映画「エクストリーム·ジョブ」
落ちこぼれの麻薬捜査班が捜査の為にチキン店を始めたら繁盛した…という話ですが、非常に面白いエンターテイメントドラマです。
ストーリー前半はチキン店が不本意にも繁盛すると共にヤクザを取り逃がす、という話。
後半はチキン店をフランチャイズに、という話に乗ったらそのヤクザの麻薬密売に利用されていた、という話。
全体的にコミカルな演出で、かなり笑わそうと小さなギャグを出してきます。
笑える笑えないありますが、楽しくは観られます。
しかしこの映画の凄いのはちゃんとストーリーの伏線の回収を行うという点。
落ちこぼれと思われていたが、実は凄いやつらだった、となるのですが、後出しではなくちゃんと伏線が出ていました。
「ゾンビと呼ばれてたな」とか「精鋭を集めたって言ってたな」とか…
恋愛のほうでも「好きって言ってたな」とか。
少し長いですが、5人のキャラが立っていて飽きないで観られます。
また、ちゃんとチキン店としての熱さもあります。料理描写もちゃんとあったり、「中小企業も必死なんだ!」的な叫びはうるっときました。
笑えて、スカッとできる非常に面白い映画です!

「俺たちは刑事だ!」
「いらっしゃいませ~」笑った。
ライバルの班と立場逆転するのも痛快でした。