今年は自分へのクリスマスプレゼントに、便秘薬を買った。

年末恒例ライブの準備などもあり、不規則な生活が続いていたせいで、気づいたらお腹の中に漬物石があるような状態になっていたのである。寒天を食べたり、食物繊維をいつもより意識して摂ったりしていたのだが、今回はだめだった。ライブの前日までなんとか自然の力を信じてねばったのだが、うんともすんとも言わなかった。薬の力に頼るのもなあと思いつつ、とにかくライブの前にどうしてもドカンとハッキリスッキリしておきたかったので、わたしは泣く泣くピンクの小粒に頼ることにした。

ピンクの小粒には、少し苦い思い出がある。

遡ること一年ほど前だろうか、同じような状況に陥って、ライブの前日に都内某所のドラッグストアに駆け込んだ時のことである。便秘薬の棚の前でぼーっと立っている私に、ある店員さんが話しかけて来た。


「何かお探しでしょうか?」


イケメンである。

その白衣はまだ真新しく、清潔感あふれる黒髪に、ツルツルの肌を携えていた。綺麗。豪華。尊い。ありがたい。

しかし、相手がどんなに美しくても、この状況で見栄を張ることも嘘をつくこともできない。その時の私は、乙女心よりもこのお腹の中の漬物石を駆逐することを優先したかった。


「便秘薬が欲しいんです。もう長い間、ずっと出て来てくれなくて。」


私はその店員さんの目をまっすぐ見つめながら、正直にそう言った。すると店員さんはとても優しい口調で、こんなことを聞いて来た。

「なるほど、それは大変ですね。具体的に何日間ぐらいとか、ありますか?」

優しい。優しすぎる。しかし、他人に"具体的な停滞日数"を聞かれたのは初めてだったので、少し面食らってしまった。しかし、すべては明日のライブに最高の状態で臨むため。ここはプロの意見が欲しいところである。
 

「5日です。」


私は一点の曇りもない目で、そう告げた。そして、もうここまで来たら恥も何もない。とことん相談に乗ってもらおう。私は赤裸々にすべでをさらけ出すことにした。

明日はずっと立ち仕事が続く日であるということ。たくさんのお客様と接する日なので、その日の朝にはできる限りスッキリした状態でいたいということ。つまりそこそこ即効性があって、一発でドカンとなんとかなる、便秘薬界のアルティメットウェポンが欲しいということ。

するとその店員さんは、「でしたら、こちらの薬をおすすめ致します。今飲んでいただいたら明日の朝にはちょうど良い感じになるかと。」と、ピンクの小粒を差し出してくれた。ありがとう、あなたが言うなら間違いない。ピンクの小粒、君に決めた! というわけで、私は棚からピンクの小粒の箱を一つ取り、レジへと向かった。

顔を上げると、先回りしてさっきの店員さんがレジに立ってくれていた。「お会計、僕がしますよ。」なんという至れり尽くせり。なんだか申し訳ない気もしつつ、ありがたいなあと思いながら、レジを打ってもらった。

その時である。突然、その店員さんがこう言った。


「いつもよくきいてます。」


予期せぬタイミングで急に話しかけらたので、焦った私は、


「あ、そうなんですね!お兄さんもよく飲むんですか?ピンクの小粒。よくきくんですね、よかった!いやあ、ほんと、困ったもんですよね。アハ!」


などと、あわあわしながらヘラヘラと答えてしまった。


「あ、いえ、あの、関取花さんですよね?」

……


「明日、ライブですよね?僕、行きます!」

………


「いつも聴いてます!応援してます!」

…………

まさかの

そっちの"きいてます"だったとは
 

もうやだ
 

つらい


穴があったら入りたい


明日のライブ、どんな顔をしてステージに立てば良いのだ。一生懸命歌を歌うと、人は誰でも力んだ顔になる。それは仕方のないことだ。だけど明日その顔をしたら、この店員さんは何を思うだろうか。でも逆に、爽やかな表情でクールに歌ったら、それはそれで、「ああ、心なしか今日はスッキリした顔をして歌っているな」と思うのではないだろうか。いろんな考えが頭を巡った。いろんなことが恥ずかしくなって、思わず顔を覆ってしまった。残されたライフを振り絞って、「あぁああぁあありがとうございます……」と言うのが精一杯だった。

会計を済まして、丁寧に紙袋に包まれたピンクの小粒をかばんにしまい、店をそそくさと立ち去ろうとした時、最後にその店員さんがこう言った。


「あの、明日、いろいろ、頑張ってください!!」


"いろいろ"とは


もうやだ


なんかお腹痛い


穴があったら入りたい



いや、トイレがあったら入りたい


そんなわけでその日は、結局ピンクの小粒に頼ることなく、予期せぬ形でスッキリとしたのであった。

ちなみに今年は、きちんとそのお力を借りることにした。さすが、あのお兄さんが勧めてくれただけあって、とても良い状態で今年のライブを終えることができた。

\出すって大切ー!!/
_var_mobile_Media_DCIM_127APPLE_IMG_7368.JPG

ほら、この通り。

はじめての3日連続ワンマン、急遽ドラムレス編成でのライブとなったが、結果的には大成功であった。どんなハプニングも大丈夫だと思える強さは、2018年にやらせていただいた様々なお仕事やライブのおかげで、少しは身についたのかな、と思った。しかしそれもすべて、支えてくださるスタッフや関係者の方々、最高のサポートメンバーの皆さん、そして温かいお客さんがいたからこそである。あらためて、いつも本当にありがとうございます。

そして、今年最後のライブとなった12月26日に、来春メジャーデビューすることを発表させていただきました。決して驕らず、感謝の気持ちを忘れずに、皆さんの自慢の花ちゃんになれるように、いつだって全力を出して、頑張るのみです。なお、事の詳細については先日発行されたどすこい新聞(特別号)をご参考いただけますと幸いです↓

2MNwH_96gP.jpg

そういえば、ピンクの小粒も丸いよね。やっぱ丸いやつに悪いやつはいないな。丸そうなやつは大体友達。

とは言え、年末年始でゴロゴロしずきて丸くなりすぎないように、気をつけなければ。

そんな感じで、今年もお世話になりました。来年も、よろしくお願い致します!