●ベスト盤なのに2曲しか入ってない

●ジャケットが懐かしの短冊タイプ

●10枚組で結果歴代曲全曲収録

●握手券じゃなく肩叩き券が入っている

●全曲カラオケ

オモロいなぁ、これ。
キムラジオでもいけるね~。

と、オールナイトニッポン的なブログの書き出しですが
オンラインショップもスタートになったので
ベスト盤の解説をしたいと思います。

急な思いつきから制作に入ったんですが
当初構想していた新曲を変更し
2016年最初に出来た曲
『thinking of you』をトップに持ってきたんですね。

制作データによると歌詞が完成したのは1月16日。
Stone Temple Pilotsのスコット・ウェイランドや
Motorheadのレミー、デヴィッド・ボウイなど
相次ぐミュージシャンの訃報に影響されたのか
少々切ない印象の歌詞になったんだよね。
とても前向きではあるけど。

スペシャルセットの予約販売の時に
皆さんからリクエストを募集したんだけど
そこからセレクトされた上位曲8曲を軸に
新曲以外の残り7曲を自分で選んだ。 

これが実に大変な作業でして。

木村世治、hurdy gurdy、Pale Greenと
異なる名義での楽曲のバランスや
英語詞や日本語詞や楽曲の持つイメージなど
選曲に大いに悩みまして。

ちなみに皆さんが選んだ上位8曲はこちら。

●Starlight(一位)
●bright lights(二位)
●Seven(三位)
●SHELLEY(in my eyes)(同率四位)
●Check(同率四位)
●Come Down(同率五位)
●Stay(同率五位)
●I'm in blue(六位)

これ以外がアタクシセレクトです。

新たに全曲マスタリングがしてあるんだが
さらにミックスをし直した曲が数曲あります。

まずは『フレーバー』。
2011年にリリースした『Stars e.p.』の収録テイクよりも
ドラムの音を整理しヌケを良くし
少々埋もれ気味だったヴォーカルを大きくし
より聴きやすくミックスした。

そして『Stay』。
こちらはギターのバランスを修正し
ドラム音源もクリアになるようEQ調整し
2006年『Mellow e.p.』リリース時にはカットアウトが早く
次曲『Yellow』にすぐつながる感じになっていますが
エンディングに聴こえるサイケデリックなギターの
フレーズを長く伸ばしている。
なのでオリジナルは4分39秒だが
ベスト盤は4分46秒という曲の長さになった。

両方持ってる方はぜひ聴きくらべてみてね。

リクエストに入らなくても絶対に収録しようと思っていたのは
最新シングルの二枚から『nobody knows』と『tricky』。
この2曲はリクエスト募集の時から宣言してましたね。

そして『フレーバー』と『prove my love』。
この曲たちも絶対というゆるぎない感じでした。

なんかとても自分っぽいなぁと
制作して結構時間が経ってるけど
今でも思うんだよね、この2曲は

一番悩んだのはアルバム『I(アイ)』からのセレクト。
いろんなタイプの曲があるのでかなり悩みましたが
MAGUMIさんとの共演とDIEさんのアレンジという
とても贅沢に制作した楽曲なので
『bring me』に決めた。

カセット音源で作っていた
初期のhurdy gurdyからもかなり悩みましたね~。
音楽だけで生活出来るようになる以前の音源なので
当初は誰に聴かせるでもなく自分だけの為の楽曲なんだよね。

だからやはり思い入れはそれなりに大きい
『The Early Years』シリーズの作品からは中々選べず
最終的には「おりゃっ!」とその時の感覚で決めました。

と、まぁ簡単にベスト盤の解説でした。

オンラインショップでの販売もスタートしたので
ぜひ手にしてくださいね。

SCARLET recordings ONLINE SHOP 

来週からはいよいよ九州ツアーです!
石田ショーキチ氏と一緒に回ります。

●4/5(火)福岡S.O.Ra
OPEN/START:19:00/19:30

●4/6(水)熊本ONE DROP Dining Studio

OPEN/START:19:00/20:00

●4/8(金)鹿児島born/凡

OPEN/START:19:00/19:30

●4/9(土)宮崎ポトリージョ
OPEN/START:18:30/19:00

初めての鹿児島もあるし楽しみです。
チケット予約などの詳細はこちらからお願いします。

ISHIDA shokichi official web site 


んじゃ、まったね~