まずはじめに、あけましておめでとうございます。本年も関取花をどうぞよろしくお願い致します。

 

さてみなさん、年末年始はどうやって過ごされただろうか。

我が関取家では、大晦日は紅白歌合戦を見るのが決まりとなっている。ひとたびチャンネルを変えようものなら家族の誰かからブーイングが飛ぶくらい、みんな紅白を楽しみにしているのだ。

 

父はMISIAさんの圧巻のパフォーマンスとても興奮して、早速CDをネットで注文していた。兄は「やっぱ紅白だよ」と何度も呟いていた。そして母は菅田将暉さんの魂のこもった歌声に胸を撃たれ、「菅田くんの歌は涙腺に響く」と涙を流していた。

 

そして翌日元旦、朝から台所で母が口ずさんでいるわけである。そう、もちろん菅田将暉さんの"まちがいさがし"である。しかもAメロからちゃんと歌っている。しかし、よく耳を澄まして聴いているとどうもおかしい。

 


♪間違いだらけの間違いの方に 間違いだらけの間違いでいたよ

 


そう、まちがいだらけなのである。そのくせ「いい歌だわあ」といっちょ前に感動しているのである。

 

早々にツッコミたい気持ちも山々だったが、とりあえず一緒に台所に立ちながら続きを聴いてみることにした。さすがにサビならきちんと歌えるかもしれない。そしていよいよサビである。

  


♪間違い間違いが 間違っていたまっすぐ

 


いやダメなのよ、まちがってんのよ。まっすぐだけ合ってるけど逆に歌詞の意味的になんか違う方行っちゃってんのよ。まあいい、続きを聴こう。

 


その日から何もかも 間違っていた気がした

 


前半はよく頑張った。合ってる合ってる。でもこれだけ間違いだと歌っていたのに「間違っていた気がした」ってまだちょっと不安なのあとちょこちょこ元の歌詞入れてくるのなんなの。あと歌いながらこっち見て来るのなんなの。

 

いよいよ耐えられなくなった私は、母に「歌詞間違ってるよ」と優しく諭すように声をかけてみた。すると母はなぜか呆れたように小さく首を振り、「そんな細かいことどうでもいいのよ。菅田将暉くんもほら、歌ってたでしょ」と言うのである。そして続けてあのフレーズを歌たのだ。

 


♪間違いか正解かだなんてどうでもよかった


 

もうこれにはアッパレである。間違いを指摘されて今さら引き下がれず、自分の都合の良いように解釈しながらきちんと最後にオチをつけて来た。しかもそこだけは忠実に原曲の歌詞で。そしてあの時の最後のドヤ顔。私はきっと忘れはしないだろう。


そんな母がおかしくていがこらえきれず、最終的には二人で腹を抱えい合った。そしてそのあと、正しい歌詞を検索してちゃんと二人で歌いなおした。やはり母の歌っていた歌詞は"まちがいだらけ"だった。菅田将暉さんには本当に申し訳ない気持ちでいっぱいである。

ちなみに私は2番Aメロの、「正しくありたい あれない 寂しさが」の「寂しさが」の歌い方、表現の仕方が本当に素晴らしくて毎回泣きそうになります。いつか歌番組でご一緒できて、伝えられたらいいな。頑張ります。


そんなこんなで愉快に幕を開けた私の2020年。きっと今年もたくさん間違っては一歩ずつ進んで行くのだと思います。まちがいだらけでも、まちがいさがししながら、最後に笑える一年になりますように。

いやーメリクリメリクリ。超メリクリ。

みなさまいかがお過ごしでしょうか。どうも関取花です。

 

前回に更新したのが7月27日ということで、気付けば夏も終わり秋などとっくのとうに過ぎ去って、あっという間に本日はクリスマスである。

2019年に突入した時は「いよいよブログの更新を頑張ります」と言っていたような気もするのだが、そんなことはいつの間にやら記憶の彼方霧の中、今年もめでたく有言不実行となった。

 

ひとつ言い訳するとしたら、今年は神奈川新聞といきものがかりの水野良樹さんのメディアHIROBAにてエッセイの連載が始まり、何か書きたいネタがあるとそちらのために残しておかねばと思ってしまいブログにまで手が回らなかった。いやでもやろうと思えばできたはずだな、 YouTubeで飲みコールの動画を見ていた時間を総合したら絶対書けた。ちなみに飲みコールは披露する相手もいないので今のところ何の役にも立っていない。もったいないから明日の年末ワンマンでやろうかな。

 

さて、今回は今年最後のブログとしてこの一年を振り返るのもいいなと思ったのだが、もしかしたら、もしかしたらこの後の残された2019年の数日でまたブログを更新するかもしれないので今日はクリスマスについて書こうと思う。

 

クリスマスは好きである。というか、クリスマス前のそわそわした街並みや人々を見るのが好きだ。特にまだカップルではなさそうな学生の男の子と女の子の12月二週目あたりくらいの雰囲気がいい。マジでいい。グッと来ちゃう。頭の中で山下達郎先生の歌流れちゃう。

 

少し前、電車に乗っている時に隣に座っていた二人もそうだった。

多分あれは大学のサークル仲間だろう、軽くお酒が入っているようだったので、飲み会の帰りだったのだと思う。人の話を盗み聞きするなんて本当に趣味が悪いし申し訳ないなあと思いつつ、あまりにももどかしいその会話が可愛らしくて思わず耳がでっかくなっちゃった。まさかのマギー審司状態である。(令和だろうとなんだろうと平成のネタぶっ込んで行くわよ)

 

男の子「クリスマス、今年もどうせバイトだわー」

女の子「ね、わたしも多分バイト」

男の子「バイトしてるとカップルばっかり来るからイヤだよなあ」

女の子「ね、あとシフト入れる時今年もお前いるんだみたいな顔で店長に見られるのもすごいイヤ、だからそれがイヤで来週のぶんまだ出してない」

男の子「俺も、でもやっぱ行きたくないなあ」

女の子「ね、でも何か予定あるわけでもないからなあ」

 

 

…おいおいおいおい!!!可愛すギルティ!!

 


もうこの時私の心は完全にお節介な中学生男子だった。「なあ、お前ら付き合っちゃえよお」状態ですよ。いやー、キュンキュンしたね。


もちろん当人たちの状況や心境は何もわからないから勝手なことは言えないが、でもなんかあれは絶対にお互いにちょっと探り合っている感じだったですよ。

少女漫画だったら絶対もうあれよ、頬に斜線で赤らみ表現されててるタイプの表情してたはずなんですよ。顔を半分マフラーに埋めてる女の子の可愛いさったら。男の子のおろしたてのコンバースのスニーカーの眩しさったら。あとちょっとで冬の神様舞い降りるところでしたよ。

 

結局途中で女の子は降りてしまってその後の展開はわからないのだが、ーっとしている残された男の子がこれまたなんともいい味を醸し出していて、私はちょっとしたドラマを見たあとのような気分になってしまった。

多分これあれだわ、私がもし窪塚洋介さんだったら「…誘っちゃえばよかったんじゃない?」とか遠くを見ながらボソッと言い放ってたやつだわ。そんで「えっ」って男の子びっくりしつつ、急いで電車降りて女の子のこと追いかけてるやつだわ。そしてその男の子の背中眺めながら「ピンチはチャンスだよ」って一人で呟く窪塚さん?2000年あたりの感じな?(伝われ

 

そんなわけで今年も良いものを見させていただいたわけだが、あの二人、昨日今日は何しているだろう。バイトじゃなくてどこかでデートでもしてたらいいなあ。そんなことを思いながら私はこれから一人でUberEatsでも頼もうと思います。やっぱあれかな、ケンタッキーは時間かかっちゃうかな。 

 

しかし久しぶりにブログ書いたらやっぱり楽しいですね。連載のものとはまた違う、こういう肩の力の抜けた感じで書いていこうかなと思いますので、皆様今後もゆるくお楽しみいただけたら幸いです。とりあえずメリークリスマス!

 

 


「メールアドレスを変更しました」というメール、もはやちょっと懐かしくないですか。私も最後に見たのはいつだっけという感じである。(迷惑メールではたまに来るけど)

連絡先を交換するときも、最近では大抵「LINEやってる?」という話になる。

たしかにLINEならデータが消えてもあとからなんらかの方法で復元できるし、今はSNS上のダイレクトメッセージでもやりとりはできる。

でも便利だなあと思う一方で、時々あの「メールアドレス変更しました」のメールが無性に恋しくなったりする。

私は中学生の時に初めて携帯電話を持った。はじめてメールアドレスを考えた時は、それはもうかなりの時間をかけた。なるべく長く使えて当たり障りのないもので…とか、中学生なりに必死で考えたものである。
その甲斐あって、数年後に間違えてエッチなサイトにたどり着いてしまって変なメールが鬼のように来るまで、最初のメールアドレスは割と長く使った。

友人たちの中には、頻繁にメールアドレスを変える子もいた。彼氏が切り替わるタイミングでわかりやすく変わるので、ニュース速報のようだった。
メールアドレスに入っているイニシャルや誕生日などから相手を推測したりするのも楽しかった。

大好きなアイドルがいる子は、新曲が出るたびにアドレスを変えていた。私はいつも彼女の「メールアドレスを変更しました」のメールで新曲のタイトルを知った。
彼女が「推し」を変更した時も、メールアドレスの変更で知った。

ほかにも、好きになった人のアドレスにビートルズの曲名が入っていたこと、それをきっかけに仲良くなれたこと。友人の変更したアドレスのあらゆるスペルが間違いまくっていて何時間も爆笑したこと。思い返せば、小さいけれどいくつもの思い出がある。

そんなこともあり、 最近は誰かとLINEを交換をする際に「最初に作ったメールアドレスって何だった?」と聞いてみたりする。

私くらいの年齢の人の多くは思春期ど真ん中に携帯電話を持ちはじめているから、そこから思わず黒歴史暴露大会になったりする。でもそれをきっかけに共通の趣味を見つけて仲良くなれたりもする。イメージ通りの人もいればまったく予想外の過去を持っている人もいたりして、いろんな発見があって面白い。

ちなみに私が最初に作ったメールアドレスは「hanasunsun@...」だった。「はなさんさん」と読む。

「愛燦燦」的なイメージで「花燦々」としたのだが、それだけでは何か物足りなくて、「san」ではなく「sun=太陽」とすることで少し小洒落てみたつもりだった。

中学生にしては渋くて良いっちゃ良いが、ひねりを入れようとして結局ダサく仕上がる私の悪い癖が出まくっている。良くも悪くも変わらないというか私らしいというか…そこも含めて今でもなんだかんだ気に入っている。(HIROBAでの連載タイトルもここから)

こうして思い返すと、あの絶妙な文字数、限られた文字と記号だったからこそ溢れ出るそれぞれの個性がそこにはあったなあ、と思う。

みなさんのはじめて作ったメールアドレスはどうでしたか?


新幹線の中で食べるお弁当って異常に美味しくないですか。特に行きの新幹線。

ミュージシャンという仕事は移動が多い。特に私は先日新譜をリリースしたばかりということもあり、今月はツアーやらキャンペーン(新譜発売に伴うメディア出演などの様々な稼働)やらで、ありがたいことに毎日のように全国各地を行ったり来たりさせていただいている。

距離的に北海道や九州となると飛行機で行くことも多いのだが、それ以外は基本的に電車移動である。なかでも私は新幹線移動が大好きだ。
理由は冒頭にも述べた通り、お弁当が異常に美味しく感じられるからである。

かと言って、なにか特別なものを食べるわけではない。駅弁とか、駅中のお惣菜やさんで買ったお弁当とか、そんなものである。でもなぜか普段よりも数倍美味しく感じる。

なぜそう感じるのかここ数年割と本気で考えていたのだが、特に理由がわからないでいた。
窓の外の流れる景色のせいかと言われるとそうでもないし、あの不思議な静寂のおかげかと言われるとそれも違う。なんならテーブルは小さくて食べにくいし、車両が揺れるから飲み物も飲みづらかったりする。なぜだ。なぜなのだ。

しかし、つい先ほどその答えがわかってしまった。頭の中にピコーン!と光が一本通った感じがしたのだ。

ほらあれよ、コナン君がトリックのからくりを見破る時になるやつ。「なるほど、そういうことか……!」→ピコーン!→パシュッ→眠りの小五郎召喚→「この中に犯人がいます…」のあの時のあれよ。

そう、まさに今朝のことである。お弁当を物色していたら思いのほか時間がかかってしまい、私は新幹線内に乗り込んでから自分の座席のある車両に向かって移動していた。

すると途中で、修学旅行の団体が貸し切っている車両を通った。まだ他の色を知らない黒髪、少し丈のあまったスラックス、鮮やかな濃紺のハイソックス。少年少女たちはキャッキャと笑いながら座席をクルクルとまわして向かい合わせにして、ただ話をしたりUNOをしたりしていた。スマホをいじっている子なんて一人もいない。ゲームをやっている子もいない。私が学生の頃となにも変わらない修学旅行の景色がそこにはあった。(その子たちは14、5歳くらいに見えたので、私とは十数個歳が違うはず)

そしてどこかから、「先生ー、お弁当って何時に出るんですかー?」という声が聞こえた。
その瞬間私は、ああ、これだ! と思った。

私が新幹線でお弁当を食べた最初の記憶は、間違いなく修学旅行である。遠足や運動会の時の個性豊かなお弁当たちも好きだったが、新幹線内で支給されるいつもとは違うお弁当、あれには妙にテンションが上がった。普段食べたらなんてことないのかもしれないけれど、なぜかいつもより美味しく感じてペロリと完食していた。

お腹が空いたから食べようとかお昼の時間だから食べようというよりも、「今日一日を楽しむための腹ごしらえ」という感じが好きだった。

あれから十数年が経ち、私も28歳になった。今では一日を始める時、ついつい「今日一日をなんとか乗り切ろう」ということばかり考えてしまう。

でも、今でも行きの新幹線でお弁当を食べているとあの時の気持ちが蘇って、こう思えるのだ。「今日一日を思い切り楽しもう」と。だからきっと美味しく感じるのだ。

ということで私は席に着くなり、今朝張り切って購入したデカイおにぎりと唐揚げなどが入ったヤングなお弁当を食べはじめた。

気分はもう修学旅行である。このお弁当を食べ終わったら、あの頃聴いていた曲でも聴きながら修学旅行の思い出でも振り返ってみようかしら。そんなことを考えながら、私は箸を進めた。

そして完食。ペロリと完食と言いたいところだが、正確に言うと、なんとか完食した。


そこで気が付いてしまった。


おかしい


気持ちが悪いぞ。


正直ね、今日は結構朝早かったんですよ。

だけど張り切っちゃったんですよ、お弁当。

しかも食べながらもう気分が乗っちゃって、中学生男子ばりのわんぱくな早食いしちゃったわけですよ。

そしたらもうあれよ

なにこの

圧倒的胃もたれ

ツラさしかないんだが

朝から唐揚げとか無理するんじゃなかった

あの頃とはやっぱ違うわ

ということで音楽なんて聴く余裕もなく、とにかく何もかも忘れて仏フェイスで眠ること数十分。なんとか落ち着きました。

でもなんかいいよね、修学旅行ってハプニングもつきものだもんね。あれいちいち楽しかったなあ。

ということで、今日明日は関西キャンペーンです。気持ちだけはあの頃のフレッシュさを思い出しながら、思い切り楽しもうと思います。








ちょっと待ってくれ。


夏じゃねえか。


暑いのが嫌いだとかそういうわけではないのだが、こうも季節の移り変わりのグラデーションが極端だと、いろいろと追いつかない。その最たるものが服装である。

今春から少しずつ大人の女性なファッションも取り入れようと思い、私は薄手のジャケットを二着購入した。ベージュのものと、紺のものである。しかしどちらもまだ一回ずつしか着ていない。

私は人より寒がりなので、これまでの経験上ジャケット的なものは持っていると割と重宝する。みんながシャツを一枚でサラッと羽織っている時期に、私はそこにさらに一枚羽織っているという感じである。職業柄もあるが異常な風邪恐怖症なので、基本的にはその日一番冷え込む時間帯に合わせた格好で出かけることにしているのだ。暑ければ脱げばいいし。

私のイメージする5月末は、まさにそんな時期だ。半袖にジャケットを羽織るのがちょうどいいはずなのだ。なのになんだこれは。30度どころか35度じゃないか。ベージュのジャケットなんて脇汗必至じゃないか。

全然関係ないけど脇汗パットってムズくないですか?うまく貼れた試しがない。友達に手を振ると同時に外に出てきちゃったことはあるけど。まあいいや。

これも温暖化の影響かとも思いつつ、4月末なんかはむしろ時期の割に寒かったような気もするのだが気のせいだろうか。


マジで大丈夫か、地球の情緒よ。

私は君が心配で仕方がないぞ。


もし何か悩みがあるなら言ってほしい。相談になら乗るぞ。まあ大体なんの相談をされても「人生ってタイミングだからねえ」としか返せないことで有名な私だけれど。

それかあれか、もしかして恋の病でメンタルをやられているのか。なるほど、それなら得意分野だ。なんでも聞いてくれ。恋の悩みに効く魔法の返答を私は持っている。「いやあ恋愛ってタイミングだからねえ」だ。

ほどよく君の気持ちが楽になる適当な答えならいくらでも用意しておくから、どうか私に一つだけ教えてほしい。


衣替えのタイミングを。



あ、あと脇汗パットの上手い装着の仕方もわかるならぜひ。






↑このページのトップへ