先日、興味深いSEOの記事がありました。その感想と分析です。

グルメ界の絶対王者「食べログ」から検索1位を奪取したSEOのすべて[billion-log]
参考記事
ブログの最終形態!1年で4回しか更新していない「バズ部」が今も輝き続ける秘密

【内容】
▼「サイトの構造化」が食べログは優れている
▼リンクによるルートが複数あり、ユーザーがたどり着ける
▼ユーザーの心理を考慮した記事内のコンテンツ(構造化)
▼関連するコンテンツのまとめページがある
▼「口コミ」「評判」「比較」でコンテンツができている。
▼「店名+地名」でのSEO

 

【感想】
▲例えば、あるお見せのページに辿りつくまでに様々なルートが有る。
(「地域」「ジャンル」「特集ページ」など)これは内部リンクがはりめぐらされているという事。
また、ユーザーに対しての利便性も高いという事です。
▲そして「関連するコンテンツのまとめページ」は、関連性の非常に高いページとなる。
▲「口コミ」「評判」「比較」はユーザーの興味があるもので、関連ワードとしても評価が高い。
つまり、「口コミ」「評判」「比較」などが書いてあるページはSEO的にも評価が上がる。
▲ここから考える「食べログに勝つSEO」は
・取材してオリジナルの文章を書く
・オリジナルの画像(写真)
・地域の情報、ワードを入れる
・口コミ情報
・比較情報
・その他料金などの情報
・「関連するコンテンツのまとめページ」を作成する
・いくつかのルート(内部リンク)を作成する