#映画「 #新聞記者 」
  #松坂桃李 出演。
「この国の民主主義は形だけでいいんだ」
国からの圧力で自殺に追い込まれた記者の娘、そして官僚の後輩、二人の物語。
国からの圧力を受けながら記事にするが、さらに圧力がかかる。
最後の松坂の言葉は「ごめん」なのか…?
我々は現実に、政治家の圧力で隠蔽、改ざんされた報道があるだろうな、と思いながら過ごしている。だからこんな事は現実にあるだろうな、と思い観ました。