レコーディング期間中ということで、なんとなく禁酒をはじめてから、約3週間が経った。
ここまでノンアルコールビールでなんとか乗り切ってきたが、そろそろ夜中にしっぽりやりたくて仕方がなくなってきている。

というのもなにしろ、夜の過ごし方がわからないのである。

お酒があれば何かしていたのかと言われたら、別に何をしていたわけではないのだが、とにかく物凄く時間がありあまっているような気がするのである。部屋にはテレビもないし、大好きなラジオもpodcastまで全部聴いてしまっている。本を読んだり、音楽を聴いてみたりしてもいいのだが、あまりそういった気分にならない日には、もういよいよやることがない。

ここ数日間は、くだらない言葉遊びを一人で思い浮かべては一人でくすっと笑うことで暇な時間を凌いでいた。


「タイトなジーンズにねじ.com」

「三代目Jソウルブラジャーズ」

「ヌジョレーボーボー」

「洗いざらしのあざらし」



など、なんとも品もなけりゃ学もない、くだらない遊びである。
そして一通りその言葉達をネットで検索して、自分より先に思いついた人がいるかいないかで、一喜一憂していた。そこから生まれたものは、まぁ、「無」であった。

こんな時にペットでもいれば、と思ったのだが、あいにくうちのマンションではペットを飼うことはできないし、なにしろ私は、猫も犬も鳥も魚も、どっちかというと苦手である。というか、予期せぬ動きをするものへの恐怖心が昔から凄まじく、動物全般あまり得意ではない。大体そんな金銭的余裕もない。

しかし、このままではどうにもつまらなすぎる。何か新しい生命体と出会わなければ、いよいよ言葉遊びのネタも尽きてくる。というかもうとっくに尽きている。そこでふと考えた。

植物なんてどうだろうか。

彼らなら予期せぬ動きは絶対にしないし、それでいて成長も見守れる。目には見えなくても、彼らが何らかの方法で呼吸しているということは理科の授業で習ったし、空気も浄化してくれそうである。しかし部屋がなにしろ狭いので、大きいものは置けない。ライブで遠征に行くことも多いし、頻繁に水をやらなければならないものもNGである。そうすると、自ずと選択肢は一つである。


そう、サボテンである。


サボテンなら場所をとらないし、水をそんなにやらなくてもいい。何より植物の割になんだか親近感が湧くルックスをしていて、ペットに一番近いかな、と思ったのである。愛着が湧けば眺めているだけで時間も過ぎ去りそうだし、よし、サボテンにしよう。


そのとき、昔先輩から聞いたある話を思い出した。
なんでも、サボテンは人の言葉がわかるというのである。


真相を確かめるべく、その先輩は、毎日毎日サボテンに話かけたのだそうだ。
普通だったら、「大きくなれよ」「今日も綺麗だよ」「花咲くといいね」など、サボテンがいい気分になるような言葉をかけるべきだと思うのだが、何を思ったのかその先輩は、「役立たず」「お前は本当に可愛くない」「このサボテンが!」と、サボテンを相手に、来る日も来る日も罵声を浴びせ続けたのである。大体「このサボテンが!」ってなんだ。サボテンはサボテンなんだからどうしようもないじゃないか!
とにかく、そんな罵声についに耐えかねたのか、しびれをきらしたサボテンは、ある日突然爆発したのだそうだ。逆襲のシャアならぬ、逆襲のサボである。(全然うまくない)

これじゃあ全く意味がない。予期せぬ動きをするものが嫌いな私に、突然の爆発なんて耐えられるわけがない。罵声を浴びせなければいいだけの話なのだが、そんな話を聞くと、何もしないで置いておくだけでも、監視されているような気分になりそうで、なんだか怖い。それに私は自分が反抗期の頃、サボテンを1週間で枯らしたことがある。原因不明だが、根元の方から腐っていって、枯れたことは覚えている。常にイライラして両親に悪態をついている私を見て、「おい、お前性根腐ってきてんぞ」とその身を持って忠告してくれたのかもしれない。


とにかくこれでサボテンもだめになった。ではどうしたらいいだろうか。いよいよわからなくなってきた。しかし何もせずぼーっとしていると、あれやこれやいらんことまで考え事をして、どんどん不安になってしまう性格の私である。何かないだろうか。





あ、そうだ。










毎日ブログを書けば良いのだ。










ということで、「なるべく」毎日、ブログを書こうと思います。
サボっていたら、ツイッターなりコメントなりで、叱ってください。




あまり言われすぎると爆発するかもしれないので、ほどよい感じで。