ここまでのお話、続・東京美容院ライフ①はこちら
 
お洒落に敏感な友人たちに話を聞くと、最近はみんなインスタグラムで良さげな美容院を探しているという。ハッシュタグで検索したり、お洒落なモデルさんやインフルエンサーさんがタグ付けしている美容師さんのアカウントに飛んで、そこから直接予約したりするのだそうだ。なるほど、たしかに世はS N S時代である。美容師さんは自分の手がけたスタイルのヘアカタログとしてもS N Sを駆使しているのだろう。
 
とはいえ一体何のハッシュタグで検索すればいいというのだ。#お洒落 #隠れ家サロン #ショートヘア #透け感 #ナチュラル そんなところか。いざ検索してみたところ、ものすごい数のお洒落ヘアが目に飛び込んできた。眩しい。眩しすぎる。どこで撮ったらそんなに立体的な日差しが当たるんだというくらいみんな髪がツヤツヤしているし、揃いも揃って肌がとんでもなく白い。そしてなんだかみんなして色素が薄い。儚い。細い。カワイイ。いわゆるお洒落なナチュラル系「映え」というやつである。
 
作品としては申し分ないほどに素晴らしいし、間違いなく目の保養になるのだが、こんなことを言ってはあれだが、この「完成されすぎたナチュラルさ」はもはやナチュラルではないのではないか、と思ってしまった。なんという邪な考え……と自分で自分に呆れつつも、そうか、とあることに気付いた。
 
このS N S時代に、S N Sをそこまで器用に活用していない美容院、美容師さんの方が、きっと自分には合っている。なぜなら私自身が、仕事柄S N Sを上手く使った方がいいにも関わらず、全然上手く活用できていないタイプの人間だからである。

現にインスタグラムやツイッターといった今を生きるツールよりも、このブログというややオールドスクールなツールに命をかけているくらいだ。(LINEブログさんごめんなさい)ちなみにS N Sまわりについては、最近は仮の身体であるどすこいちゃんに色々と頑張ってもらっている。ありがとう、どすこいちゃん。
 
大体、私のインスタグラムのサムネイルのごちゃごちゃ感ったらない。

ご覧の通り、写真のサイズも画角もまちまちである。ご飯の写真に至っては、まったく食欲をそそられない。

こだわる人はそういったところはもちろん、余白も全写真統一させて載せていたりするらしい。もはやインスタグラムは、その人の立派な作品集なのだ。撮ってすぐアップするという時代ではもうないのである。これはお世辞でも皮肉でもなんでもなく、私はそういうことをきちんとできる人を心から尊敬している。どんなものであれ、ものづくりにこだわりを持てる人は素晴らしい。
 
ちなみに、そんなどうにもSNS下手な私だが、逆に、「曲は聴いたことなかったんですが、インスタのサムネの感じで親近感が湧いて会いにきました!」と言ってくれてライブに来てくれた子だっていたんだぞ。めちゃめちゃ素敵な女の子だったぞ。本当だぞ。親近感って大事でしょ。

……話を戻すと、そもそもこの原宿・表参道・渋谷・青山といった美容院・戦国時代エリアで美容院を構え生き残っているお店ということは、ある程度の技術は補償付きと言っていいはずである。そして私の場合は、特に髪色や髪型を奇抜なものにするわけでもないし、どこのお店に行っても大失敗ということにはおそらくならない。であれば、スタイル云々とか有名だとかフォロワー数がどうとかと言うよりも、まずは自分にとって居心地のいい場所という点から攻めて行った方が、早くお店が見つかるのではないか。そう思った私は、元祖美容院検索ツール、ホットペッパービューティーを使ってみることにした。
 
まずはエリアを選択し、次に予約したい日付と日時を選択。そのあとは「こだわり条件」の欄を選択し、「4席以下の小型サロン」を真っ先に選択した。これは私にとって超重要ポイントである。大型店舗には色々とトラウマがあるので、少数精鋭は必須条件であった。

そしてもうひとつ、「一人のスタイリストが仕上げまで担当」という条件を追加した。ただでさえ行くだけで緊張するというのに、何人もの美容師さんとお話するなんて、それこそ想像するだけでクラクラしてしまう。「関取花/享年30歳/死因:お洒落の過剰摂取」そんなの絶対にごめんである。だったら食べ過ぎとかの方がまだいい。そんな感じで色々と選択して行くと、日付が迫っていることもありかなり候補数が絞られた。
 
あとは一つ一つのお店のページをチェックして、なんとなく自分に合いそうな雰囲気のところを選ぶだけである。男性の美容師さんだとより緊張してしまうので、女性の美容師さんで歴の長そうな方がいるお店となると、もう片手で数えるほどしか出てこなかった。そして私はその中から、レコード会社から歩いて最も近いとある美容院を予約することにしたのである。
 
(次回に続く)