月別アーカイブ / 2019年09月

#映画「 #弁護人 」
 #韓国映画 。実話でしかも元大統領の話だとか。
警察が馴染みの食堂の息子を逮捕し拷問。「アカ」だと無理矢理自白させる。
これを主人公である高卒の弁護士が国家権力を相手に一人で裁判する。
警察が本当に胸糞悪いが最後は感動。

#映画「 #空飛ぶタイヤ 」
池井戸潤作品。
リコール隠し、隠蔽、内部告発というテーマ。
WOWOWのドラマ版を観ていたので2時間になるとかなり展開が早い。そしてテーマは重い。そして、TBS制作のドラマ映画と比べるとどちらも落ち着いた作り。派手さ、盛り上げは無いが心にズシンと来る。
この作品は主人公、遺族、どちらに感情移入するかで変わってくる。
主人公目線で観ましたが中小企業が、大企業に立ち向かい隠蔽を暴く様子に感動。


映画「 #七つの会議 」
池井戸潤作品の集大成のような作品。パワハラ問題に端を発しリコール隠し問題へ。
まさに日本の会社、サラリーマンを描いた作品で、二転三転とする展開、悪事悪人が次々に発覚する展開は痛快。
サラリーマン経験者としてはリアルに感じる。こういった事は現実に起きているので。
主役はぐうたら社員という今までにないタイプで、また野村萬斎の演技も独特で面白い。



↑このページのトップへ