おはよう☀️
(今日のブログ長いから読まなくていいよ!)

えー。
明けましておめでとうございます。遅


今年一発目のブログを
やっと書く気になりました。笑


記念すべきゴールデンエイジの到来だよ!
2020年のはじまりだよ!というのに

元旦から絶不調、
全然がんばりたくないぞ〜、とか
全然希望とか持たないぞ〜、とか

不調ずるずる引きずっておったのですが



年末から読み残していた「竜馬がゆく」八巻の
最終章「近江路」を昨晩読み終えましたら

やっと2020年を迎える気になりました。遅

ということで、




あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いします♡♡♡(遅いて)
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3879.JPG
来年は超新星爆発がテーマです♡とか言ってたら
自分が暴発してしまったので
今年のテーマは変えて「気長に♡
にしました。すごい下方修正。笑笑


小目標は

・ブログ100回更新
・THE炊パート50に到達
・LINE LIVE「千眼美子のドハチ!!」復活
・吉川英治の「三国志」を読破
・TOEIC 200点上げる
・映画100作観る
・本100冊読む
・海外に3回は仕事で行く
・毎日筋トレする
・路上ライブをする
などなどいっぱい。
口に出すと叶えやすいから書いちゃった。

毎年、秘密目標って言うのも立ててるのですが
去年はなんとか達成できたので
今年も秘密目標を立てて達成しようと
思っていまーす。頑張りまーす。
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3878.JPG
今日は何の日かなぁって調べてみたら

❄️「日本最低気温の日」☃️🌨だってー。
(118年前の今日、北海道の旭川市で
マイナス41.0℃が観測されたことから)


ちなみに日本最高気温の日7/23なんだけど、
(2018年に熊谷で41.1℃🔥)

最初は山形県で40.8℃を観測した昭和8年の7/25だったらしい



昭和5、6年は昭和農業恐慌と言われていて
冷害がひどかったらしいんだけど、
日本最高気温を記録した昭和8年以降、
景気は回復したんだって


温度と関連性があるかは分からないけど、あったかくなって嬉しい人もいるのかなぁーなんて


あと今日は法然さん忌日、
石ノ森章太郎さんの誕生日、
主婦休みの日、プリンの日、
ホットケーキの日、、、と盛りだくさん
HPpTmHciht.jpg
ということで今朝はホットケーキにしました🥞
(愛しの、レーズンバターをのせて😭😭😭💘)


毎日が誰かの誕生日、ってな具合に
毎日が何かの記念日なんだねー

それなら昨日は
竜馬がゆく読破記念日だぁ


、、、、。





はぁ、、、、。

良かったわぁ、良かったわぁ竜馬がゆく。
ロスです。竜馬ロスです。
やばかったーやばかったー。
竜馬さんの最期を書く前の司馬遼太郎さんの
文章がエモかった、、、。

はい、8巻の383ページです。
みんな見てください。
まだ物語は終わってないのにここでなんか、
一回泣いちゃいました。


この小説はそもそも、産経新聞の夕刊に約4年も連載されていたものなんですって。

司馬遼太郎さん曰く
「小説を構想するにあたって、事を成す人間の条件を考えたかった、それを坂本竜馬にもとめた。志のみをもっていた若者に。」


もう、涙ぐましいまでの
求道心のようなものを私は感じる。

竜馬さんの回天の偉業を成していくまでの
ヒストリーは言わずもがなで圧巻ですが
坂本竜馬を探る司馬遼太郎先生の熱意にも
結果感動してしまいました。



単行本1冊約400ページ×8巻。


私も約3200ページをめくって、
見事にタイムスリップしてしまった。

司馬遼太郎先生は一体何人の、
その時代を知らない別の時代の人達に
明治維新を目撃させてしまったのだろう。

今日の私の「日本が好きだ」という一言に
ほんの少しだけ深味が加わった気がする。

すいもあまいもこの国の歴史をまだまだ
これから知っていくんだろうなぁーーー。
知った私はどんな風に
自分の人生を生きていくのかな。

まぁでも今年のテーマは
「気長に♡」
だからね。笑笑
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3877.JPG

「竜馬がゆく」最後の7行が、
私の医学的にも科学的にも説明できない所に
しっかりと焼き付いてしまった。

司馬遼太郎さんとお話ししてみたいなぁ、とか
思い浮かべてしまったけれど
ボケっとしてないで日本のためにもっと頑張りなさい!と、喝を入れられそう、、、。
私、萎縮しきって気を失うんだろうなぁ


新年1発目、とりとめもないあっちこっちな更新になってしまったけど今年も宜しくお願いします。
みなさんいつも応援して下さって、
本当にいつもありがとうございます。

ではまた。