月別アーカイブ / 2019年05月

偏執狂短編集!!
迷ってる暇がないかも!
私は、全公演行きます!


怖いの苦手だけど、
春名風花さんのことが大好きで、
舞台の生の臨場感、生きている感覚、
伝わってくる心の数々、
心に響くささる感覚も好きで、
大好きなひとが、大好きな舞台で、
感動を、心をくしざしにしてくれる。

春名風花さんを尊敬する。
物事にたいして前向きに考えている。
求められたものに対して誠実にこたえている。
どれもが、考えさせられ、
自分の持つ考えを改めなければと急き立てられる。

できない。
失敗。
諦める。

いうも選ぶのも自分だし簡単だ。

やれる。
できる。
成功する。
その考えを持つのはなかなか難しい。
でも、風花さんをみていると
すべてが前向きで、できるヒントが見えてくる。
不思議なひと。
時間がかかっても世の中は変わる。
その疑いを感じさせない、
むしろ信じる勇気をくれる。
だから応援をずっとしたいと思える。

私は、春名風花さん信者じゃない。

春名風花さんのことが大好き!!

だから、支えになる応援を考えて
力になりたくて、
自分を磨きながら見守り、
いつでも手助けできるようにまわりを見ている。
今の自分にできること何かないか。

失敗を重ねても同じ失敗をしないように、
それらを素直に受け入れて次に生かす。
成功は作るものというより感じとるもの。

何をもって成功したと見て感じるか。
それは、上を見ればきりがない。
失敗は受け入れて、成功を感じとる。

春名風花さんのすべてをこれからもずっと応援する。
夢をいっぱいつかんでもらえるように、
支えになる応援がんばる!!

世界で一番、大切で大好きな春名風花さん。
笑顔と元気パワーたくさんとどけられるように
がんばる!!

にゃんくるえーる(^-^)/❣️
20181030-091837.png








また、たくさん泣きました。

心得でいいねをもらうことを目的にしないと誓ったのに、
いつも、チケットした報告をした時、喜んでもらえたから密かな期待をしてしまった。

みんなは素敵な文章。それくらべ私は、へっぽこだった。
嫌われるいっぽうだなって落ち込み泣いた。

どれほど泣いたか、
福島公演のチケット、振り込みにせず劇場直接払いにしてたので、そのまま車に。

宮城の地元からいわきにカーナビセット。

120Km。到着時間3時間後。

えー! なぜかその辺にいく感覚でふたつ返事してしてた。

でも、場所の下見もしたいと思ったので変更せず車を走らせる。

国道6号、、、トラウマ、震災の時の。

海がみえよみがえる。
大丈夫。怖くないと言い聞かせ、
進む。

乗り越えなきゃ風花さんにあえないから、あいたいからトラウマをのるこえなきゃ。

心の難関。
自分を変える。そう決めた今年。
ここでへこたれるわけには!

自分に渇! 

悲しみものりこえて文章へっぽこでも風花さんに笑顔とどけるために!!

国道6号線、亘理、相馬、浪江、、、周りの文字、建物、
胸が苦しくなってきた。

地元閖上もそうだけど、
当時のまま。

町にいると気がつかない場所。

涙。感情がわからない。

原子力発電所、第一、、、第二、、、

道路上に面した家々。
人気配はまったくなく鉄状の柵。

帰還困難区域
津波到達区域

心ぐちゃぐちゃになった。

次のダルカラの舞台!
これを伝えようとしているんだ。
風花さんが参加する舞台。

役者のやくわり、役者、舞台。
そのすごさに、心に熱いものがはしりからだが震えた。

運転厳しくなってきたので休憩。

スパリゾート!!
ストレッチマンピンクさんが来た場所だ!!

DSC_0011.JPG
DSC_0010.JPG
続く、、、。

続き

海に対しるトラウマ。
怖くない、怖くない。

なんども、なんども言い聞かせて、
波をみて、音を聞いて、
風花さんの笑顔をさがした。
いっぱい頂いてた!
風花さんから笑顔を。

数々のご出演した舞台から、
たくさん心にささる感動するお芝居を。

心から風花さんを好きになった。
舞台を観るたびに感じた大きさ。

声、誰よりも通り言葉も聞きやすく、
表情から演じている人の気持ちが伝わってくる。
席が遠くて表情がみえないときは、体の表現から伝わってくる。
観ていてあきがこない。

海を見ながら、風花さんの舞台がよみがえった。

ここに来た意味、、、。

風花さんが、参加するダルカラ劇団が、この状況を伝えてまわるんだ。

テレビで見る情報、忘れている情報、隠された情報を、この舞台で。

すねてなんかいられない。
なんかやくにたちたい。
手伝いたい。今できることをせいっぱいがんばろう!

そう思って車を走らせた。
ここで!!!

DSC_0012.JPG
 すげーーー!!
風花さんここに立つんだ!!
胸が熱くなった。
 
気がつけばもう夕方。
いや、時間的には夜。

もし動かなかったら、
当日時間を読み誤っていたし、
福島の現状を知ることにも繋がらなかった。

宮城でも、石巻、閖上、女川など
海側は人はすめない。
かさあげとか防波堤などの予算があれば、
現状は無理でも少しの望みはあるといっていい。

しかし、福島は物理的にこうすればという手段がないに等しい。

人が生み出した化学兵器と
言いたくなる原発。

安全とは何か?
平和利用とは?

自動車交通事故と同じで、
動く凶器なのだ。平気なのだ。

不安定な科学にのかって発展してきた
文明。

そのつけが自然災害で発覚する人災。

私の考えとして、
ノストラダムスの大予言とか何も起きなかったという人がいるけど、
それは、文明の予測、つまり当時はコンピューターの存在をよそくできなかったのだろう。
その為に、予言とは大きくずれたが、
実際にはおきた世界レベルの震災。

タイムトラベラーがいたとして、
その時代に正確な予言をすれば、
時代が未来が変わってしまう。

SF小説などの話ではないが、
少なからず何かを伝えていると思う。
信じる信じないは別として、
その話はまったくの架空とも言い切れないと考える。

私は、鉄腕アトム、その話と
ヤマトの宇宙論などで、
リアルに重なるところが多くて、
参考として考えをすてず脇においている。

予言の話はおいといて、
前にも話したけど、
風花さんにであって今まで思いもよらなかったことにめぐりあい、
考えさせられることが多くなった。

私は、風花さんを尊敬する。
人としてもちろん、役者として、表現者として、伝わってくるものがすごくて、
わかりやすくてであえたことに感謝しかない。

でも、春名風花さんにとって、
私は、重荷だ。
今のままで重たすぎる。

文章もへたっぴだし、
風花さんの応援、
支えになることってなんだろう。

私にできること、その為に自分を磨きたい。
どうすれば、風花さんの支えになるんだろう。

そう思いながら劇場へ。
DSC_0018.JPG
DSC_0013.JPG
DSC_0017.JPG
DSC_0016.JPG

人は、なんにでもなれる。
この光景をみてそう思えた。

遅すぎる私の一歩。

私がいっぽ踏もうとしているあいだに、
風花さんは何十歩も先を、
夢に向かって走りつづけている。

DSC_0015.JPG
DSC_0014.JPG

色んな夢をつかみながら。
色んな声援をうけながら。
色んなことを役者としての引き出しを増やしながら。

追いかけるたびに
風花さんの大きさを感じる。
私が風花さんを支えられること、
風花さんのやくにたつことはないかもしれない。

でも、大好きだから、大切な人だから、
追いかけていきたい。
笑顔いっぱいとどけられるように。
自分を磨いていく。

動くと色んな自分を変えるチャンスが
情報が入ってくる。

なんでもそうだけど、
未来に動かない理由を自分が勝手に考えて
チャンスを逃しているのは自分なんだなって色々動いてみてわかった。

自分も夢を追って見る!!
風花さんを支えるためには、
自分も夢を追わなければならない。

夢を捨てた人間が、
夢を追っている人を
支えられるわけがない。
そう感じた。

私も時間を作り夢をおう!

風花さんが伝えようとしていること、
やりたいこと、
変えたいと思っていることを、
いつでも手伝えるように、

自分を変えていく!!
自分が輝けばいいことなのかもしれない。

にゃんくるえーる(^-^)/❣️
にゃんくるパワー!!

20181030-091837.png





↑このページのトップへ