まさかなのである。未だかつて、こんな気持ちに陥ったことはなかった。27歳にして抱く、はじめての感情である。

そう、とにかく私は今、とてつもなく貢ぎたいのである。

見返りなんて求めていない。ただとにかく、その人に何か「あげたい」のである。なんでもいいからその人の笑顔が見たい。少しでも幸せになってほしい。でも、その人に自分ができることは、物をあげることしかできない。だって、その人の一番近くにいられるわけじゃないから。もっとふさわしい人がいるから。でも、それでいいの。あたい、それでもいいの。少しでもその人の記憶に焼き付けたぃの。あたぃ、ここにいるょ?って。ぃっか思ぃ出してね?って。(何これ

まあ、何があったかと言うと、つい一週間ほど前に、親友のRちゃんの子供が生まれたのである。それはそれは可愛い女の子で、毎日写真を送ってもらっている。出産後すぐに連絡をくれたのだが、その時は涙が止まらなかった。おめでとう、ありがとう、頑張ったね、いろんな感情がぐるぐる回って、胸が苦しくなった。

もう、本当に可愛い。小さい手のひらをぎゅっとしながら眠っている姿なんか、天使そのものである。この子にこれから良いことだけが降りかかってほしいと、心の底から思う。

写真を見る限り、鼻の形なんか、私の親友そっくりである。優しげな目元は旦那さんにも似ているような気がする。ああ、愛しい。息が苦しい。とりあえずもらった写真全部保存。とりあえず速攻で待ち受け。尊い。

それからというもの、私はどこかへ出かけると、ベビー用品売り場に自然と足が向いてしまうようになった。自分のTシャツを買いにGAPへ行ったはずなのに、気づけば店員さんに、「gap babyはどこですか」と聞いている。S字フックを買いに100円ショップに行ったはずなのに、気づけば同フロアの西松屋にいる。化粧品を買いに百貨店に行ったはずなのに、なぜか子供服フロアのファミリアにいる。そして思う。ああ、貢ぎたい、と。お金持ちになったら、ここにあるもの全部くださいって言いたい、と。

とはいえ、もちろんこれまでにも、友人やお世話になっている方のお子さんが生まれたことはあった。ならばどうして、今回ここまでの気持ちになるのか。それは、彼女が特別な存在だからです。(何このヴェルタースオリジナル感


親友のRちゃんは、このブログにも何回か登場しているので、いつか説明したこともあるかもしれないが、もう20年来の付き合いであり、唯一の地元の友達である。

Rちゃんとは小学校で出会ったのだが、とにかくずっと一緒にいた。修学旅行も同じ班、バスの座席も隣、お家にもよく遊びに行った。中学からはお互い別々の学校に進学したが、こまめに連絡をとっては遊んでいた。高校生からは、同じところでバイトをはじめて、大学を卒業するまで続けた。シフトを合わせられるところはなるべく合わせていたので、週2、3回くらいのペースで会っていたと思う。

二人してクロスバイクにハマって買った時期もあった。結局バイト帰りはお喋りしたいから、いつも手で押しながら帰ってたけど。成人式はもちろん、前撮りも一緒に行った。お互いの家族が高島屋の写真屋さんで大集合して、もう20歳か〜あっという間だったね〜なんて話をした。100均のつけまつげとアイテープで、ギャルメイクごっこした時もあった。楽しかったね。

やがてRちゃんは今の旦那さんと出会って、恋をして、どんどん綺麗になっていった。バイト先のロッカーで、おすすめのCDを借りたんだ、っていうから見せてもらったら、私の好みとドンピシャで、なんだかすごく嬉しかった。ちなみにRちゃんの旦那さんは、もちろんめちゃめちゃ素敵な人である。柔らかい雰囲氣で、話しやすくて、Rちゃんととっても似ている。まだ二人が夫婦ではなく恋人だった大学生の時に紹介してくれて、そのあとも、旦那さんのご両親がわざわざ私のライブに来てくれたこともあった。そしてその度に、本当に嬉しかった。世界で一番大好きな友達の周りに、素敵な人がどんどん増えていくのが。

とにかく、Rちゃんは私にとって、一番大切な友達なのである。たった一人の親友なのである。

体脂肪率が38%あった小学生時代の私とも、森ガールが行きすぎて生成りオバケと化していた私とも、とんがって髪の毛ブリーチして眉毛がほとんどなかった私とも、ずっと変わらずどうでも良い話をして笑ってくれた。中身も外見もブレブレな私だけど、Rちゃんといる時はいつも素の自分でいられたし、誰よりも大切な友達だって思っていることだけは、ずっと変わらないです。

そんな親友の子供が生まれたのだ。そりゃ貢ぎたくもなるだろう。もう、なんでも買ってあげたい。つらい。あと、とにかくなんかちっこいものを見ると、赤ちゃんを思い出して胸が苦しくなる。可愛い、尊い、ありがたい、眺めていたい、ってなる。

だからですかね。なんか気づいたら買ってたんですよ。本当に、気づいたら。

_var_mobile_Media_DCIM_125APPLE_IMG_5706.JPG

ちっこいサイズの混ぜ混ぜするやつ。

全然使い方わからない。

一応サイズの比較対象としてマッキーと撮ったver.も。

_var_mobile_Media_DCIM_125APPLE_IMG_5707.JPG

とても伝わりづらい。

でもこれでさえ可愛い。尊い。ありがたい。でも貢ぎ物としてはまだ早いかな。もっと赤ちゃんが使いやすそうなやつちゃんとあげるからね。

Rちゃん、旦那さん、赤ちゃん、本当におめでとう!ご家族の皆さんも、おめでとうございます!

いつか、あの歌ってる人、お母さんの親友なんだよって自慢できるように、私も頑張るね!