月別アーカイブ / 2016年12月


昨日は朝7時に目が覚めた。洗濯をして、朝から溜め込んでいた領収書の整理と書類作成をした。

そのあとは、今日の撮影用の服を買いに出かけた。と言っても、べつに特別な服を買ったわけじゃないんだけどさ。

夜は吉祥寺にてスタジオ。
明日のワンマンの曲の練習をしようと思って入ったのに、声出しがてら書きかけの曲を歌っていたら、何カ月もくすぶっていた箇所のメロディがすっと出てきた。そこからはもうピンと張っていた糸が切れたような感覚で、次々と他の曲も同じ感じでできた。鼻歌をとりあえず一通り録音したあと、聴き返していると、何も考えずに歌っているのに、何か確信をつくような言葉があったりして、ここ最近色々押さえ込んでいたものや、知らない間に膿んでいた部分がわかった気がした。結局24時までずっとスタジオにいた。

なんとかこれを好きにならなきゃと言い聞かせたり、なんとなくこの人の事は嫌いになっちゃだめだと言い聞かせてしまうのは、自分の悪い癖だ。それは全部所詮自分のためで、徳の高い人間に見られたいからだったり、嫌われるのが怖いから予防線を張っているだけなのだ。そしてそんなくだらないもののために、知らない間に自分に色々嘘をついてしまっているのだ。勿論時にはそれに救われることもあるのだけれど、歌を歌う時だけは、嘘はやっぱりつきたくないし、つけないなぁと思った。歌は時に言葉よりも雄弁であるとは、これ確かに、と。


そんな感じですっきりした目覚めで今日の朝を迎えて、諸々の撮影。いまさっき終了した。楽しかったなぁ、本当に。大好きな人たちに囲まれて、たくさん笑った。

今日は今から一旦家に帰って荷物を整理して、夜には明日の大阪でのワンマンに向けて車で出発。楽しみだな。

迷ってる方、まだ間に合うから、明日当日でもいいから是非遊びに来てね。待ってます。

そんじゃあとちょっとで最寄り駅につくので、とりあえずここらへんで。









今日は午前中時間があったので、撮影も近いし朝一で美容院に行った。髪を少し切って染めてもらった。

今日お願いした美容師さんは多分もう三回目なのだけれど、いつもざっくりしたお願いしかしないのに、理想通りに、むしろそれ以上にしていただけて本当に嬉しい。
時間がなくて、ちょこちょこ前髪や毛先だけ近所で切ってしまったりはするけど、シャキッとする時は、やっぱりこの人なら無条件で安心してお任せできる、という方にお願いするのが一番だな、と思った。

私の場合、映画も本もCD・レコードも割とそうである。この監督の映画なら間違いないとか、この人の本ならハズレはないとか、このミュージシャンの作品なら、合う合わないはあっても、理解はできるとか。なんとなく安心感がある人が、それぞれいる。例えその中でいくつかちょっと気に入らなくても、別に全然愛せるし、何なら他がもっと楽しみになったりする。

しかし、それは本当に大変なことなのだ。

たとえば誰かが私のライブを見て、涙まで流してくれたとしても、次もまたライブに来てくれるかと言ったら、そうではないのである。

そして、その度に考える。

あと一押し、何が足りなかったのか。涙以上の何かをその人から引き出せなかったのか。でもそれは何なのか。その理由がわかるときもあるし、全然わからないときもある。わからないときはたまにふてくされたくもなるが、それも含めて、その葛藤はいずれ必ず糧になると、最近は思う。

とにかく、私も行きつけの美容院みたいな、結局そこに帰って来たくなるようなやつになりたいな、と思うのだ。こいつのライブに行ったら、とりあえず見たあとは必ず元気になるとか、良い日だったと思えるとか、理由は何でも良いのだけれど。

頑張るね。


ということでとりあえず最近は、見えるところから頑張ろうと思い、備忘録がてらこんな感じでその日に気づいたことを日記としてパパッと書いている。頭の中が整理されてなかなか良い。ちょっと恥ずかしいけれど、それもまたフレッシュで良い。(勿論良いネタがあれば無駄に長ったらしいやつも書くと思うけれど)



ただ、今のうちに一つだけ言っておく。



いつまで続くかは不明


ほら、年末に向けて寝たり食ったり忙しくなるからさ…












昨日は夜、大好きな友達に会った。本当に元気が出るのだ。

撮影が近いので、悪あがきでも少しでも痩せなきゃと思い、夜ご飯を抜こうと思ったのだけれど、友達と他愛もない話をしながら美味しいご飯を食べるのが何よりの楽しみなので、結局食べた。

最初は、サラダだけにしておこう…と思ったのだけど、鶏肉ならいいだろ…となって鶏肉のやつを頼んで、いまの胸肉だったから、もうちょっと食べてもいいだろ…となって、最後になんかの煮込みを頼もうと思ったのだけれど、(バゲット付き)と書いてあったから、パン食べるなら米でもいいだろ…となって、結局カレーみたいなのを食べた。美味しかった。お酒は我慢した。

帰ってから筋トレをたくさんしてから寝た。
それから念のため、朝起きたら長澤まさみ体型になっていますようにと言い聞かせながら寝た。

不思議なもので、朝起きたら体重は減っていた。(体型はレゴのままだったけど)

心の健康は身体の健康だし、逆もまた然りだと思った。

今年も残りあと少しだけれど、何よりも健康に過ごせたらそれが一番最高だね。

今日は岐阜でライブ。初岐阜、楽しみだ。






今日は天気が良かった。
こんな日は鳥になって空を飛んでみたいと思ったりするが、いざそうなったら結局びびっちゃうだろうなと思う。あと、体力もない。

映画のことは詳しくないが、ロバート・アルトマンの映画が好きだ。中でもバード☆シットというやつがとても好きだ。
主人公の少年が良い。羽を作っている。空を飛ぶために、筋トレもしている。その先は、まあ、ネタバレになっちゃうからあれだな。

何にせよ、空を飛ぶには意外といろんなものが必要なのだ。

疑似体験としては、以前やったバンジージャンプは、非常に良かった。だけど前に飛んだよみうりランドのは、あまり高さがなかった。それに、下には大きなクッションがあった。万が一紐が切れても、死にはしない安心感があった。たしか値段は900円くらいだった。

調べてみたら、日本一高いところ(吊り橋の上から川に真っ逆さまのやつ)から飛ぶバンジーなんかは、かなりの金がかかるらしい。

覚悟と勇気は、あって越したことはない。
しかし、そいつらを振り絞る時には、いつだってそれなりの代償はつきものなのかもしれない。 


近所の肉屋さんが閉店した。

店頭には墨で書いた大きな「感謝」の文字が掲げられていた。

街のおじいちゃんやおばあちゃん、おじさんやおばさんが、こぞって店主に「ありがとう」と言っていた。

冷蔵ケースの中身は空っぽだった。松坂牛はすべて売り切れたらしい。

何かの終わりは嫌いだけれど、感謝し合える終わり方なら悪くはないと思った。

↑このページのトップへ