雑談朗読という経験を朗読風に呼んでみた。
きっとオチはない。
次回もやるよ、みてね。