今日はしし座流星群がよく見えるそうで。

私はこの流星群の名前を見るたびに、
2001年のしし座流星群のことを思い出します。

rkvdkDTni8.jpg
忘れもしない、
1時間に2800〜3000個もの流星が観測され
東京でも5分間に30個以上も流れ星を見ることができた
文字通り、星が降る夜のこと。



6人で近所の公園に観に行った。

レジャーシートを敷いて、寝転んで
寒いから、あったかい紅茶を水筒にいれて。

深夜にもかかわらず、
カップルや家族が結構あつまっていて。


流れ星が流れるたびに、
みんなが感嘆の声をあげて。

深夜まで私達のために働いてくれたいた父親と
母親のピッチから電話を繋いで
「今のみた?」
「同じ流れ星かなぁ」
なんて会話をしたのを覚えている。

しばらく天体観測をして
もうちょっとしたら帰ろうか、という時に

流星というよりは隕石といった方が近い
蒼くて大きな流れ星が、
スーーーーーブヮァン!
という音をともなって流れて行ったのを観た。

公園にいた誰もが、その日1番
大きな「わぁー!」という声をあげていた。

_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5724.JPG

後にも先にも、流れ星の音を聞いたのは
その時だけ。


今思い出しても泣きそうになる。


どんなに綺麗でも、
とっておくことはできないこと。

すごく輝いているのに、
一瞬で燃え尽きてしまうこと。

明日になれば、もうこんな
星が降る空なんて見れなくなってしまうこと。

そして明日以降も見れる、星座や星達も
あまりに遠すぎて
ここからは見つめるしかできないこと。


流れ星とか、惑星とか、星空みるたびに
神様とか幽霊とかの
切なさみたいなこと考える。

確かにそこにいても、
誰にも見られなければ、記録に残らなければ
科学で証明できなければ
無いものとされてしまう。

_Jo4Ubs8g_.jpg

誰も見てなくても、
記録に残っていなくても、
科学で証明できなくても、
あるものも、ある。


だから私は誰かが
「昨日、すごく綺麗な流れ星をみた」
という話を
「良かったね」
と信じるくらいの素直で


イエス様が示した
「天なる父」
「父なる神」や、
その話を信じたいなぁ
と思うんだ。


エル・カンターレも
エル・カンターレが説く
「愛」や、
その話を信じたいなぁ
と思うんだ。


誰かがそうやって、不確かで
でも最も大切なものを
科学しようとしてきてくれたからこそ
今日も、この星がこの星としてあると思うんだ。


ではまた。

🎬セカンドランスタート🏃‍♀️✨
映画「夜明けを信じて。」公式サイト
ではまた明日。

インスタフォローもよろしくお願いします‼️