親愛なる坂井泉水さま。

あれから11年経ちましたが、お元気ですか?
そちらのお天気は今年も晴れですか?

今年もまだ、あなたに想いを伝えられずに今日を迎えたみたいです。

わたしの夢そのものだったあなたを、神様が突然奪って、わたしをひとりぼっちでこの世界に置き去りにした理由。
それもまだわかりません。
超えるにはあまりにも大きすぎる試練ですが、与えられたからには超えようと、日々試行錯誤で生きています。

やっぱりわたしはあなたの後輩。
あなたに似て負けず嫌いなようですね…
いつかこの、身の丈に合わない大きな試練を超えられた時に笑顔で逢えますかね?

あなたに出逢って、同じ季節を見て同じ時代に生きられることがどれだけ幸せでどれほどの奇跡なのかを改めて感じました。

"当たり前"ほど当たり前じゃないってことを知りました。
今だって、いっぱい教えていただいてます。

わたしが、あなたの後輩としてこの世界に飛び込んだ時にはあなたはもう遠くに行ってしまっていたから…

ひとりのファンとして、
嬉しいことも悲しいことも、何でもいちばんに伝えたいのだけれど、あなたはそれができない距離にいて
後輩として、
だいすきな憧れの先輩と同じ夢を見ることができなくて、
どんなに想っても、歌っても、そこに夢を抱くことは叶わなくて、あなたには近づくこともたどり着くこともできなくて

寂しい想いもたくさんするけれど…
でもそれ以上にあったかい気持ちを教えてもらえてるから。

出逢えてよかったです。
坂井泉水さんの後輩でよかったです。

あなたへの想いは
ぜんぶ大切。

この想いひとつひとつが、
坂井泉水さんの"証"だから。

いつか、わたしは自分自身の歌であなたの人生の"証"になります。
その日まで歌い続けます。
もう少し あと少し…見守っててください。

だいすきです。

2018.5.27
星瑠


それはきっと、残された人達が亡くなった人をこの世界に縛り付けてるわけではなくて、作品や想い出、その人自身が心の中に生き続けてる証拠。
だから、何年経っても忘れようとする必要はないし、「こんなに経ってるのに自分はいつまでも立ち直れないで何してるんだろう」って自分を責めることもない。
むしろ生きてる限り大切にしていかなきゃいけない気持ちだと思う。
寂しい気持ちになっても
後ろを振り向いても
無理に忘れようとしないで向き合っていくこと。

それが残された人達の使命なんじゃないかな?
その人を大切に思うなら、みなさんの中のその人を死なせないでほしい。
忘れない限り、みんなの中で生きてるんだから。

そして、せいるにとってそんな存在が泉水さん。
泉水さんの人生そのもの、生きた証である作品を大切にしていきたい。

彼女のことは
越せるはずがない。
越そうとさえ思ってない。
それでもZARDを歌ってる理由です。


10年前から心に秘め続けてる言葉があります。

いつか直接伝える時が来るまで、ずっとずっと待ってる。


わたしは、あなたに出逢った頃が思い出せません。

気づいた時にはそばにいたから。


だけど、13歳のせいるにあなたの歌を教えてくれたのは数少ない恩師と呼べる存在の先生です。


あなたの歌を知ったことでかけがえのない仲間に出逢い、大きな夢を抱いて、わざと大変な道を選んでいること…

先生はどう思うのだろうか。

「せいるらしい」って笑うかな?



そして、わたしはあなたを知って、たくさんの人に出逢いました。

いろんな気持ちを抱きました。

中には「こんなはずじゃなかった」っていうこともありました。

だけど、いつかはそのぜんぶが自分にとってプラスのものになっていくって、信じてます。

前向きに考えていきたいと思います。

いつも大切なことを教えてくれてありがとうございます。


坂井泉水さん、あなたに出逢えてよかったです。

この気持ちは何年経っても変わりません。

これからもよろしくお願いします。


あなたに、わたしの曲に詞をつけていただくことが夢でした。

いつか一緒にお仕事がしたいっていう気持ちで進路も考えてました。


それは一瞬にして見果てぬ夢になってしまいました。

だけど、それでも生きていかなければいけない。

理由なんかわからないけれど、だいすきな人と引き離されても、すべてのことから目を背けても、生かされているのは現実だったから。

暗くて深い悲しみの中で、わたしは別の夢を探しました。

そして、やっと見つけました。

今度こそはゲットするって、神様信じていいですか?


この夢を追いかけながらも、あなたはわたしの中でこれからもずっとずっと一緒に居ます。

この命がある限りは"あなたと共に生きてゆく"

同じ表現者として、後輩として、これからもあなたの意志を、しっかり継いでいきます。



時代を越えてのお願いです。

生まれ変わったら一緒に歌ってください。

わたしはあなたのこと、来世もかならず見つけ出します。

そして、できたらその時は結婚してください。


だいすきです。

愛してます。


↑このページのトップへ