_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0977.JPG
え、なんなの、ほんとなの、、、?
公開しちゃってるの、、、?
例のアレですよ、アレ。


映画「さらば青春、されど青春。」



嘘やん。ほんとやん。
おととい、5/12からついに

全国公開!!!!!!

ありがとうございます。


私もさっそく、
東京都は台場の
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0949.HEIC
ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場と🎥


今日は千葉県は、ちはら台の
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0970.HEIC
USシネマちはら台に🎥

「さらば青春、されど青春。」
観に行きました


おともはいつもメロンソーダ。🍈
美味しくて好きなのー。
映画館きたっ、てなるのー。


映画はもちらん、こっそりとね、
皆さんはどんなところで笑ったり
鼻をすすったりしているのかを
耳をすまして聴きに行ってるの

それぞれ、ばらばらなので
とってもとっても何回映画館に行っても
私はどきどきわくわくしてしまいます。笑笑

あなたが映画を観ているときに
居合わせてたりして
ぽぽぽっ

私はこれを機に色んな映画館や
色んな街に行けて嬉しいです笑笑

次はあなたの街に!?!?


_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0976.JPG
話はさかのぼり、
初日は舞台挨拶も
新宿シネマートさんにてありました

赤羽監督、大川宏洋さん、
芦川よしみさん、石橋保さん、
龍輝さんと登壇させていただきました

VVの時に進行をお願いしていた八雲さんがMCでほかほか丸!

色んなウェブニュースや新聞でもとりあげていただき、とーっても嬉しかったです


来てくださった方々ありがとうございました!!!
いーっぱい手を振り返してくれてありがとう!!!

1人ずつに触れたらいいのにーって
千手千眼観音になれたらいいのにーって
思いました。笑笑

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0809.HEIC

改めてね、この映画にかけた1年だったなぁって。

出家後に映画のお話しをいただいて
でも台本より先に主題歌の練習が始まって
それも8月に東京ドームで初披露で


正直プレッシャーは、、、

あったよねぇ。笑笑


でも、本当に沢山の人の応援や
助けがあって乗り越えられたし

なんていうか
乗り越えられて良かったってだけじゃなくて

やっぱり大川隆法総裁先生の
「人類の選択」っていう講演の前座をやらせていただけて良かったなぁって思ったの。
これ以上ってないのよね、、、


宗教のこととか、信仰のこととか分からない人が今の日本では多いと思うけれど
そう言った方にも是非、「信仰の法」を読んでいただきたいのだけれど笑笑

ん〜、分かりやすく言うと


自分が1番尊敬している方が主催する
お祭りの演目に出させてもらえる感じかなぁ

今いろんなフェスもあるけど
うーん。

1番大好きな方に呼んでもらえる嬉しさ、
といえば良いのかなぁ。

それじゃあ薄いなぁ、、、
あぁ言葉って難しい。


去年の8月に向かって、当日に向けて
本当に沢山の人の力が結集していて
多分、涙を流した人も沢山いるし
笑顔になった人も沢山いると思うし

あの日は、誰にとっても、1人1人にとって
絶対絶対たいせつな日だったよね。うんうん。

東京ドームの話になっちゃった



そういった、過程も含めて、役作りになっていて
いーーーっぱい相談して台本ができあがり

いざ映画の撮影だったのだけれど

考えても考えても分からないことって
やっぱりあって

私が演じた額田美子さんという役は
額田女王という歴史上の人物と
とっても関係の深い役で

額田女王様のような美しい歌を詠む方も
額田美子さんのような素敵な女性も

その心を掴むのが本当に難しくて。

難しいというか最終的にはもう祈るしかなかったのだけれど。笑笑


ね、世界で1番愛してる人を
愛してるからこそ
身を引くって、別れるって

どれだけ苦しくて切なくて
でも綺麗なことだろうね。

私自身はそういうの、全然できなかった人だから
余計わかったのだけれど

間違いなく、額田美子さんという方は
お手本にするべき女性像だと思いました。
弟橘姫のような、
"大義のための建設的、自己犠牲の精神"
のようなものというか。


そして

そんな方が愛した、
世の中の人のために生きようと
本心で、本気でしている中道真一さんは
全員のカガミだとおもうの。


ひとりの人生を、とても優しく
ときに激しく追っている映画だけど

みんなが思っている以上に、
そして、私も思っている以上に

1シーン、1シーンに
沢山の人の、何千年分の歴史が
散りばめられています、この映画。

誰が誰で、何が何で、

その散りばめられた青春と歴史を
是非、発見しに行ってね。


そしてあなたがきっと、
この世界に生まれた意味や
やるべきことが、使命が

真っ直ぐ見てくれた人であればあるほどに
見つからざるをえないと思ってます。

なにとぞ、宜しくおねがいします。


ふわわわ〜電車で打っていたから
乗り過ごすところだったよ〜。笑笑

集中しすぎてまわり見えてなかった!!


ちなみに私が一番感動するのは
真一が決意するシーンと、
最後の無言のテロップです。

あと、一番くすっと笑ってしまうのは🍌
やっぱり大学時代の3人組が
みんなで真一の部屋で過ごしているところです。

それから、ぽぽぽってなるのは挿入歌である
咲也加さんのHIKARIが流れるところです
私の部屋ではHIKARIをリピートしております

さらば青春、
されど青春。
宜しくおねがいします


ではまた。