おはようございます。痛いマリモです。
今日も寒い1日になりそうですね🎵
仕事の失敗談・成功談を話してもう5話目になろうとしております。

話してる内容が、日本の発展とかちょっと大きくなってしまいました。

でも、技術職‼️日本人なので、感性が繊細で細かな仕事を出来る人種だと、思っております。

魚屋であっても、それは有ると思っております。
スーパー入社して十数年、同じ仕事の繰り返し、多くの事を学ばさせてもらいました。
ですが、有る問題点に遭遇しました。

それは

給料が上がらない

事でした。

多少あがってはいきましたが、なぜか上がらない給料‼️

ここで、決断をしました。

転職です。

魚を切る技量だけを、元にスーパーを辞め新しい職場に転職しました。
会社名

吉川水産

テナント出店専門の会社で、そのときは、全国35店舗を展開していた会社です。

スーパーを退社するときに、僕に課長さんがこう言いました。

いっぱい恥かいてきてね❗️

聞いたときは、腹が立ちましたけど、今になってその意味がわかりました。

自分がどれほど無知だったのかを、思い知らされた会社でした。

オリエンテーションの日、午後からだったので、そのスーパーで午前中は仕事をしてオリエンテーションに望みました。
その職場のシャツをズボンから出して、前のボタンなど着けないで、だらしない格好で望み

そこで司会をしてくれた、部長さんから

古谷❕だらしないぞ!

入ってからの第一声でした。

自分の名前を覚えてくれてたのは嬉しい限りでしたが、最初がこれじゃ、先が思いやられるな❗️
でも、そのときの同僚に救われたこともあり(すげー良いやつ)何とやり過ごすことが出来ました。

そこで三年間働かせてもらいましたが、明日から、僕のルーツとなる事を話していきたいと思います。

読んで頂きありがとうございます。