日本の植木は 芸術? 美術? 自然の模倣??
 人は自然界に癒される それは 長い人の歴史により本能 遺伝子に刻み込まれているのです!? 日本の植木(庭)は 何がいいの?

☆日本人と自然
 諸外国でも 大昔は自然界と一体となって 共存して暮らしていたのでしょうけれども こんなに文明が発達した現在でも 自然を尊び その恩恵を受けながら発展している国は 日本以外にあるのでしょうか!?
 それはきっと 大昔から 日本には全てのものに神が宿る「八百万の神(やおよろずのかみ)」という考え方があり 今もなおそれが生きづいているからだと思います!日本北部の先住民 アイヌ民族のカムイ(神)も同じような考えのようです
☆日本の庭
 そんな大自然を敬う日本人が その自然を屋敷の庭へ持ってきたのが 日本の庭だと言えるでしょう!
 太古の昔から 自然界と共存してきた私達日本人は 自然に対する感受性豊かな民族ですから やはり身近にそれがあると落ち着くことができるからか 自宅の庭に自然を再現したのでしょうね きっと…!?
 では 草木や池 岩などを庭に配置し ほっておけば これぞ正しく自然そのものですが 大自然は果てしなく広く大きいものです!!  それを スペースの限られた庭に再現する訳ですから 特に植木はほっておくと 大きくなり過ぎてしまいます!!  その庭の広さに応じた大きさに留めておかなければなりませんね!
 そこで 植木の管理が必要になってくるのです!!  さあっ 植木屋 庭師さんの出番です!?
Screenshot_2018-07-06-16-33-24-01.jpeg
 借景は日本の庭らしくていいですねぇ よく刈り込まれていてキレイです!! いかにも手を入れてますって感じです!!  外国人には人気のようですが 本来の日本の庭なのでしょうか?
借景;本物の自然を庭の背景に用いること
       ******
☆植 木
 自然界を模したものが 日本の庭ですから 植木も自然の樹木を模したものでなければなりません!!  西洋の植木のように 如何にも“手を入れています"と 感じさせるものでなく 自然な感じの植木でなければなりません!!  一見人の手が入っていることを感じさせないようなものでなければなりません!!
 とは言っても 木は光を求めるという自然の法則があるため 枝は光の方向へ不規則に伸びてゆきます!!  真上や真下 極端に垂れ下がったり 突出したり そんな枝を観ると 通常 人は不快感を持ちますから そういうものを切除したものが植木です!!
・樹 形
 樹種によりそれぞれ自然樹形というものがあり 円錐形 上部の丸い円筒形 扇形などです 例えば スギは円錐形 モチノキは円筒形 ケヤキは扇形ですね!!
 基本的には これらの自然樹形にちかい形に仕立てるのです!選定をする時 この自然樹形をイメージしながら 次に伸びる芽を意識して枝を切ってゆきます!
Screenshot_2018-07-05-11-19-02-01.jpeg 松は 基本的には 真っ直ぐ伸びます!!
       ******
・大きさ
 前述のように 庭の広さに合わせ 自然樹形を維持しつつ 適度な大きさを維持しなければなりません!
 伸び過ぎた枝をやたらと理想の大きさのところで切れば良いというものではなく 非常に難しい作業です!!
・透かし
 「透かし」とは 人が見て変に思う 違和感を覚えるような枝(忌み枝)を無くし また 風通しの悪い込み入った部分の枝や枯れ枝 ゴミなどを取り除いて 植木の裏側の景色が透けて見えるように枝葉の数を減らすことです!!  忌み枝;いみえだ
 こうすることによって 風にたなびく細い枝の動きや その先の葉の一枚々の形の変化 葉に反射した日光の変化などの風情を楽しむのです!
 また 月夜には透かされた植木の向こうに 見え隠れする美しい月を鑑賞したりします!!
 日本は 梅雨があったりで雨が多く 夏は暑い高温多湿な気候ですから 植木を刈り込むだけでは 枝が密集し 風通しが悪く この高温多湿の為 カビや病気 害虫が発生し易く 日本の植木にはこの透かしの技が不可欠です!!
 この透かしの技は 樹形や大きさも考慮に入れながら行わなくてはならいし その職人の感性が表現されますから 個性が出て 非常に難しい技だと思います!!
Screenshot_2018-07-05-11-19-54-01.jpeg       ******
・枝 数
 植物は 光合成を行います!!ですから 枝が上下に重なると 下の枝は光が当たらず光合成ができません!見た目にも重なった枝は良くありませんよね!?  そこで 枝先の冠の重なった枝は樹形も考慮に入れ どちらかを枝抜きします
※枝抜き;枝を途中でなく 基から切ること
 そのようにして 太陽光を十分に受けられ かつ 枝の数を最小にします!!  そうすれば風通しも良く スッキリとした樹形になります!
・刈り込まない
 植木は 樹形 枝ぶり 根張りなど全体を観ますが 更に葉や芽など枝の先端部分も鑑賞するものですから 刈り込んでしまうと葉や芽まで切ってしまい 樹冠が平面になって楽しめません!!  だから 刈り込みばさみでなく 植木ばさみを使って 枝を一本づつ切ってゆくのです!手間のかかる作業ですねぇ~ 時間もかかります!!  でも これが本当の植木職人の技です!
 まあ この技は 趣味の範囲にしておきましょう!?
刈り込みばさみ;両手で使う大きいはさみ
植木ばさみ  ;片手で使う小さいはさみ
Screenshot_2018-07-13-11-30-31-02.jpeg       自然な植木
 風にそよぐ細い枝 その先の葉の動き形も楽しみましょう!
       ******
・下枝を切らない
 人間て勝手な生き物で 自分の背丈の範囲内の枝は何かと邪魔で 切ってしまいたいと思いますよね!?
 植木は自然界の樹木を模して庭の広さに合うよう 小さくしたものですから 小さくても大きく見せなければなりません!!  下枝を切ってしまうとどうでしょう!?  大きく見せるためには 上へ上へと大きくしなければならなくなりますね!!
 だから 下枝はやたらと切ってはいけないのです 一度切ってしまったら最後 樹種によってはまた生えてきますが 下部は日光が当たりずらいので 決して元通りの太さ 大きさにはなりません!!  切るときは 樹形への影響などを十分に考えて決断しなければなりません!!
・枯れ枝
 自然界の樹木は 当然枯れた枝があります 植木に枯れ枝があったら 一般的には切ってしまうでしょう!? しかし 自然界を模したものが日本の庭 枯れ枝もまた自然なのですね!!その枯れ枝が忌み枝であったり 病気などでその木の寿命にかかわれば 切っても良いでしょうけれど その枝の形がよければ切らずに残しておきます!
 盆栽では 故意に枝や幹を枯れさせ 自然に近づけることをします 植木はあまりしませんね!!
 更に極端な話をすれば 枯れ木であっても自然ですよね!?  自然界の景色に 枯れ木立ってますよね!!
Screenshot_2018-07-13-14-23-00-02.jpeg
       自然の景色
    には 枯れ木も在ります!!
       ******
・長い年月
 低木の生け垣や玉ものは 全体が曲面や平面を使ったものですから 2~3年で形が出来上がりますが 中高木の植木となると何十年 何百年といった年月をかけなければその形 風格 味わいが生まれてきません!!  枝は一度切ってしまったら 二度と元には戻りません!!植木は長い年月をかけて職人が丹誠込めて造りあげるものなのです
 こういうことや植木の鑑賞に無頓着な人達は 自分の都合で枝を折ったり 根本から切り倒したりします!!  なんてことでしょう!日本人は 木にも神様が宿ると言いますよね!
 このことに限らず “ものを知らない”って 本当に恐ろしいことです!?
 ひとつのことにばかり拘らず 広く浅く 色んなことに知識を持つよう努力しなければいけません!!  そうすれば 本当のものの観かたが解ってきます!!
・芸術性
 風が強いとか 断崖絶壁など自然環境が厳しい場所で育った樹木は 片枝だったり曲がりくねったり 下方へ伸びたりで特異な樹形のものが有ります!!  これもやはり自然樹形で面白いと思います!!
 人によっては 芸術的感性で更に変わった 自然界には有り得ない樹形に仕立てた植木を作り出します!それはそれで芸術作品としてその人の個性が表現されているからとても良いと思います でも 基本は 自然樹形であることを忘れてはなりません!!
Screenshot_2018-07-13-13-25-20-02.jpeg
        クロマツ
 芸術的で いいですね!!  でも 不自然です!!
       ******
☆盆 栽
 江戸は 当時世界有数の人口密度を誇る都市であったそうです!!  そこに暮らす庶民の多くは 猫の額程の庭しか持てなかったことでしょう!?  
 参勤交代で江戸には 地方の大名がやってくるので大名屋敷が多く 庶民は その大名庭園の植木に憧れたことでしょう!?しかし それに憧れても 植える庭がない そこで 鉢植えにした木を 植木に見立て 選定をし盆栽を生み出したのではないでしょうか!?  
 ですから 盆栽も基本は植木と同じと考えて良いと思います!!  大きさが違うだけですね!?  自然の樹(界)を小さくして植木(庭)にし 更に小さくして盆栽(箱庭)にした訳
です!
Screenshot_2018-02-03-20-35-53-02.jpeg    カエデ(モミジ)の寄せ植え
 自然の木の根元に 小さくなった自分が立っているかのような気分になりますね!?
      ******
 盆栽は 小さいので木に登る必要もなく 盆栽全体を観ながら選定ができます また 持ち運びも出来 小スペースがあれば何処にでも置けますから 便利で良いですね!!
 昔から いや現在も未来永劫 庭は庶民の憧れ 家に庭があってこそ「家庭」なのです 家庭には感受性豊かな良い子が育ち やがてその子は人間として立派な大人になるのです!! ただの「家」は いけませんね!?
★日本庭園の植物は以下の様なものであってはなりません!!
・植木は
 左右対象 出来すぎたシンメトリー
 樹冠の表面は平らに刈り込まれてスッキリしている
・生け垣は
規則的に
 直線部分は一直線
 平面なら真平ら
 丸いものは真ん丸
また
 透けて見えないほど密集している
 自然には 完全なシンメトリーはありませんし 刈り込まれているワケがありません!!  自然な曲線や 非対称のバランス そして 間 に癒やされ 小枝 葉や芽の一つ一つも鑑賞するのが日本の庭です!!
 日本の植木は 型にハマらず 自由で自然なのです!
Screenshot_2018-07-13-16-29-42-02.jpeg
   武蔵野の面影 東京 東村山
       ******
重要)まとめ
してはいけないこと
・葉を途中で切ること→刈り込むこと
 葉の形が観れない
 切り口から雑菌 植物に良くない
・葉や小枝を密集させること
 背景が観れない 
 蒸れて病気 カビが発生
 観ためが スッキリしない
・自然界にない極端な樹形 枝ぶり 幹にしないこと
 言うまでもなく 不自然だから!

    いやぁ~!!  これだけでも知っていると 日本の庭が違って観えてきますよ!さあ 庭を観に行きましょう!
   



                18072227-0 Akira Washew!