先日、とある喫茶店に入った時のことである。いわゆるチェーン店ではなく個人経営のこぢんまりとした店だったのだが、そこのトイレ事件は起きた。

 

最近はインフルエンザやコロナウィルスなど何かと心配なことが多い。私は店に入コーヒーを注文したあと、待っている間に洗いだけでもしておこうとトイレへ向かった。

 

するとすでに先に人が入っていたので私はトイレの外で待つことになったしばらくすると自分の番になり、私は入るなりすぐに蛇口の前に手を差し出した。すると、どうも様子がおかしいのである。


 

そう、水が出てこないのだ。

 


私はとっさに手先を左右に動かした。手が小さいからか水道のセンサーが反応してくれないことはいつも経験していることである。何往復かパタパタと動かしているうちに大抵の場合は反応してくれるので、私はその時も当たり前のようにその動作を繰り返した。しかし、何回やっても水は出てきてくれなかった。

 

でもたしかにさっきトイレから出てきた人の手は濡れていた。だから水は絶対に出るはずなのである。私はあらためて蛇口をじっくり見つめた。すると衝撃的な事実に気付いた。

 



まさかの手動タイプだったのである。



 

今思い返せば店の雰囲気を考えればすぐに気付けそうなものなのだが、その時の私は当たり前のように自動で水が出てくると思い込んでいた。たしかに考え事をたりで少しボーっとしていたのは事実だが、それにしてもまったくその発想にならなかった自分にショックを受けてた。

 

唯一の救いは、その現場を誰にも見られていなかったことである。だって想像してみてほしい。29歳の女が水道(手動)の前に手を差し出して、自動で水が出てくるのをただ黙って待っている姿を。ものすごいお金持ちで世間知らずのお嬢様か、相当なマヌケかのどっちかしか考えられないだろう。

ちなみにその時の私の服装はダウンジャケットにパーカー、古着のデニムにスニーカーだったのでお嬢様じゃないことは見たらすぐわかる。秒でマヌケ一択である。

 

それにしても少し前までは自動である方が驚きだったはずなのに、なんだかおそろしい話である。

特に東京は駅ビルのトイレなんか今やほとんどが自動洗浄だし、正直それに慣れてきてしまっている自分もいる。今後流し忘れだけはしないように気をつけて行きたい。

 

そういえば私の知り合いで"音姫"がないともう落ち着いて用が足せなくなってしまったと言う人もいるその人はどこへ行くにも携帯用の音姫的なものを常に持ち歩いていて、なんでも一人暮らしの家のトイレにも一つ置いてるらしい。その人に言わせると、音姫がないと「トイレなのにトイレットペーパーがない」のと同じくらい不安になってしまうのだという。いやあ、慣れってこわいですね。