感謝しかない。またぎにできることは1人の感染も出さないことと このライブを心底楽しむしかないよね!

しかしこれ以上はないという…なんだこの席。帽子を変えていつものまたぎスタイル…あいつあんなとこにいる!な時間 笑 大吉もなにも来ない虚無時間を乗り越えてここで爆発。滝浴びが効いたな…皆さんにもお勧めしますよ 滝浴び…。

手を伸ばせばあゆくま…いやほんとに目の前に見慣れたお立ち台が3つ。その後ろはシアターという感じの緞帳というかビロードな感じの深紅のカーテン。ステージは見えなくなってます。


あゆくま と夏を楽しもうのこのライブ。諸注意の放送から 開演を知らせるブザーが鳴り響く…

波の音 1,2,ピッピ!1,2,ピッピ!くぅちゃんとあーちゃん!のっけから 体操服ジャージで出てきたー❗️
来たあ!そういう角度から攻める?コントが始まる。くぅちゃん相変わらずの進行ツッコミ 笑 

普通なら目がテン。またぎはニコニコ見守る。

カミカミの神に 見初められたくぅちゃんはカミ倒してるけどそれすらも楽しい。(また、今日の反省はコントになるんだろうなぁ笑)あゆみさんはなんか余裕。猛烈に余裕!って感じだしてる。うたうたいコントもモノにしたか?アタマ真っ白くぅちゃんにセリフの助け船出しとる!そして光GENJIの曲に乗ってまっちゃん吉本新喜劇ばりに登場して あーちゃんのウフフフフ笑いが加速。いつも通りののほほんとした時間に広がる安堵感。くぅちゃんかわいい。

コントから後ろの幕が開き 今日のセットがお目見え。
(世界を目指す部活で海に来た3人 100キロマラソンで海に。そこにはMTG書いたシャツきたおじさん達がいっぱい…そう、ここは最近イメージチェンジして人気爆発急上昇のあゆみくりかまきのライブ会場なのだ!3人もあゆみくりかまきのライブを楽しむことに!って感じかな) エドはるみ!古!の時のしかめっ面のくぅちゃんの顔が好き。


日曜よりの使者が流れ、この歌の説明をして 1度舞台から下がった3人。いつもの歌が会場に流れ 声は出ないけど、いつもと同じ手拍子が。(オイ!)聞こえてしまう…(マスクの中でみんなエア オイ!をしているはず)やっとこの時が来た!って もう、泣きそうになるけど、コントのワンクッションで落涙防止。あーちゃんのウフフフフの効果強い!

くぅちゃんがハッピーロックフラッグと共に姿を現し スタート!
待ちに待っていたこの瞬間。あんま煽ってこないなくぅちゃん。俺たちと同じ感無量なのかな?

またぎは声は出せないけど、気持ちはみんないつもどおり…ジャンプできない分拳を突き上げ 手拍子をし、待ちに待ったあゆくまの世界を楽しむのみ!声は出せなくたって いつも以上に 

まっちゃんとあーちゃんが飛び出してきていつも通りにピースを天に突き上げて

やったんでー!!!!(曲順は基本またぎレポと違う。ライブ終わりにメモした紙を元にしているけど違ってたらごめん。飛び飛びの記憶を紡いで書いてみます…来れなかったまたぎに少しでも伝わればいいな!です…一部自慢に感じたらごめん。でも、ちょっとだけ自慢笑)

一曲目は…ビリーでGO!キターーーー!

バックドロップシンデレラからいただいたまさにpunkでポップなハッピーロック!今日聞けたら嬉しいな!が最初に来て爆上がる!!早くも汗吹き出したけどね。無声なのに…。

君らがいてくれるだけでチカラが漲っているんだー!
サイコ刈り刈りピンク色❗️
好きです!
ボク達あゆみくりかまき!!ガウガウポーズ!

そこからHave a nice day世界!

心の中でジャンプして!まっちゃんが叫ぶ!

「またぎ!めちゃくちゃに会いたかったぞー!」マイクを通さずに「会いたかった!会いたかった!」まっちゃんが涙ぐんで叫ぶ。もう、涙腺が!幸せすぎるだろ オレたちまたぎ!

またぎにラヴ!で締めてくれたよ!

あいのうた へと続く。
歌えないけど、マスクの中 めっちゃ口パクで歌ってるよ!
君の歌、僕の歌、あいのうた!

そして大好きなGrateful

涙溢れて鼓動激しく空を蹴り上げ!

いつもこの胸を焦がしてる

ハッピーロックポーズめっちゃ決めつつ、溢れそうになる涙を堪えるよ。

そして 畳み掛けられた 
MILLON

泣かせにきてるでしょー!絶対。というか溢れた…恥ずかしい。マスクに名前書いてるのに。え 笑 意外と誰もやってない。そう、俺、ここにいるでー!をやりたいし。そんな俺見て シゲ生きとったなぁ!って思ってほしいじゃん
(最前は中央はほぼ目線なんぞいただけません。ただ、見てないと思って舐めてると見られてます。ふと気がつくとあんな角度から あーちゃんがじっーーーーーって 笑 突然、あんなことしてやろー!言われますよ、どこかのリリイベで!それがあゆみくりかまきなんで!)

あなたに会いたい気持ち 僕の今の全部ー
(うー涙溢れてしまった)
あなたを大好きなことが僕の今の全部
(今日ここに入ること、ここにいることに全てかけてきたから。接触者ありのメッセージでて泣く泣く諦めたまたぎもいたからね。その分も楽しみきる!やりきる!と決めてきたんだ!)



おおおおー!と歌いたくなるよね。マスクの中でエアで絶叫だよ。

そしてキラチュ キレッキレっのくぅちゃんの2ステ❗️大好物すぎる。上半身は俺も2ステ…ステップ踏むのはジャンプに当たるかわからんくて少しだけ我慢した。雰囲気だけにした。スペースあったからもっと踊れば良かったかな?イヤ、ジュウブン踊っていたのかもしれません!!

楽しい!ほんと楽しい!

そしてWARCRY 死んじゃうよ…。
大好きが続きすぎる。

僕はあのWARCRYの涙を流す振り付けがすごく好き
キラチュからのアゲアゲにやられる…。た、楽しすぎる!

目の前には入れ替わり立ち替わり 会いたかった三人が元気に歌い踊る!またぎの分まで声出したる!とまっちゃん さっきまでのニコニコから戦闘モードのくぅちゃん、気持ちよさそうに歌い上げるあーちゃん。あーちゃん時たまこっち見てニコニコしてくれてる 気がする!そう、気がする!

そして反抗声明!

右左ふた席空いているのでいつもより思い切り踊れてますぅ〜!横〜上〜 昔リリイベでまっちゃんに叩き込まれた動き忘れませんわ。たっのしい!

バナナサラダほうれん草!!

そして 椅子が4つ置かれて

簡単な部活MCが流れ 誰がかわいい?見たいな。
部活コントの3人はライブを楽しんでいるようです。

アコースティックは座って手拍子して楽しみます。

あ、このイントロ…真夏の果実…

あーちゃんが歌い出す あゆくま の真夏の果実が聞けるなんて…

涙がー溢れるー悲しい季節はー誰かの…

大好きな歌を大好きな人たちが歌ってくれるって幸せだよね。

そして 次はなんの曲?お!泣き虫ヒーロー 
じゃん!
これ、アコースティックで歌ったら絶対エモいと思ったんだよね。

気持ちいいくらい3人の歌声がココロに染み込んでくる。

涙溢れただけ…

さあ行こう遅すぎる夢はないんだ!

奇跡はきっと土壇場に訪れる
(あゆくま に会いたいが土壇場だったのかな俺。奇跡は訪れてるもんこの席…アイタイの土壇場はみんな一緒だと思うけど)

ステージ、またぎ同士の距離が遠いかもしれないけど、あゆくま がうめちゃる!さすが まっちゃん!美人!ほんと綺麗になりすぎ‼️
 
風にーなりーたい! 
(タンタンタンタ タンタンタタンタン)
とリズムとりたいこの名曲!

そして ステージにライティングを駆使した花火が打ち上がる。SEも花火の打ち上げと開く音の中 星降る夜空に のイントロ。僕をあゆくまの世界に引き寄せてくれた恩人の4106ちゃんの曲です。
涙出たよ。泣いたり笑ったりほんと忙しい。

あゆくまトレイン発車しかけてしまった 笑

3人ほんとにキラキラして 髪色明るくして ほんと可愛すぎる。最前だと見上げる形になる。見逃さないようにと力も入る。その角度をずっと続けたせいで明日死亡します 笑


星降るから 夢の続き へ エモすぎるー。

初めて生で聴けた。やっと聴けた。

光り輝くステージ。

3人の歌声が胸に染みて染みて染みて 

何度でも立ち上がるよ。


あーちゃんの力強い歌声がココロに染みていく。

いつだって夢の続きは目の前に広がっているから

中央のお立ち台 目の前で 客席をゆっくり見渡したくぅちゃん 少し顔を歪める ブワッと涙が溢れそうになった それを溢さないように右のお立ち台へ。(ごめん、この曲か定かではないんだ。でも 多分、ここだと思う。)

僕はこの時 無音の世界でくりかさんの目に浮かびあがるとてもとても美しい涙とそれを堪えようとするくりかさんを見つめてそれを必死に記憶していたんだと思う。見ていて感極まってしまった。だから、容量オーバーしたみたい。でも鮮明に記憶したよ。くぅちゃんほんとに大好きだって思ったし、オレたちまたぎはみんなほんと幸せだって思ったから。客席を見渡して だよ。幸せだよねオレたち。

なんとか歌いきりサビはDJブースで黄色のあゆくまタオルで汗を拭くように拭い 次の瞬間にはもう最高の笑顔に戻ってたくりかさん。大好きです。

そして アナログマガール18 へ

トントントンしないように必死…いや、少ししていたかもしれません。

オレモーのカードを胸に抱え 必死でした。見つかんなくてさ。笑 これは伝えたいシリーズ。自分の体で隠れるサイズ。掲げるというよりシャツのデザインのように 後ろの人の目線を奪うものは掲げられません。しかし、後ろの人が羨むくらい楽しみきる!をやり切りました。


そして 大好きなイントロが流れ 

未来トレイル が! またぎの分まで私歌うから!まっちゃんが言ってくれた。声を出せないまたぎの分まで。

いつもなら大暴れー最高の笑顔で知らないまたぎと肩を組み あゆくま と同じ時間を生きている喜びを確かめ合うようなこの曲…いつもより不自由だけど 楽しさは全然 変わらないよ!あゆくま最高!って思ってたら 「会いに来てくれて本当にありがとう!」まっちゃん❗️ありがとう。

3人のマイクなしのありがとうございましたー!

ここからまたぎの手拍子だけのアンコール。

ああ、もう、本編終わり…。あっという間すぎ。

あの歌もあの歌もあの歌もまだ聞けてないよーってなりつつ アンコールって心で叫んでた。


19GROWINUP タオルなし サイリウムブンブンバージョン! 心で叫ぶ 冴えたやり方!(聞こえましたbyまっちゃん)

重大発表 ハロウィンワンマン🎃配信決定!
え、配信なの?って思ったよ。でも、来たくても来れなかったまたぎの声もちゃんと届いているから無観客配信にしたって。まっちゃん、イリュージョンするって (未承認) まっすーまっぷたつにするらしいw

あーちゃんは 声出せない中何ができるか って言ってたまたぎの声にそこにいてくれるだけでじゅうぶんって。そしてまっちゃん、お誕生日おめでとう!をまたぎにかわっていってくれました。

くぅちゃんはあえてほんとに嬉しい。来れなかった人も1番伝えたいのは離れてても心はほんとにずっと繋がってるよってのだけはほんとに忘れないでほしいと思い…くぅーーーー(溢れる涙を堪えるくぅちゃん)
無事でいて元気でいてください!また、絶対会いましょう!(ごめんもっと長かったと思う)

まっちゃんは私たちのまたぎに会いたいという気持ちだけでEXを用意してくれたスタッフさん、来てくれたまたぎ、ほんまにありがとうございました!

みんなが感じたあゆくま の今日のライブを伝えてください!(それでオレ書いてます…伝わるか知らんけど)

みんなはココロで歌ってください。

ぼくらのうた  

歌いたいよね、大声で。マスクの下口パクで大声で歌ったよ。

ラーララララーラーララララー
きっと大きいぼくらのうた
ラーララララーラーララララー
もっと大きいぼくらのうた

ラスト!自分革命! 

ちょっと驚くラストだった!

でもその場で一体感溢れるあのダンス踊れるもんね!
この歌詞をよく読むとわかるよいろいろ。感じるよね。

▲地味気味な my face
day by day もやもやする
▲△UH

◆別次元で by myself
聞こえ~てくる脳内 sound
◆▲UH

△i can't stand 憂鬱なんです
▲understand そりゃわかってる
◆it's loneliness too man いない

△that's ▲why ◆i
◎自分革命

過去にサラバ

一つ残らず
空回りの日々に終止符つけろ
鏡の前で
おまじないをかけて 手を合わせる

過去にサラバ
自分革命

◆メイク無しの my face
day by day もやもやする
△◆UH

▲色気なしdeまいっちゃう
聞こえ~てくる脳内 sound
▲△UH

△i can't stand 憂鬱なんです
◆understand そりゃわかってる
▲it's loneliness つまんない
that's ◆why △i
◎叫ぶ

一つ残らず
空回りの日々に終止符つけろ
鏡の前で
おまじないをかけて 手を合わせる

過去にサラバ
自分革命

△Can't stay down forever
Can't tell もう whatever
◆淡い my nice 記憶
Someday 花咲かすよ

▲自分らしさを手放したくない
△行けるとこまで このままで

◎それが最強の

痛々しい毒も
愛に変えて

自分革命

新しい自分 今
全力で move on!

リップ変えて

オーオーオーオーオーオーオーオー (歌えないけど)3人が歌ってくれた

自分革命

オーオーオーオーオーオーオーオー (歌えないけど)3人が歌ってくれた

それが最強の

オーオーオーオーオーオーオーオー (歌えないけど)3人が歌ってくれた

私革命

▲→あゆみ
△→くりか
◆→まき
◎→全員


全力両腕ダンス!したった。


次は各自家で仮装してハロウィンワンマンライブしようって。
みんな仮装写真ガンガンアップしような!
負けたくないでしょーあゆくま に!

止まない拍手をもういいもういい ストップ!と一言できれいに止めてみせるあーちゃん。止めといて笑ってる。


そして123あゆくまーーーーーー!

またぎは心で叫ぶ(言ってなかったらほんまに伝わるから あーちゃん)

以上関西出身のあゆみくりかまき でした!
みなさんほんまに

ありがとうございましたーーーーーー!

波の音と 短いコントの続きが流れる 

お家に着くまでがライブだからみんな気をつけて帰りましょうね、バイバーイ!

かなり無理して有観客をやってくれた気がしています。またぎに会いたいを突き通してライブやってくれて本当にありがとう。
そしてあゆくまスタッフの皆さん開催ありがとうございました。

今回東京ということで来れなかったまたぎも多かったと思います。こういう時代ですから仕方ないけど、止まない雨はないと思います。近い未来またみんなで最高のあゆくまとの時間をヒマツ飛ばしまくりで楽しめる日々を願うしかないっす!

くぅちゃんが言っていた 

1番伝えたいのは離れてても心はほんとにずっと繋がってるよってのだけはほんとに忘れないでほしいと思います

だと思います。僕らは運良く足を運べて楽しめました。あゆくまはあゆくまだったし、声は出せなくてもまたぎは最高のまだぎでした。ここに来れなかったあなたもその1人なのは間違い無いと思います。

またみんなで最高の時間を過ごしましょう。

こんな文章で伝わるかわからないけど、まっちゃんの言った通りオレの感じた今日を書き記しました。曲順とか諸々怪しいけど、直後に書いたメモをもとに自分を信じてあえてそのまま書きました!

僕はこのライブ本当に最高でした!(そりゃ最善度セン。いやそれを抜きにしても どの席でも最高だったと思います。)ひさびさに会えたまたぎは 相変わらずで 笑 やっぱ最高でした!

あゆみくりパまき は みんなでまた 見れたらいいね!

(配られたサイリウムは電池式と勝手に思い込んでいましたが普通のパキッと折るあのサイリウム。カラーはブルーでした。星降るで、メンバーが持って登場。ただのサイリウムかと思いきや、またぎの家で光り続けたりしているらしい…御長寿サイリウム笑)


_var_mobile_Media_DCIM_150APPLE_IMG_0280.PNG
_var_mobile_Media_DCIM_150APPLE_IMG_0281.PNG
_var_mobile_Media_DCIM_150APPLE_IMG_0268.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_150APPLE_IMG_0248.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_150APPLE_IMG_0249.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_150APPLE_IMG_0247.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_150APPLE_IMG_0250.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_150APPLE_IMG_0251.JPG

↑このページのトップへ