桜エビ~ずと3Bjuniorとエビ中と。
あとだいたいビール。
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5664.JPG
ちょっと咀嚼に時間のかかる現場が続いて、滞ってましたが、ぼちぼち書いていかないと。
書かないと記憶も薄れちゃいますし。

というわけでまずは12月17日。
池袋で3B junior クリスマス公演を初鑑賞。
演技をするとか、演出が佐々木敦規氏だとか、不安要素も多かったのですが、評判は上々、というわけで千穐楽だけの予定だったのを変更して急遽。
3Bのライブを設定でラッピングして見せるような構成の公演でした。
演技、というかスキット部分はまあコメントを差し控えたいレベル。
小島はなさんが間で笑いを取っていたのが、おっ!と思わされたくらいかな。
ダメな学芸会レベルの設えのものを出してきちゃダメだと思うなあ、ライブを見せるためのものとはいえ。
ライブパートは会場の小ささから来る距離の近さもあって、十二分に楽しめました。
対決部分のしんどさはありますが、そこを乗り越えた上でそれぞれがパフォーマンスをしていたように思います。
この日はロッカジャポニカが出色の出来。
特にNEW CROWNにはやられました。
対決ムードにポーンとこれを放り込んできて、さらにイントロのマイク一発で会場の雰囲気をピースフルなものに変えてみせた、内山あみさんが素晴らしかったです。

マジェスティックセブンのギリギリ過ぎる切迫感にヤラレて、票はそちらに入れました。
MJ7はうらんさんがお休みだったのが痛かったかな。
斎藤夏鈴カラー一色になりきっちゃわないようにするバランサーとしてのうらんさんは、やっぱりすごく重要な存在だなあと思わされた次第です。

その後、代官山LOOPに移動して、つりビットさんと桜エビ~ずのライブを鑑賞。
心優しいつりビットファンの方のご好意で、桜エビ~ずを最前ドセンで見ることができました。
桜エビ~ずをこの位置で見るのって初めてだったかな。
まあ皆さんキラキラしていて、眩しかったですね。
溌剌としたパフォーマンスで、見ていてただただ楽しかったです。
個人的にはBelieveをあの位置で見ることができて、感無量でした。
落ちサビで自分の口が開いてなかったことを祈ります。
つりビットさんは、今年フェス等で見る機会があれば優先的に見ていたグループ。
とはいえ曲を完璧に把握しているわけではないのですが、そんなわたしでもずっと楽しんでいられる素敵なステージでした。
小西杏優さんのダンスが流麗でとても好きなのですが、この日は指を怪我していて、指先の表現が見られなかったのが残念でした。
それでもターンの美しさとか、目を奪われる瞬間がたくさん。
来年2月のワンマン、なんとか見に行きたいなあ。
桜エビ~ずとつりビットの組み合わせも、すごくいいものに感じたので、今度はコラボもあるようなガッチリしたツーマンライブが見たいなと思いました。