月別アーカイブ / 2020年04月

そんなことって多々あるよね…。
大人になってからもそうだもん。
好きなことの見つかり方が分かりませんって嫌なことを辞めていけばええねん。
そしたら見つかるし、ふーん族かめっちゃ族かわかるって言ってた😁

https://youtu.be/YWtoLf-nHN0

めっちゃ族なのに好きなことが分からないとかいうやつは子供のころにはしゃいでたら親に怒られた子やね。
って言ってドンピシャすぎた!
ねぇねぇ、怒ることや
嫉妬って何かのヒントが隠れてるんじゃないの!?
そうよね!?
_20200430_081549.JPG
ひとんちで最中ぱくぱく食べて寝っ転がるな!
→何もしなくても甘いものの好きなように
食べて「めんこい」
って可愛がられたかった。
社会から遅れをとってはいけない!
→自分の世界を作りたかった
吞気にしてるのがムカつく!
→存在給で生きたかった

あの人が普段怒ることって自分に対しての責めだったりするのね。
彼女じゃなくても人にダメ出しって自分にダメ出ししてることと一緒だから。
インド映画好き!→ダンスが気持ち悪い!
(海外行きたいとか言ってみたいよ)
メイドさんになりたい→
水商売するならでてけ!
(男の人にチヤホヤされたかったよ)
アイドルになりたい→食えない職業に就くな!
(好きなものをきわめたかったよ)
そうなんじゃないの?多分、知らんけど。
母に言われたことシリーズ😂
怒ってることって
やりたいことや本音が隠れてるからね✨

今日インスタライブで凄く毒を吐かせて頂きました~👏
二親等の彼女に決まっちょるんですけどね👿
東大王の鈴木光ちゃん特集を見てたのね📺
で、私とタメなのよ。
スタンフォード大から表彰だっけ?
「うちの娘は短大一年やり直したよ!」
「中退じゃみっともない!」
「友達や仲間として尊敬されない!」
うんわーぼっけー
他人軸でしか生きてないじゃん
てかその後に及んでまだ優等生に憧れてるの?
吐き気なんですけど!
光ちゃんは楽しいからこそ好きだからこそ極めてるんだと思うの✴
でもお母さんの場合イヤイヤでもやらなきゃとか血が滲むような努力とか道を外さないとか
尊敬されるようにとか
頑張る教という名の
地獄から抜けられて
ないじゃん
だからガンになるんだよ。
「本人はキャッキャ言って楽しんでんねん。
でも世間から反感を買わないようにドキュメンタリーや番組では努力とか
『辛い練習を乗り越えました。』
みたいなこと言うてんねん。
好きでキャッキャ言ってたら、うまくいくのに
そこの苦しいところだけ真似しようとするから失敗するねん。」
「あとうちの子はうちの娘はあの子は出来るのに皆が出来るのに世間から遅れないように…」
バカタレー!
お前は自分軸がないのか!?
って石投げたくなる。 
そういう親や大人に。
だって、その子のせいでも親のせいでもないでしょ?
「その子が集団についていけないとか手がかかるとか親のせいちゃうねん。貴方のせいじゃなくて子供の特性やねん。そうなったのもたまたま。たまたま以外何物でもないねん。」
ってね。 
目から鱗の心屋さんの名言に救われてる。
自分も相手も責めてる人やお母さんに心屋さんのラジオを聞かせてあげたいな✨
でもさ、お母さん心屋さんの言葉聴いたらラジオぶっ壊すか本破くかしそうだよね😁
私が頑張ってきたことが水の泡だー!
火に油を注ぐことばっかり!
って汗
だから彼の存在は母に教えてません。
前者めっちゃ族で世代も近い二人を対面させてみたいな😄
存在給の話したら怒られたもんね。
言い合うか、素直に聞くかさあどっちだろう?
IMG_20200429_163934.jpg


私ってうざい人から好かれるということがよくあってやだなー、やだなーと思っていたのですが
全員共通して
後者、めっちゃ族、前者アプリ搭載 
だったことに気づきました。
まさか、小姑ごっこしてたおばさんもそうなの?
あともう一つ
他人軸でしか生きられなかった人
わー!ドンピシャや~!
ぶちきめぇ。
一人目は小山の大将でございます。
あいつはイベントではリーダーシップを発揮したがるけど人のどーでもいい行動にいちいち挙げ足をとって先生に注意されてる人でした。
前者オーラをかましていたけど社会不適合者なのは一目瞭然です。
間違っているのに黒を白と言わせる人だった。
「あの子は面白い」←生徒
「あの子はしょうがない」←先生
怒られたことに反発してる子。
仲良くしたいのにしつこくして嫌われる子。
もう幼少期の私見てるみたいで辛かった。
私はちゃんとやってるもん!
ケーワイじゃないもん!
皆面白いって言ってくれるもん!
って叫んでて惨めだったね。
「芸能人が骨折した」
「後輩の前髪が変わった」
「男の先生の乳首が立ってた」
とかクソどーでもいい話題を授業中に話しかけたり集中しなきゃいけないときに誰かの下着の模様を思い出したり
飛ぶ族、後者
だったことが判明!
「仕事が出来る後者もおるねん。」
そっか、心屋さんのアドバイス聞いて似たもの同士引きつけてたことを思い出した。
https://youtu.be/yFChWprUAFM


↑このページのトップへ