おととい遊んできた。
ほんでもって、また映画観てきた。
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3443.JPG
セカキエ。キボキエ?
略し方わかんない。
だからキボウって呼んでる。笑笑

てなわけで「世界から希望が消えたなら。」
をお姉ちゃんと観てきたわけなのですが。

そんなお姉ちゃんの自慢をしようと思って。笑
うちは三人姉妹なのですが、一番上のお姉ちゃんは昔っから妹2人を超絶に大好きでいてくれる人です。


私が毎回すごいなぁ、と思うのは
普通だったら嫉妬心とか劣等感とかを
感じてしまうような局面でも

「えぇ〜!良かったじゃん!」
「わぁわぁ!おめでとう〜!」
って素直に心から言えるところが
本当にすごいなぁと思います。

私はもうちょっと普通で
「え、いいな、羨ましいな」
「どうせ私なんて…。泣」
とか思っちゃう時もあるんですけど
お姉ちゃんはそんな仕方ないような濁った心を介さず、すぐにおめでとう、良かったねを言える人なんです。


私が生まれる前の話。

2番目のお姉ちゃんが生まれて
お姉ちゃんがお姉ちゃんになった。

妹にかかりきりになるお母さんに
もっと私にかまってよ!となるかと思いきや
妹が可愛がられているのを見て
心底嬉しそうにニコニコしていたらしい。

次女が泣くと、必死にお母さんを呼んで
自分がされるよりも、あやされる次女を見て、
また心底嬉しそうだった。と

お父さんが最近、改めて感心しながら
話してくれました。


お姉ちゃんのあの真っ直ぐに他人の幸せを自分の幸せみたいに喜べる心は生まれつきなのか?

天使なのか?

なんかよく分からないけど、私が生まれる前からお姉ちゃんがそんな優しい人であったという事実に、嬉しくなった。



お互い大人になったけれど、今でも
私が2000%で甘えると
3000%で甘えさせてくれる。

私が「帰りたくない」とか「まだ一緒にいたい」と
わがままを言っても「もう!可愛なぁ!」と言っていい子いい子してくれる。
(犬?)


そんなお姉ちゃんだけれど、

私が一日中とりとめのないツッコミ方も返し方も無いボケを連発していると苦笑いしながら
「さっきから全然上手くも面白くないし、
何言ってるか分かんないよ?」
と痛烈に批判してくる。
(6時間以上ボケを乱発されるとさすがに疲れが出てくるらしい)

そのオブラートも何もない言葉が
あまりにも爽快で
私は「きゃー。落ち込むーー」とか言いながら
喜んでしまうのである。
そんなやり取りをしてまた2人で笑う。


でも笑っている時間ばかりでもなく
私は一番上のお姉ちゃんと悩みや、
自分の変えたい部分が似ることが多いので
「あー、あるある、わかるー」
「そういう時こうなるよね」となりながら
その物事をどう捉えるべきか、
どうマインドをチェンジさせていくか、
真剣に話し合いながら前向きな提案を出しあう相談タイムも大好きなのだ。


意見が違うと疲れるもういいや、
どうでもいいやこの人のこと、となってしまいがちだがお姉ちゃんはそうはならない。
誰かと意見が違った時は
そういうの嫌だ、私は違うと思う、と
ハッキリ意思表示をしながら
他人のいい所も見ようとしているし、見てる。

他人の失敗や間違いを引きづらない。
次の日には同じように「おはよう」と笑いかけられるサッパリした人なのだ。
そういうのをシンプルに、
人に対して愛がある、というのかもしれない。


お姉ちゃんは
「他人からしたら効率の悪い人間に見えてるのかもしれないけど、私は感情より効率とかを考えてしまいがちなので、愛を学ぶために生まれて来たのかもしれない」と言っていた。

でも私は、そんなお姉ちゃんから、
愛を沢山、学んでいます。

なので自慢のお姉ちゃんです。
自慢って、言葉あんまり好きじゃないけど。
そう思いました。笑

最後に一日中姉と一緒にいられて
幸せそうな妹のせときます。
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3444.JPG
姉のツッコミ予想「この笑顔はアイスのやろ」

ではまた。