すっかりマスクありきの生活に慣れてきてしまった今日この頃。撮影でもない限りは、基本的に外でマスクを外すことはほとんどない。つまり鼻から下は誰にも見られていないわけである。
 
ひとたび誰にも見られていないと思うと、私はもはや家の中にいるのとそんなに変わらない感覚になる。髪の毛がボサボサだろうが服がシワシワだろうが、べつに誰も見ていないからいいじゃないか。そんな感じで、マスクの下もついつい手を抜きがちになってしまう。鏡を見る機会も減るしで、昨年はちょっとヒゲが生えてきたりもした。
 
でも、ここ最近は誰も見ていなかろうとべつに外でマスクを外す予定なんてなかろうと、きちんと口紅を塗るようにしている。ちょっと近所に買い出しに行く時でも、コンビニに行く時でも。それは誰のためでもない、自分のためにである。
 
不思議なもので、リップを塗っているというだけで、その事実をひっそり抱えているというだけで、俄然気分が上がるのだ。忘れかけた少女の心が、水を浴びた花のように色鮮やかに蘇る。少しだけ背伸びしたような気分になって、背筋がピンとする。小さな自信が、何かが始まる予感が、胸の奥から湧き上がる。「私なんて」という思いがたったのそれだけで薄らいで、前向きな気持ちになれる。少し人に優しくなれる。
 
でもこれはリップに限った話ではないと思う。メガネをかけている人だったら、いつもは拭かないメガネを久しぶりに拭いてみるだけでいいと思う。Tシャツがほつれているけどずっとそのままにしてしまっている人は、ここらでその糸をチョキンと切ってみたらいいと思う。全然雑でもいいから、布団を適当に整えてから出かけるだけでもいいと思う。
 
もちろんそれで人生が変わるなんてことはそうそうないだろう。どうせいつもと変わらない今日がまた始まって、終わっていくだけだろう。でも、自分の中に巣食う小さな「どうせ」にバイバイすることで、そのあとに続く今日を始める一歩を踏み出す足取りは、確実に軽くなる。そんな気がするのだ。
 
マスクの下のリップだって、メガネのちょっとした曇りだって、Tシャツのほつれだって、「どうせ」誰も見ていないかもしれない。でも見ている。誰かじゃなくても、私が見ている。あなたのことは、あなたが見ている。