周防正行監督作品。活動弁士の物語。
周防作品ということで、家族で安心して観られる作品。
個人的には、主人公がいきなり活弁が上手くてすぐ人気になったのが意外でした。だんだんと成長して一流になっていく物語を主軸にしてほしかった。
ヤクザとのドタバタがメインのようになってたけど、それを減らして主人公の活弁、それに幼なじみとの恋愛、という重点のほうが良かったように思えました。
とはいえ、邦画としてはかなり質の良い娯楽映画です。