まずはじめに、あけましておめでとうございます!今年も皆さんがたくさん笑える一年になりますように。年末年始はゆっくりできましたか?私はこんな感じでした。

========

年末年始は、横浜の実家でのんびり過ごした。と言っても、東京の部屋の大掃除をしていたら案外時間がかかってしまい、大晦日の21時くらいに実家に着いた。30歳の兄は、例年通り子供のように紅白に大興奮していたし、食卓に並ぶ母の手料理は、祖母ゆずりの強火でバッと煮込んだであろう、いつもの茶色いものたちだった。(これがめちゃめちゃ美味しい)父は最近ウィスキーや焼酎を炭酸水で割るのにハマっているらしく、自分の好きな割合を見つけては、これだ、これが良いな、と嬉しそうにしていた。たまに実家に寄ることはあっても、家族で食卓を囲むのはかなり久しぶりだったので、私はそれを眺めながら、なんだか安心したり、それでもたしかに白髪の増えた両親の頭を見て、ぼんやり考え事をしたりしていた。

元旦はだらだらと過ごし、2日はふらふらと近所を散歩した。昔住んでいたマンションのあたりを見に行ったり、久しぶりにかつての通学路を歩いてみたりした。近くのドラッグストアは、化粧品のコーナーが以前の何倍もの広さになっていた。毎日遊歩道を掃除していたあのおじさんは、昨年で引退されたらしい。そういえば、野良猫を連れて歩いていた猫おじさんは、今も元気だろうか。街並みは変わっていないのに、目を凝らすと変わっていることがたくさんあって、少しさみしいような気持ちになった。

実家とは言え横浜なので、いわゆる「ふるさと」的な思い入れは、遠くから上京してきた人たちに比べたら少ないのかもしれない。それでも、最近は年々少しずつではあるが、この街に来るたびに何か胸に来るものがある。自分だけ置いていかれているような、自分だけ進んでしまっているような。一人暮らしをはじめてもう何年も過ぎた。気づけば私も28歳である。そりゃそうか。

3日は、毎年母との恒例行事にしている鎌倉散策に出かけた。北鎌倉駅で降りて建長寺に行ったあと、鶴岡八幡宮で参拝をし、どこかでご飯を食べて、鎌倉駅から電車に乗って帰るというコースである。今年は父も一緒だった。

鎌倉駅周辺はまだまだすごい人で、入ろうとしたご飯屋さんも空席待ちだった。外にある椅子で待っていれば順に名前を呼んでくれるとのことだったので、父が店頭にある紙に名前を書こうとした。その時である。


「名前、ちゃんと書いてね」

父「わかったわかった」

「でたー!!いつものやつだ!!」


今更名前を間違えるなんてあり得ないし、何のことかと思うだろう。しかし、我が家にはこの確認が必要なのだ。

しばらくすると、店員さんに名前を呼ばれた。

「お待たせしました、三名でお待ちの、関さま、関さま!


……

そうなのである。我が家は、ご飯を食べるお店で名前を書く際、必ず「関」と書くのである。それはなぜか。

昔、家族でパン食べ放題の店に行った時のことである。きちんと「関取」と名前を書き、私たち家族は四人で店の前の椅子に座って待っていた。すると、

「食べ放題でお待ちの、関取さま!!食べ放題四名でお待ちの、関取さま!!!

と、店中に響き渡るような声で、元気な店員さんが名前を呼んだのである。その瞬間、周囲がざわつき始めたのだ。

「お相撲さんが四人で食べ放題来てるらしい」

「どれくらい食べるのかな」

「どこかな、誰かな、お相撲さん」

ああ……と思いつつ、他にも待っている人がたくさんいたので、伏し目がちに立ち上がる関取家一同。



「はい、私たちです……関取です……」


皆、キョトンとしながらこちらを見ている。何やらこそこそと話している。全部は聞こえなくても、次々に注がれるその視線が物語っていた。

「あれ、普通の人だぞ」

「なんで食べ放題で関取なんて名前書いたんだ」

「期待して損した」


いや、もう

なんかごめんな

びっくりするくらい普通の家族で

でも本名なんだ

あと本当にこれだけは言わせて

ウケ狙いとかじゃないから

それからである。そのような時、「関」と名前を書くようになったのは。ちなみに、「田中」とか「鈴木」にしたこともあったのだが、あまりにも本名とかけ離れていると呼ばれても気付かないことがあったため、「関」がテッパンとなった。すみません全国の関さん。たまに、お借りしてます。

もちろん、私は「関取」という苗字には誇りを持っている。なんだかどっしりしていて安定感があるし、「関取花」という並びも、地に足がついている感じの字面で、とても良い。まあ、「花」がつくことによってより溢れ出る四股名感は否めないけれど。

そんな感じで、我が関家、いや関取家は、例年通りのおだやかさとくだらなさで新年を迎えることができた。他にもいろいろ、年始から家族にはたくさん笑わせてもらった。たくさん食べもしたので、2キロ太ったけど。リアルどすこいにならないように、身も心も引き締めて行かねば。

最後になりましたが、2019年もこんな私ですが、どうぞよろしくお願い致します!!

_var_mobile_Media_DCIM_127APPLE_IMG_7490.JPG