#映画 「 #聖の青春 」
実在の棋士・村山聖の人生の物語。
主に病気、羽生名人との戦いを描いたもの。
病気があり性格にも難がある人物であるので、必ずしもスーパースターではない。しかし病気の事もあり将棋に人生の全てをかけた生き様には心を揺さぶられる。
親、弟子、ライバルにも恵まれた人生でもあり、ある意味燃え尽きた、とも言える。
羽生名人と二人で飲んだ際に「1度は女を抱きたいな」という言葉が物凄く人間的。
過剰に感動させようとせず、抑えた作品。