月別アーカイブ / 2020年07月

「こことか日本語教師の資格も取れるわ。」
と言って勧められたのは大東亜帝国と麗澤だった。
母にそのことを伝えると
「アスリートや芸能人が行くようなとこじゃないの!私許さないわ!成績キープしててもTOEICで脚を引っ張ってるからこんなとこしか紹介されないのよ!就活で絶対苦労するわ!」
「でもお姉さんが良いわよって。」
「お姉さんは早大出身でしょ?あんたのことなんて分からないし言うのは簡単よ!それに編入指定校は紹介して貰うためにお金を貰ってるのよ!いいわよって言うに決まってる!」
ぶっちゃけどこ大とかどーでも良かった。
アイドルになれたらぶっちゃけ良かった。
「てめーなんてみためしか取り柄がねえくせに!」
雑居ビルの男に言われたセリフ。
「あんたね、それ褒めてないわよ。AV案件よ。
素人のお姉さんだったら誰でも良いの。」
でもね、私変えたいな。
私の分際じゃ誰も聞いてくれないだろうけど
学歴不要社会
を作りたい。
刀が要らなくなったみたいに義務教育終えたら好きなようにさせたいな、子供達に。
「進路どうする?なにやりたいの?」
って言って
「アイドル!」
って即答したら身内は猛反対したし
「そんなバイト生活させるわけねーじゃねーか!
勉学に励まないんだったら帰れ!」
と進路の先生に怒鳴られたよね汗
でも多分いくつになっても正社員になったとしてもどこにいったとしても
永遠のアイドルでいるんじゃないかな。
います。
決めます。
なんで早大を思い出したかというと母の怒号を思い出したかというとこの本を書いた人が偶々早大出身だったから。
IMG_20200731_173301.jpg

以上です。



隠さなくていいし、恥ずかしいものとか情けないものだと思ってない。
自分を許すための優しくするための強み。
もう離婚したけども姉の旦那がよく遊びに来てたのね。
で、彼がいないとき私忘れ物しないように洗面所とかにメモ貼り付けてたの。
そしたらママがね、
「もう気づいてはいるだろうけども、旦那さんやお客さんが来たときのメモの貼り付け恥ずかしいよ!もう自分の部屋に持っていって!
アスペみっともない!」
って言ったの。
もうさ、なんでみっともないとか世間からみてどう!とか言うのよ。
合わせられなくてええねん。
って貴方と歳が近いカウンセラーさんが言ってるじゃないの。
クラスにひとりか学年にひとりの割合で発達障害の方っているからみっともない事でもないと思うの。
だから否定しないで責めないであげて。
受けいれてあげて。
IMG_20200730_170819.jpg

心屋さんのポッドキャスト聞いてたら金縛りに合う夢。
_20200728_123333.JPG
_20200728_123344.JPG
_20200728_123355.JPG
_20200728_123557.JPG
_20200728_123640.JPG
「グラビアアイドルのさゆちゃんが…こういう成功例があって…どうこうやったねん。」
「そうだったんですか!」
と壱岐さんと盛り上がる会話が寝てる最中にラジオ(携帯から)漏れて
…でも大音量だったから恥ずかしくて操作をするか止めるかしようとしたのだが金縛りに遭ってしまい動かなかったという夢。
一ヶ月前くらいに見た夢かな。
グラドルのさゆちゃんって…え?結局受かって活動してるんだ!
何か分からないけど成功例も取り上げて貰えるようになったんだ!
と気になったのもつかの間金縛りにあうなんてね。
多分未来の話?

ラジオ…何かを取り入れる、行動。
アイドル…認められたい欲はあるね。
自分…どう見られているのか。受かってるのか
相談…とざしてるしるし。だからここに自己開示します。
金縛り…不安。それは常に隣り合わせ。
嬉しい…おだやかで安定した心。やったね。

↑このページのトップへ