なぜか、「最近腹が立つことは何ですか」とよく聞かれる。

会ったことがある方や、友人知人ならわかって下さると思うのだが、私はあまり腹を立てない。それはなぜなのか。

(※以下根拠なきクズ理論につき、「こいつ何言ってんだ」くらいの感じで読んでください)

まず、単純に字面だけ見ても、「立つ」ってもうその時点で疲れる。痩せちゃう。

できることならずっと座っていたい。なんならずっと寝ていたい。

のんびり過ごしていたのにわざわざ立つなんて、しかもそんなこと頻繁にしていたらもうあれ。
痩せちゃう。

そうは言っても私だって人間である。「お、なんだ? ちょっといっちょ立ってみるか」という時だってある。

しかし、よっこらせ、どっこいせ、とノロノロしているうちに、「あれ、そもそもなんで立たなきゃいけないんだっけ? 」となってしまうのである。そんな感じで過ごしていたら、滅多に腹を立てることはなくなった。

その代わりに、常に方肘をついたぐうたら涅槃像スタイルで物事を見る癖がついてしまったようで、何事に対しても鑑賞目線になる傾向がある。そのせいなのか、常にだらしのない感情の起伏しかないというか。なんだか締まりがないというか。

たしかに腹が立たないのは良いことなのかもしれないが、人間、きちんと心も体もそれなりに動かしていないとダメだよなあ、と思う。

ここ一年くらいの私は特に、「めんどくさい」や「まあいいや」という布団の上でずっとゴロゴロしている気がする。いかんいかん。たまには動かないと。きちんと汗とか涙とか流さないと。

それにしても、最近腹が立つことかあ。 うーん。 

セブンイレブンのコーンパンが長細くなったことくらいかなあ。まあでも、それもべつに味は変わらずに美味しいから、まあ良いっちゃあ良いし。

皆さんはありますか?最近腹が立つこと。