曲がりなりにも人前で歌を歌わせていただいているので、私はしばしばツイッターでエゴサーチをする。

基本的にリプライでいただく感想は、ライブなりCDなりで私の事をすでに知っている人達が、私に宛てて書いてくれているので、有難いことに好意的な意見がほとんどである。それに対してエゴサーチで見つける感想は、本人が読まない前提で、関取花について「初めて見た印象」であったり「聴いたことあったけどこんな人だったのか」など、より客観的な感想を書いてくれているものが多い。こういう感想にこそ、自分では気づいていなかったダメな部分を知るヒントが隠されていると思うので、私はエゴサーチをしては、来る何らかの機会に備えて参考にさせていただいているのである。

少し前の話になるが、いつものように私がツイッターで「関取花」でエゴサーチをしていたときのことである。私はある呟きを発見した。内容としては、以下のようなものだった。


「ラジオから関取花ちゃんの歌が流れてきた。懐かしいなぁ、昔ヘアメイクを担当したことがあった。あの撮影、楽しかったな…」



「花ちゃんには歌い続けて欲しい。私はもう、ヘアメイクの仕事は辞めてしまったけど…」



「でもいいの。今はやっと天職を見つけられたから…今の私が本当の私だから…」


私は普段ヘアメイクをつけることなんてほとんどないので、この時、すぐにこの人が誰かピンときた。また、ツイッターの名前から考えても、間違いなかった。

しかし、確かに一度ヘアメイクでお世話になってから会う機会もなく、数年が過ぎ去ってしまっていた。まさかこんな形で発見するとは…しかしヘアメイクを辞められていたとは。はて、天職とはなんなんだろうか。気になった私は、彼女のツイッタープロフィールを見てみる事にした。するとそこには、




「六本木で夜の猫をやっています。」





マジか。



猫になったんか。



六本木の猫になったんか。




ニャんてことだ(寒


そしてプロフィールには、リンクが1つ貼られていたので、気になった私は即座にクリックした。

やがて開かれたウィンドウ画面には、自分では到底たどり着かない世界が広がっていた。

そう、彼女は六本木のSMの館の飼い猫になっていたのである。(写真の中の彼女は、首輪を付けていた)

顔は間違いなく私がヘアメイクでお世話になったその人であったが、とてもそのような印象はなかったので、驚いたと同時になんだか見てはいけないものを見てしまったような気分になって、私はそっとウィンドウを閉じたのだった。


それからは、何も知らなかった事にしようと思い、詮索もせず、彼女が六本木の猫になったことは忘れようと努力をした。しかし、CDのリリースがある度に、やはり昔お世話になった人達の顔は思い出すわけで、もれなく今回のリリースに際しても彼女のことを思い出した。


しかし、どんなにエゴサーチをしても、彼女を見つけるヒントである「六本木の猫」サーチしても、彼女のことは見つけられなかった。うろ覚えではあったが、なんとか記憶をたどり、やっとこさ再びたどり着いたその館のホームページにも、彼女の姿は見つけられなかった。

今彼女はどこで何をしているのだろうか、違う街で猫になっているのか、新たな天職を見つけたのか、はたまたヘアメイクの現場に戻っているのか、真相は謎のままである。

しかし、たとえ彼女がどの街を彷徨っていても、自然と耳に届くような歌を歌わねば、と思う。目指すは遥か彼方、君の住む街だ。




…ということで、あらためて10月5日に初のシングル「君の住む街」をリリースします。とても良い仕上がりになってます。よろしくお願いします。売れろ。