本日2021年3月3日(水)、私関取花は、メジャー1stフルアルバム「新しい花」をリリースしました。全13曲、頭のてっぺんから爪先まで最高の自信作です。
 
少し前から今作のプロモーションが始まっているのですが、ラジオや取材などで「この作品はどんな作品ですか?」と聞かれるたび、一言でまとめられなくて困っています。そりゃそうだ、だって私の10年間の音楽が、人生が、ここに詰まっているんだもの。
 
言いたいことがあり過ぎて、思いが溢れすぎて、一言でこうですなんて、とてもじゃないけど言えないです。だから結局長々と喋ってしまいます。それをいやな顔ひとつせず聞いてくださるパーソナリティの方やインタビュアーの方には、感謝の気持ちでいっぱいです。また、そうやって人に話しながら、自分の中であらためて見えてきたこともありました。
 
これからきっと、たくさんのラジオですでに収録させていただいた私のコメントが流れるし、インタビューも随時公開されて行くと思います。きっとそれらと内容が被ってしまうこともあると思うけれど、やはり自分の言葉、文字でも残しておきたいと思ったので、ちょっとブログに書いてみようと思います。長くなると思うけど、最後までお付き合いいただけると嬉しいです。お願い、今日くらいは自分語りさせて!(笑)
 
私は昨年、デビュー10周年を迎えました。最初のミニアルバム「THE」を出したのは19歳の時。閃光ライオットという大会で、「花」という曲を歌ったことがきっかけで、C Dを出させていただきました。
 
「花」という曲の歌詞は、めちゃくちゃざっくり要約すると、「いろんな人から水をもらい光をもらい、私は少しずつ少しずつ花になる」という内容です。でもその時はあくまでも、「これから少しずつ花になって行きたい」という状態で、自分のことがまだ大嫌いだった。いつか私も私らしさという花を咲かせて、自分のことを好きになれる日が来るんだろうか。そんな不安を抱えながら、「綺麗じゃない 華もない 泥臭い私だけど 少しずつ少しずつ花になる」とたった一人で自分に言い聞かせている、そんな歌でした。
 
それからいろんなことがありました。10年間、本当にいろんなことがあった。でも、自分にとっては一つ残らず宝物です。いろんな人に出会って、いろんなお仕事をさせてもらって、いろんな歌を作って歌って、いろんな水や光をたくさん吸収させてもらった10年間でした。
 
たまに、「関取さん、もうデビュー10周年なんですね。意外と苦労人ですね」と言っていただくことがあります。でも、めちゃめちゃ尖っていた10代から20代前半の頃も、なぜかバラエティ番組にちょこちょこ出させていただいていた25、6歳の頃も、そして30歳になった今も、自分が苦労人だなんて思ったことは一度もありません。
 
その時々でもちろん葛藤はあったし、自分のことを嫌いになったりもしたけど、それもこれも社会経験の一つだと思っていました。痛みのない経験なんてあるわけがないんです。なんなら自分の人生を後々豊かにしてくれるものほど痛みを伴います。でもだからこそ忘れないし、次に活かせるし、誰かへの優しさに変えられたりもするんです。痛みがあるから新しい自分に出会えるんです。だったらそんなのばっち来いじゃないですか、自分で苦労というレッテルさえ貼らなければ、そんなの全部ただの経験に過ぎない。そう、私という人間を豊かにするための。
 
そうやってたくさんの人から水をもらい、光をもらい、自分自身の経験を栄養にして、今私は、やっと関取花という花になれた気がしています。私は私のままでいいと、10年かけてやっと思えるようになった。私は私が大好きです。それは他でもない、今の私を作ってくれたこれまでのすべてに誇りを持っているからです。きっと何一つ無駄なものなどなかった。
 
今回のアルバムは、「私は私のままでいい、あなたはあなたのままでいい」というコンセプトを先に決めてから、曲を選んだりアレンジを考えたりしました。これほど明確に自分の伝えたいメッセージが出てきたのは、初めての経験でした。自分のことが大嫌いだった私が10年かけて自分を愛せるようになって、今やっと「あなた」に言えるようになったんだと思います。「あなた」というのは聴いてくださるすべての方であり、過去の自分でもある。
 
長くなりましたが、このアルバムから私のミュージシャン人生の第二章が始まる予感がしています。逆上がりの向こうがわで私を待っていたのは、私という、誇り高く咲く新しい花でした。風に吹かれてゆらゆらと、私だけの揺れ方で、お空に向かって伸び伸びと、時には俯くこともあるだろうけれど、私だけの咲き方で、これからも何度でも花を咲かせて行きたいです。さあ、何色の花を咲かそうか。これからの自分が楽しみです。
 
最後まで読んでいただき本当にありがとうございました。このアルバムが、どこか誰かの心の中に、新しい花を咲かせてくれることを願っています。


「新しい花」初回盤
_var_mobile_Media_DCIM_139APPLE_IMG_9533.JPG
「新しい花」通常盤
_var_mobile_Media_DCIM_139APPLE_IMG_9572.JPG
CD購入はこちら↓
sekitorihana.lnk.to/AL_AtarasiiHana

配信はこちら↓