こういう 昔の女性はいかがですか?でも こういったことって 今も昔もなく 未来永劫変わないのではないでしょうか!? だって 基本である人間の本質も 身体自体もいつの世も同じで変わりようがないから…

https://youtu.be/gcFMB-l9hbI
★あずさ2号
唄 ;音波 幸成 ×2 多重録音(狩 人)
詞 ;竜 真知子
曲 ;都倉 俊一
伴奏;XXX(ペケ) 
https://youtu.be/9mV_GqazHqs

☆歌のイメージ
 都会へ出て その片隅で恋をし 長い春(恋愛期間)を経てきたふたり いまだ "結婚″を口にしない彼 彼女にとっての春(婚期)は過ぎ去った!
 そのあせりから 彼女は別の彼を選ばざるを得なかった 彼を忘れられないことは判っていても 忘れるために彼から旅立ってゆく
 あす 朝8時のあずさ2号で…

**********独自解釈

☆楽曲について
 あまりに切ない思い 女性らしい心情が描かれたこの詞は ロマンチックな男性の理想の女性を描いた詞かと想っていたら 実は女性が書いたものなのですね!! そういえば "男に見切りをつける"女性の強さも感じられます!
 何事にも 潮時があると云うこと あまりに執着は禁物ですね!!
 とは言っても こと恋愛に関しては
 "恋は盲目" "アバタもエクボ"
(恋は 互いだけに執着するがあまりに 周りが見えなくなり 燃え上がっているため 外観や内面も第三者が観るより 遥かに良く見えてしまう アバタもエクボに見えてしまうのです!!)
というくらいで 執着せず見切りをつけるには 相当の心構えと強い意志が必要です!
 それにしても この女性は奥ゆかしい人ですね!?男から"結婚"を言い出すのを待っているなんて…
 男が言わなければ 積極的に自分から言い出せばいいのに…
 男からプロポーズしなければならないなんて決まりは 日本には無いですよね!

☆列車あずさ号について
 動画中のあずさ号は 昭和52年(1977)当時の電車とは異なります!
 なお 新宿発08:00時 下り特急あずさ2号は 現在はダイヤ改正により無いようです!

☆中央本線
 あずさ号の通る中央本線は 東京都から 一瞬 神奈川県を通り過ぎ山梨県へと入ります!
 この山梨の甲府盆地から見た八ヶ岳の姿は 美しく 南側に見える富士山と その昔 同じ形をしていて それよりも高かったと言われる雄姿を想像させてくれます!!
 富士山の女神が 自分より高い八ヶ岳の男神を僻(ひが)み 頭を叩いたので 八ヶ岳は頭が吹っ飛び 今の姿になってしまったそうです? 山の神の世界でも 女性は強いですね!! 
 そして あずさ2号は 長野県に入り 諏訪湖 松本 上高地 白馬山などの この歌にある信濃路となります!

☆狩 人
 狩人さんは 歌唱力 ハーモニー共に素晴らしい男性(兄弟)デュオ この曲は 昭和52年3月にリリースされたデビュー曲です!当時 一世を風靡した有名な曲です!
・公式サイト
https://karyudo1977.com

☆サムネイル写真;土屋 太凰
・公式サイト
https://www.sma.co.jp/s/sma/artist/235?ima=0000#/
・オフィシャルブログ
https://ameblo.jp/tao-tsuchiya/message-board.html




             Akira Washew! 190317gg-1