皆さんお元気ですか?
お盆で休みの方も多いかと思いますが
室内外の温度差に気をつけてね。

7月下旬から8月上旬は怒涛の連続ライヴでして
STCの3日間を経てMLJ2017をスタートに
4日間連続でKISS THE WoRLDのツアーでした。

MLJ2017では炎天下の中KTWが。
そしてゼペットではメインステージのトリという
大変光栄なステージを体験させて頂きました。

主催のHEADWAX代表、松本裕士氏が打ち上げの席で
「ゼペットをトリにしてホントに良かった。感動した。」
と友人たちに話していたようで
後日LINEでそんな話がまわってきて物凄く嬉しかったです。

フェスですが中盤はあえてしっとりした曲を選んだのです。
色んなゼペットを観てほしかったのでね。

そんなMLJ2017が終了するやいなや
即効で準備をし名古屋へ移動。
KTWの旅が始まります。

名古屋ではがっちりワンマンでたっぷりプレイし
アフターパーティーも大盛り上がりでした。

翌日神戸は個人的にとても久しぶりだったので
港町を見ただけで大興奮。

台風の影響で残念な空ではありましたが
ホテルのラウンジでグランドピアノでのKTWは
そりゃ~も~気持ち良くってね。
のびのびと歌わせてもらいました。

最終日の神戸2日目は老舗ライヴハウスチキンジョージで。
私お初でしたが音響が最高でさすがのハコでした。
IMG_6009.JPG
IMG_6012.JPG
IMG_6010.JPG
(Photo by Bobby)

メリケンパークオリエンタルホテル様に大変お世話になりました。
おかげで体調もバッチリなツアーでしたよ。

中国で仕事が入っているマッドさんを神戸に残し
帰りはDIEさんオカヒロさんと一緒に車移動。

私久しぶりに高速を運転しまして。
これが実に楽しかった!
ドライブしながら自分の時間を楽しむという気持ち
なんとなく分かるような気がしたね。

好きな音楽をかけながら気がつけば吹田から岡崎で
総距離190kmも走ってました。

結束力はもちろん、音楽的な志向もより近づいて
完全なバンドになっています、KISS THE WoRLD。
まだ未体験の方はぜひライヴに来てくださいね。

そしてプレゼントCDの制作、FMいわきの生放送を経て
毎年恒例の浴衣ナイトが昨日12日に行われました。

2008年からスタートしたこのライヴイベント。
世治流の夏祭りというこの企画。
今年でなんと!10周年でした!

今回はスペシャルゲストに五味誠を迎えて
初期ゼペットの大変レアな楽曲や
ゼペットの結成からのルーツが見えるカバー曲など
途中休憩を挟んでトータル2時間半のライヴでした。

まだ作詞作曲に手探りだった頃の楽曲も
懐かしいカバー曲も本当にわくわくしたね。
IMG_6007.JPG

今回も美しい浴衣を仕立てて頂きました。
歴代の浴衣の生地でシュシュを作ってくれて
会場のみんなにプレゼントしてくれたり本当に感謝です。
手作りのうちわをプレゼントしてくださった方もいました。
心のこもった差し入れの数々も本当にありがたいです。
どうもありがとう!

まこっちゃんもいつもと違った艶姿で華があったね~!
浴衣バッチリ似合ってたぜ。
IMG_6008.JPG

今日はゆっくりこのブログを書いたり
今後のスケジュールを確認したりして
まったりと過ごしております。

今後の予定ですがひとまず日程だけでもお知らせしておきます。
詳細は後日発表しますね!

●10/6(金)横浜
●10/7(土)名古屋
●10/8(日)名古屋
●10/9(月)大阪


10/18(水)と10/28(土)も都内でのお誘いを頂いてます。
ライヴとは一味違ったイベントやゲストでの出演とか。
そんなのを予定してます。

今年の夏はどこにも出掛けず制作に集中かな。
昨日もMCで話したけど制作熱が凄くってね。

もちろんアルバム用にストックしてある楽曲に
かなり気に入ってるものもあるし
この曲はアルバムの最初の方だなとか
この曲はあの方に参加してもらおうとか
決定済みの曲タイトルがあるからそれをテーマに歌詞を書こうとか
もうすでにいくつか脳内プランは出来てます。

しかも自分がワクワクしなければ容赦なくボツにするという
楽曲制作法でアルバムを作っています。

一聴では少々難解でマニアックだとしても
そこに自分のメロディーがある限り
他にはない揺るぎない世界観が広がるだろうと
圧倒的な自信のもと楽曲を作っていますよ。

ライヴでの再現がかなり難しい、なんて曲もあるし
制作の方向性で言えば『See The Sun』や『I』より
『Sleep Tight Fellows』が近いかもしれない。

と言っても全体的にゆったりとした楽曲が多い
『Sleep Tight Fellows』よりはトーンは派手です。
一日でも早くDJでスピンしたい!ってな楽曲とかもあるし。
あくまでも方向性としての話ね。

まだいついつリリースです、とはっきり言えない状況ですけど
納得いくまで集中しますので
発売まで気長に待っていてほしいと心より願います。

さて、今度の土曜日はヤスヒロと二人バンドでライヴっす。
いつもとは違うライヴになるだろうし
二人でしか出来ない世界観を楽しみたいと思います。
イベント詳細はこちら↓↓↓をクリックしてご覧ください。

YOKOHAMA SUMMER ROCK FES. “Revolution Rocks 2017”


出演は17:30以降を予定しています。
よろしくお願いします!


んじゃ、まったね~

ご無沙汰してます!お元気ですか?
わたしは毎日元気に過ごしてるよ。
レコーディングもがんばってます。
いい曲出来てるぜぃ!

7月はソロワンマンがない代わりに
ZEPPET STOREの2デイズと
そしてKISS THE WoRLDのツアースタートがありました。

KISS THE WoRLD(通称キザワ 笑)は
自分で作ったメロディーじゃない曲を唯一歌うバンドで
(もちろん自分で書いたメロディー曲も沢山あるよ)
DIEさんMADさん、そしてオカヒロさんという大先輩方に
グイグイ引っ張ってもらいながら楽しんでるバンドです。

全員がソングライターという
まるでビートルズのような編成だし
しかも全員歌えちゃうというところもポイントかな。

会場によってはヘアメイクさんがついてくれるので
アタクシも普段とは違うヘアメイクを楽しんでます。
IMG_5933.JPG

そんなキザワとゼペットの共演が9/23のバースデイで実現するなんて
最高過ぎるじゃ~ないか!

その前に8/5のMLJ新木場コーストでも共演ですね。
キザワはその日から怒涛の4連チャンとなります。
久しぶりの名古屋そして個人的にはかな~り久々な神戸と
廻りますのでぜひポジティブロックバンドを目撃しに来てください。

昨日は新曲も披露しましたよ。

KISS THE WoRLD Official Facebook



そしてソロライヴですが
9月に新しく3本決まりました。

ラジオの生放送から地元いわき、そして仙台と
愛すべき東北でライヴをします。

仙台は久しぶりにアフターDJパーティーも!
DJパーティーを楽しんでも
東京へ戻る方の最終の高速バスに間に合うかと思います。
日曜日開催なのでね。

今週末7/29からチケット予約がスタートします。
各公演ごとに予約時間が違いますのでご注意くださいね。

誕生月にぜひ会いに来てください!

Dive to 50~Iwaki~

2017/9/9(土)いわきMusic Bar burrows

adv¥3,500/door¥4,000(without 1drink)
OPEN/START:17:30/18:00

●2017/7/29(土)20時よりチケット予約開始
Dive to 50~Sendai~
2017/9/10(日)仙台Cafe de Lucille

adv¥3,500/door¥4,000(without 1drink)
OPEN/START:16:30/17:00

終演後にはアフターDJパーティーも!
※After DJ Party [charge¥2,500(2時間飲み放題)]
19:30スタート~22:00終演予定

●2017/7/29(土)20時30分よりチケット予約開始
tiget!サイト(https://tiget.net/events/14894)


Dive to 50 Seizi’s birthday after party
2017/9/24(日)下北沢 風知空知

adv¥3,500/door¥4,000(without 1drink)
OPEN/START:17:00/17:30


●2017/7/29(土)21時よりチケット予約開始
tiget!サイト(https://tiget.net/events/14895)


んじゃ、まったね~

6月17日リリース予定のシングル
『Clear e.p.』というタイトルで告知しましたが
今回は2曲収録のシングルですので
"e.p."という表記では定義とは外れるのでシンプルに
『Clear』というタイトルに変更しました。

そもそもこの"e.p."という表記は
"extended play"の略として一般的ですが
自分もこの解釈で使用していまして
シングル以上ではあるがアルバムよりは曲が少ない
いわゆるマキシシングルやミニアルバムという
そんな作品に表記しています。

CD化してほしいというご要望が多くなった場合
ぜひ検討したいと思っていますが
その時は曲を追加して"Clear e.p."でリリースしてもいいですね。

ということでジャケットもタイトル部分が変更になります。


Clear_Jacket_FinalSmall-01.jpg

Clear / 木村世治

1. clear
2. in the night, in your heart


シングルタイトルは大文字の"C"
曲タイトルは小文字の"c"です。
ちょっとしたこだわりです(笑)

よろしくお願いします!


んじゃ、まったね~

↑このページのトップへ