年が明けてから日に日に気温が下がる一方である。これぞ冬! という感じがして季節を感じられるから決して嫌いではないのだが、やはり職業柄、湿度が下がるのだけはイヤである。
 
今住んでいる部屋の寝室では、加湿空気清浄機と加湿器を二台稼働させている。ここにお金を惜しむのもあれだなと思い、そこそこ強力なやつを使っているせいか、正直先月きた電気代の高さには少し驚いた。とはいえ今年は例年以上に体調管理に気をつけなければいけないわけだし、仕方ないことである。
 
おかげでこの季節にも関わらず、50〜60%の湿度を保ちながら毎晩快適に眠っているわけだが、一つだけ許せないことがある。加湿器の方には特に文句はない。加湿空気清浄機、お前だ。
 
私は大体お風呂に入ったあとは割とすぐ寝室へ行く。そして長い夜の間も水分を切らさないようにと加湿空気清浄機のタンクの水を満タンにするのだが、ここで決まって起こる現象がある。
 
_var_mobile_Media_DCIM_139APPLE_IMG_9294.HEIC
 
「ニオイ」のランプが点灯し、「うわクッセェ!」と言わんばかりの勢いで、急にゴオオオオオと音を立てながらフル稼働し始めるのだ。この感じはあれに似ている。ほら、明らかにお茶を飲んでちょっとむせただけなのに、隣でこちらを睨みながら思い切りマスクをつけて口元をおさえる人とかいるだろう。あの感じに近い気持ちになる。気持ちはわからんでもないが、何もそこまで……っていう。(ちなみにもちろんこの例はコロナ以前での話である。コロナ禍の今はそうなる気持ちは当然わかる。みんな必死で予防しているんだ、当然の警戒心だ。)
 
仮に私が本当にクサかったのならべつにいいのだ。でもこちとらお風呂に入ってきたばかり、何なら新しいパジャマに着替えたばかりだというのに、あの態度で来られると多少「あぁん?」となるのも無理はないだろう。今の私、めちゃくちゃ綺麗やぞ。お前のフィルターの方が絶対汚いからな。そう思う。
 
ちゃんとお風呂に入って髪の毛も身体も洗って、お風呂から出たら洗い流さないトリートメントとボディクリームまでつけて、ほのかに柔軟剤香るふわふわのパジャマ
に身を包んで(ちなみにジェラピケではなくてG Uのやつ)、自己肯定感上がりまくりの状態で後は眠りにつくだけよ、という時にこれである。何が悲しくて「うわクッセェ!」と言われなければならないのだ。ひどい、ひど過ぎる。
 
まあそれだけ敏感に反応してくれるほど高機能だということなのだが、ちょいちょい落ち込むのも事実なので、いつか「ニオイ」の種類を識別できるようになって欲しいものである。「ニオイ」にひとくくりにするんじゃなくて、「クサイ」と「カオリ」それぞれの表示をつけるとかさ。それで「クサイ」が出た時はいよいよ立ち上がれなくなるほど落ち込むだろうけど。