高性能リチュームイオン電池の開発…

 リチュームイオン電池の発展に寄与したことで 吉野 彰 ジョン・グッドイナフ スタンリー・ウィッティンガム 氏がノーベル化学賞の受賞が決まりました!おめでとうございます!
 特に 吉野 彰 氏の受賞に関し 日本人として誇りに思います!! また 電子機器に関連した物での受賞は 電子技師としての私にとって 更に嬉しく思います!!  名前も同じ「あきら」ですし…??
 私は 何十年も前から この電池 アンテナ スピーカーがもっと性能の良いものが開発出来ないかと ずっと考えていました!二次電池は この方々及びこれに携わった多くの方達のお陰で 初期の物から比べれば相当に良いものになりました!コン そして 携帯電話が ガラケイから スマホへ移行出来たのもこの高性能な二次電池が普及したからこそです!!  この二次電池も 更に 小型で容量が大きく 寿命が永い物の開発が必要です! 出来れば半永久的に使える燃料電池が開発されれば素晴らしいですね!
 スピーカー アンテナに至っては 発想の転換をしなければ 特性の向上と小型化は難しいようです!!
VGAYXbPlGY.jpeg
     リチュームイオン電池 LIB
      ******
発明 発見から実用化
 それが何であれ 発想予想し 発明発見から試作証明し 実用化そして世の中に普及させることは並大抵のことではなく 大変な努力と忍耐 執着心が必要です (この場合の執着はとても大切です!!  )
 発想予想は その分野の知識 好奇心 向上心があれば 頭の中で考えればいいのであって 割に簡単である 世界で初めてこの人がと有名になるけれど それは 公に認められたからであって その人以外に同じことを考えた人が それ以前にいたかも知れない! また その人でなくても やがては 他の人が同じことを考えたことでしょう! 
 試作や証明することは 困難が伴い大変なことですが 何よりも一番大変なことは 試行錯誤し 改良を重ね 実用に耐えるものにし実用化して 世の中の役に立つものにして普及させることです!



                        1910144102 Akira Washew!