映画「 #七つの会議 」
池井戸潤作品の集大成のような作品。パワハラ問題に端を発しリコール隠し問題へ。
まさに日本の会社、サラリーマンを描いた作品で、二転三転とする展開、悪事悪人が次々に発覚する展開は痛快。
サラリーマン経験者としてはリアルに感じる。こういった事は現実に起きているので。
主役はぐうたら社員という今までにないタイプで、また野村萬斎の演技も独特で面白い。