以前私が所属していた事務所の元スタッフが偶然入った焼肉店。
そこのテーブルの一角に
「おやっ?」というポスターを発見したそうです。

そのポスターはhideさんの『PSYENCE』時のものと
ZEPPET STORE『Cue』時のもの。

元スタッフですから当然「お好きなんですか?」と
店主に声を掛け、そこから会話と交流が始まったようで。

話が進むと店主がhideさん、そして大のZEPPET STORE、
プラス私のファンという事が発覚し盛り上がったそうです。

それから元スタッフはその焼肉店に通うようになり
私にも「こんなお店があるんですよ」と報告があって
「そりゃいいね~!いつか行ってみたいなぁ」と思っていました。
そこからしばらくして、また元スタッフから連絡が。

「木村さんにお店のTシャツのデザインをお願いしたいのです。
 ダメもとで聞いて頂けないでしょうか?」
焼肉店の店主からの熱望、お仕事の依頼でした。

聞けばオープンして約10年、いつか木村さんが来てくれたら、と
夢を見てがんばっていると。
そんな話に大変心を打たれました。

そして
お店のデザイン?
それも、や、や、焼肉店?!
なんかおもしろそう!燃えるぜ!
となりまして喜んでお引き受けしました。

IMG_6734.JPG
完成したTシャツがこちら!
それを着る『ほるもんスタジアム』の店主。

zilchやhideさん、そして私がもうすぐリリースする
ニューアルバムにも『3.2.1.』という箇所が出てくる曲があって
それをモチーフにデザインしました。

楽しくなっちゃってもう一つデザインしましてね。
どっちも使っていいですよ~って事で
こちらはお店のポップに使って頂いてます。

IMG_6735.JPG
私自身、どちらも大変気に入ってます。

この話の間を取り持ってくれた元スタッフと
サプライズを仕込みまして、昨日お店に伺いました。
それはそれは驚いたようで。

「み、み、店に、き、き、木村さんが居る。。。」
何度も遠い目になってて面白かったので
「そっくりさんだよ、わたし」なんてちゃかしたり。
美味しいお肉や珍しい生ホッピーなどを頂き
気さくな店主の人柄もあって、めっちゃ楽しかったです。

大変レアなこんなものも貼ってあったり
IMG_6737.JPG
私のソロCDはもちろん『Swing,Slide,Sandpit』の再発盤ではなく
オリジナルのCDを持っていたり
その昔「キリンのビンビールが好きだ」とファンレターの返信に
書いてあったのを、いつか私が来てくれたらと
メニューにはないのに常に準備していたり。

とても愛情を感じましたし大変嬉しく思います。

ぜひお店に足を運んでみてください。
値段もリーズナブルですし
少々ディープな街ですが『鶯谷』駅の北口から
徒歩2分ほどでアクセスも良いです。
ポスターのある席は奥の一角なので
その席に座りたい方は予約をした方が良いかもです。
IMG_6736.JPG
アルバイトも大募集中だそうです(笑)
私もまたふら~っと食べに行きますよ。

んじゃ、まったね~

ソロアルバム『Music not fade away』完成いたしました!
マスタリングという最終行程が終わると
CDや配信音源などは、いよいよ皆様の手に渡る段階に入ります。

今回のマスタリングエンジニアは
ミックスでも3曲担当してくれた高山徹氏です。
絶大なる信頼がある高やんにお願い出来たこと
大変嬉しく、そしてとても光栄に感じています。
美しく、かつダイナミックで壮大な音に仕上げてくれました。
楽しみにしていてください。

話は全然変わりますが。
私は人間的に本当に未熟でして
思いつきや勢いで起こしてしまう言動が多いです。
最良に事が運んだ時には大きな喜びがありますが
逆に転んでしまった場合には
時に人を傷つけたり悲しませてしまいます。

それに気がついた時には
(指摘されて気がつくアホさ加減も多々あります)
毎回ひたすら反省しております。
悲しい思いをさせてしまった方には
大変申し訳ない気持ちで一杯です。

ライヴ会場へ足を運んでくださる方はご存知でしょうが
終演後、物販やアフターパーティーを通して
皆さんと交流する機会が増えました。

そんな時、うまく気がまわらなかったり
いろんな所に視点を置いてるつもりが
結局全くと言っていいほど言動が追いつかなかったり。

私自身は曲の感想をもらえたり
励みになる言葉を掛けて頂いたり
もちろんCDやグッズを買って頂いたり嬉しい事が多いのですが
いかんせんコミュニケーションの取り方、
言葉の使い方、時間の使い方が下手すぎて
ご迷惑を掛けている事も多いと思います。

音楽を実直に作っております。
心を込めて作った音楽には罪はないと思っています。
だから純粋な音楽以外の、私の立ち振る舞いの未熟さで
真剣に向き合っているこの音楽の評価が下がるような事だけは
どうしても避けなければなりません。
それには今以上の努力が必要です。

皆さんのご協力のおかげで最高傑作が完成した今、
自分自身の襟を正さなければいけないと
改めて痛感しています。

良い音源を届け、良いライヴをし、
それが一番の最高であるよう努めていきます。

これからも木村世治の音楽をよろしくお願い致します。

いよいよレコーディングも大詰めとなってきました。
連日自宅の作業場で頑張っております。

お待たせしました。
アルバムのタイトルとトラックリストが決定しました!
左からCDのトラック、アナログのトラック、
ソングタイトル、そしてゲストミュージシャンとなってます。

Music not fade away / Seizi Kimura


01. A-1. everlasting love[OKP-STAR]
02. A-2. calling you[樋口豊]
03. A-3. celluloid[西崎ゴウシ]
04. A-4. going blank[DIE]
05. A-5. toys
06. A-6. d.t.o.i.d.
07. B-1. not fade away[PATA / OKP-STAR]
08. B-2. the crush[五味誠]
09. B-3. eagle eye[樋口豊]
10. B-4. I think so why[西崎ゴウシ]
11. B-5. run run run


日本語詞が7曲、英語詞が4曲となりました。
自分で生ドラムをプレイした曲は5曲で
過去のアルバム中、最多となりました。
タイトルを見ながら想像したり妄想したり
リリースまで楽しんでください。

アルバムが最速で聴けるイベントをCAMPFIREで組みました。
先行視聴会&ライヴという、もうすでに締め切っている
プランがあったのですが皆さんからご要望もあったので
当日券の販売をいたします。

New Album先行視聴会&ライヴ
2018/3/18(日)下北沢440

door¥7,500(ドリンク代別途)
OPEN/START : 11:30/12:00

※フォトチケットと歌詞解説冊子はつきません
※冊子をご希望の方には別途1,000円にて販売致します
※当日券の方先着10部となります
CAMPFIREで事前に支援くださった方を考慮して
このようなシステムといたします。
何卒ご理解のほどよろしくお願い致します。


もうすぐ完成する久しぶりのアルバム。
皆さんの大切なものになれるよう
残りの制作も愛情込めて頑張っていきます!
よろしくお願いします!

んじゃ、まったね~

↑このページのトップへ