人間というのは時に、考えなくても良いことを考えたくなる生き物である。


例えば、出先のホテルの浴場で、湯船に浸かるとしよう。身体の疲れをとるためには、多少時間をかけて浸かった方がいい。しかし、やることがない。かと言って、他の人の裸をジロジロ見るのも申し訳ない。本当に考えるべきことはのぼせた頭では処理できないし、良い答えが見つかっても、お湯と共に流れていきそうで、ここで考えるにはやはりふさわしくない。そういう時、ぼんやり天井を眺めて、私は「考えなくても良いこと」を考える。


そんなわけで今日は、「略称」について考えていた。


私は今日、羽田空港から徳島阿波おどり空港まで、「JAL」に乗ってやってきた。「JAL」は日本航空、JAPAN AIRLINES」の略称である。対して「ANA」は全日空、 All Nippon Airways」の略称である。

そこで、その他の略称についても改めて考えてみることにした。旅行関連で、旅行会社「H.I.S」が頭に浮かんだ。




 
「H.I.S」








見当もつかない。




しかし、ここまで来たら考えるしかない。私は、一文字ずつ丁寧に紐解いて行くことにした。まずは「H」である。



とりあえず頭に浮かんだのは



「Happy」



そして次に浮かんだのが



「Hot」




いずれにしても非常に頭が悪そうである。しかし、のぼせた頭ではこれ以上の単語は思いつかなかったので、次に行くことにした。次は「I」である。


もうこれは、

「IN」

または

「IS」


の二択以外考えられなかった。もう半ばヤケクソである。


そして最後は「S」である。ここで、一文字目と二文字目を組み合わせてみることにした。

Happy 
In 
S◯◯

Happy 
Is 
S◯◯

あるいは

Hot 
In 
S◯◯

Hot 
Is 
S◯◯


となる。この線で行くと、なんとなく「Happy Is」がしっくりくる気がしたので、これに続く最後の単語を考えてみることにした。


Happy Is S◯◯…


幸せは…



S◯◯…



Happy 
Is 
Subarashii…




H.I.S…


本気でこれしか思い浮かばなかった。正直途中から、「Hana Is Sekitori」とか「Honto Iikagenni Sitekudasai」とかでももはや良いんじゃないか、などと考えてしまっていた。(良いわけがない)


そんなこんなで、「Happy 
Is Subarashii」という素晴らしい答えを一応考えたので、風呂から上がって早速正解を調べてみた。諸説あるらしいが、


どうやら

Highest 
International 
Standards


最も優れた世界標準


の略称らしい。




かっけぇ…



私は己の無知さとマヌケさに辟易とした。


ちなみにもう一説としては、

チケットのブランド名がその昔「Hide International Service」であったからという説もあるらしい。「Hide」は創業者である澤田秀雄の「秀」を意味すると言う。さすがに「Hide」は頭に無かった。
いずれにしても、インターナショナルな会社であるということに違いはない。

(※私のリサーチ不足かもしれませんが、公式サイト内で略称説明を発見できなかったため、どちらもwikipediaや知恵袋的なものを参照。なのでこれが正解かはわかりません)


そんなこんなで、のぼせた頭は一気にクールダウンしたのであった。しかし、考えなくても良いことを考えるのはなんだか健康に良い気がした。近年の私たちと言えば、わからないことはとりあえずすぐにスマホで検索してしまっている。考える余地も与えずに、答えを手っ取り早く見付けてしまうのは、楽ちんではあるが味気のないもんだよな、とあらためて考えさせられた。どうでもいいことを考えて、意外と良いことに気づかされたので、今夜はそろそろ寝ることにする。