最近、部活動を学校でやるか、切り離すかの話題がすごく出ています。
今まで学校に付随して行うのが当たり前だった為、部活動が学校から無くなるというのは国民にとってはとても大きな変化です。
その為、受け入れることはとても大変で、大きな覚悟がいる事だと思います。
(私も高校まで野球部に所属していました^ ^)

この話題について、少し自分の考えをまとめてみました。


部活動切り離しのメリットデメリット(個人的な主観)

【メリット】
・部活動に重きを置いていない教員が、拘束時間から解放される(今はこれが今一番の課題ですね。)

・現在少子化もあり、やりたくても人数不足でやりたい部活動が無い学校も多い為、外部で活動を行うようになれば個人の可能性が広がる(特に中学は学区がある為、やりたい部活動のある学校へは行けない)

・経験の無い教員からでなく、経験者から指導を受けられるようになる為、比較的正しい指導を受けやすい

・内申書を気にして、やりたくも無い部活動にいやいや加入する事で、個人個人の他の可能性や能力が生かせない という無駄が無くなる(個人的には世の中にとってはこれが一番もったいないかなぁと思います)

【デメリット】
・校内で行うと移動時間がかからないが、切り離しを行うことによって、移動時間が大幅に増える
(野球で実際冬場なんかだと、移動してから行うと、すぐに暗くなりボールが見えなくなるので、結構不便かなぁとは思います)

・今までの伝統や記録が途絶えてしまう
(過去の記録は、今の活動があってこそ讃えられるものなので)

パッと思いつくのはこんな感じです。


以上を踏まえて個人的な意見としては、
中学の部活は切り離しにして、
高校については、高校野球や高校サッカー等のメインの部活は、毎年見るのを楽しみにしている人も多いですし、自分で学校も選べるので、野球やサッカーは残してもらったほうがいいかと思います。(バスケやバレーはどれくらい高校として注目されてるのか詳しく分からないので世論的なもの次第かな・・)

とりあえず保護者の方々には、教員目線に立って頂き、また、変化を恐れずにしっかり考えた上で、もう一度意見を出して頂きたいです(^^)

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6266946

自分自身もプレゼントに対しては色々考えさせられることが多く、その中で革命のファンファーレを読んだ。
レターポットについての知識がないからなのか、レターポットだけは未だに世の中に定着するイメージが湧かない。
これが世の中に定着したときは、自分にとって西野さんは本当の意味で革命の人になると思う。

果たして
広まらないのでは?という自分の予測通りになるか。
レターポットが革命を起こすのか。

楽しみにしています(^ ^)

元後輩☺️
他国は日本と違う考えがあり勉強になる📝✨
日本の長所を残しつつ、他国のよいところを取り入れていけば、日本はもっとよくなると思う🙂

※コペン試乗させてもらいました🚗✨
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6101.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6100.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6099.JPG

↑このページのトップへ