月別アーカイブ / 2018年01月

手紙、書いたことあるから分かるの。
本当に本当にドキドキするよね。

この思いは、
それを綴った言葉は、
文は、

果たして本当に届くのか、届かないのか。

流し見されるのか、じっくり読まれるのか。

伝わるのか、伝わらないのか。



千眼美子になってから、
初めてもらった手紙達。
アリプロに届いたファンレター達。

少なくとも私は全部じっくり読んだよ。
全部、受け止めた。
届いたよ。伝わったよ。

それには、ちょっと勇気が必要だったけど。
みんなは勇気を持って書いてくれたのにね。
ちょっと遅れちゃったの、ごめんね。


ツイッターのコメントも、インスタのコメントも
なるべく読むようにしてるんだけど、ごめん!!!
手紙には勝てないや!!!!


さすがに全てを正確に読み取れてるとは思わないけど、笑

言葉の選出や順番に、
遠慮とか、それでも言いたいこととか
正直引っかかってること、裏腹な気持ち
真っ直ぐな好き、励ましや共感、
期待、心配、理想、疑問、応援、、、。


感じたの。



嬉しい言葉も悲しい言葉も、
どっちも刺さった。
見逃したくないなって思ったの。

それでも伝えたい、訴えたい、問いたいものが私にあって
思いを紡ぎ出して、こうして私に届けてくれて
ありがとう。


簡単に会えないし、顔も分からないし、
それじゃあね、私達一生関係ないみたいだけど
思いを形にして投げかけることで
その瞬間から関係ないことなんか無くなるんだなって分かったのは

私、もらった手紙みて
絶対、どこかで会いたい、
会いに行くって決めたから。

応援に答えるように、
疑問に答えるように、
不安に答えるように、
期待に答えるように、
悲しみに答えるように、
喜びに答えるように、

お互いの人生、
お互いしっかり生き抜けるように。

私、もっと最強になりたい。
もっと最高になりたい。
伝えるべきことを伝えたい。
そう思わせてくれたの。

まだまだ、何かを生み出せる気がしたの。

それが、1人でも多くの人の支えになれたのなら
私どんなに幸せだろうって思えたの。

そのためなら、誰かや何かに
弱虫な部分と泣き虫な部分をつつかれても
平気だと言えると思ったの。



これが勇気を貰うってことなのかな。

ちょっと諦めたくないとか思っちゃうじゃん、
負けないぞとか思っちゃうじゃんって。



手紙はその時の感情、思想丸出しだね。
書くのも読むのもエネルギーいるけどさ


嬉しいのも悲しいのも、どっち読んでも
どんどん持ってる絵の具のカラー数増えてく感じで
その気持ちの弾丸受けて、
私のこれから先の夢も目的も
どんどん鮮明になってくれちゃう感じでした。


私、絶対、返すから。
陣痛も上等で生み出すから。
伝える一生にするから。
会いに行くから待っててね。


これからも頑張って全部読みます。
むしろもう手紙だけ読みたい。笑
そうしたい。笑

返事は常に、
一生通して示していけたら幸いですな。

本当に本当にありがとう。

ではまた。


ps.
ファンレターはアリプロまでお願いします。
一応、住所のせておきます。

〒107-0052
東京都港区赤坂2-10-14


_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0654.JPG
味覚だけでも沖縄旅行☆

出家の先輩に沖縄の方がいて中味汁という
見た目はやばく、しかしとっても美味しいものをいただいたので

ゴーヤーチャンプルー
中味汁
スパムおにぎり
ミニトマト

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0652.JPG
大根と鶏肉のスープ
バター醤油納豆パスタ
トマトのナムル

v53YbBSkQG.jpg
豆腐の和風かきたま
さつまいもの甘煮
キャベツとえのきの味噌煮込みうどん
サラダ

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0653.JPG
トマトのイタリアンサラダ
コーンスープ
トムヤムクンやきそば

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0651.JPG
コーンスープ
納豆キムチチーズチャーハン
ささかまだし巻き卵
人参とごぼうのきんぴら
サラダ


今回学んだことは
料理はしばらくサボってしまうと
やり方を忘れる、です。笑

サボってたんじゃなくて
ダイエットのために作らなかったんだけどね。

最近は解禁したのでまた何回かにわけて
更新いたしまする

ブログの更新も久々になってしまったー!
次はいつかな。笑

ではまた。

久しぶりに少し前の話をします。


新宿バルト9で。
岸井野ノ子役をやらせていただきました。
龍の歯医者。
たった今みてきました。



当時の取材で、

「何か大事なものを教えてくれる力がある作品だと思います」

と言っていたのですが、
改めて見てみてもそう思いました。



ただ、現実とかけ離れてはいるけれど
これはかなり実話に近いかなぁと思いました。

出家者と龍の歯医者、もしくは竜宮の神官さん
近いものはあるのではないかなぁと思います。

私は野ノ子のような人になります。




アフレコ初日、自分が未熟すぎて、
現場で泣き出してしまったことを思い出します


"初挑戦"という言葉に甘えたくなかったし

こういう作品に出会えることが役者をやっていて唯一の救いだな、と思ったので

その感動と気持ちの高まりを
表現や技術に反映できないのが悔しかったからです。



その時に、スタッフさんが
「そんなに初めからうまくいかないよ」
「全然大丈夫だよ」
と優しく声をかけて下さったのを覚えています。

落ち着いてきて
「できる?」と聞かれて

涙で目も腫れて、鼻も詰まってしまって
本当はもう帰ってしまいたかったけれど

「できます」と言って踏ん張ったのも

その後に褒めてくださったのも

共演者の方も、とても優しいお方で
アドバイスをして導いてくださったことも

別の日にお昼にみんなでカレーを食べたことも
よく覚えています。

本当に感謝しております。





宣伝、頑張りたかった。

せめても、言えることは
明々後日12日まで劇場公開しているそうなので
みなさん、良ければ足を運んでみて下さい。


登場人物の数だけの死生観があるけれど
私は自分のキタルキワを知らないけれど

私は私の思う、使命、仕事に生きたいし
守るべきものを守りたい
キタルキワまで。


東京は新宿バルト9
大阪は梅田ブルク7
福岡はTジョイ・博多(11日まで)

で観られます。
上映回数限られてますがぜひ、
本当に面白いので観に行ってみて下さい。



ではまた。

↑このページのトップへ