ここ数年、ネックレスをつけていない。理由は単純で、ライブ中に邪魔だからである。

しかし、まだそこまで音楽に夢中ではなかった学生の頃は、アクセサリーだとネックレスをつけることが多かった。指輪やピアスに比べて、最も手っ取り早く人目につくお洒落アイテムだと思っていたからである。

森ガールに憧れていた時代には、お洒落というものと森というものの概念が色々よくわからなくなって、鳥かごをひもに通してネックレスにしていた。

山ガールに憧れていた時代には、山になんて行ったこともない上に、世の中で一番苦手な動物は鳥だと言うのに、木に刺さったネジをひねると鳥の鳴き声がして鳥が寄ってくるという謎のアイテムをネックレスにしていた。

原宿系に憧れた時代には、とにかく何に対しても攻撃的でありたくて、なぜか斧のネックレスとペンチのネックレスを重ね付けしていた。

多分、その時々のなりたい自分や思い描く世界観の象徴を、自分なりに考えて首からぶら下げていたのだと思う。

今思い返すと、もっともっと昔から、その癖はあった。

私がまだ小学校に上がるか上がらないかの頃、いつも小さな十字架のネックレスをしている友達がいた。その子は同い年だったが、周りのみんなに比べて少し大人びていて、私はぼんやりと、なんか良いなあ、かっこいいなあ、と思っていた。何しろ、十字架というのが良かった。ハートでもお花でもなくて、十字架というところに無性に心惹かれた。幼心に、何かブレない「芯」の象徴のように見えたのだ。

しかし、勿論子供なのでお金も持っていない上に、親に物をねだるということもできない性格だった私は、試しに木の枝で十字架を作ってみることにした。結果、完全に金魚のお墓に立てるそれにしか見えず、とてもネックレスとして使う気にはなれなかった。


そんなある日、私はある物に出会った。

当時はドイツに住んでいたのだが、毎年夏休みには日本へ一時帰国していた。母の実家に家族全員で遊びに行き、大人たちが晩御飯の買い出しなんかをしている間、私と兄は近くの市民プールに遊びに行くというのが恒例となっていた。プールのあとには、祖母か祖父が、いつもセブンティーンアイスを買ってくれた。はしゃぎ疲れた身体で食べたあのセブンティーンアイスの味は、今でも忘れられない。プールのあとのボーッとした身体に、アイスの冷たさと甘さが染み渡るあの瞬間が好きだった。身体の真ん中に芯が通る感覚がしたのだ。

そんなことを感じながら、食べ終わったあとのセブンティーンアイスの芯を、私はぼんやり眺めていた。


_var_mobile_Media_DCIM_121APPLE_IMG_1826.PNG

(画像はグリコさんのホームページよりお借りしました)


おや、見ようによっては…


しかも、まるでここに紐を通してネックレスにしてくれと言わんばかりの穴まで空いているじゃないか…



これは…



十字架のネックレスになるのではないか…


私は母の実家に戻るなり、なんでもいいから何か紐をくれないか、と言った。そして誰もいない洗面所に行き、大事にポケットに入れて持ち帰ってきたセブンティーンアイスの芯にその紐を通した。首からぶら下げ、私は鏡を見上げた。十字架のネックレスをぶら下げた私は、少しは大人びて見えるだろうか。




抱いた感想はただ一つだった。



なぜ私は首からゴミをぶら下げているのだろうか…


鏡の中には、想像していたネックレスとは程遠い、謎のプラスチックを首からぶら下げた自分が映っていた。どこからどう見ても、十字架には見えなかった。せいぜい、良く言ってもおしゃぶりであった。

なんだか悲しくなった私は、何も言わずにそっとそれを外した。そして、ゴミ箱にさっと捨てた。


ちなみにこれは後日談だが、この少し後に、鍵のモチーフのネックレスがどうしても欲しくなった時があった。その際は、コンビーフの巻き取り鍵で代用してみたのだが、これも首からぶら下げてみたところ、あまりにも滑稽だったのですぐにやめた。

I06CprSAVg.jpg
(画像はノザキのコンビーフさんのホームページからお借りしました)

 
そんなこんなで、今ではめっきりネックレスをつけなくなってしまった私だが、可愛いネックレスを見かけると、こうしたどうしようもない思い出が蘇る。その度に、なりたい自分が明確だった、欲しい象徴が確かにあった、無駄なもので無邪気になれたあの頃の自分が、無性に恋しくなるのである。

先日、そんなことを思いながら、久しぶりにネックレスをつけてみた。ライブもないし、ただ出かけるだけだし、たまには良いだろう、と。








…なんかめっちゃかぶれた。