月別アーカイブ / 2017年05月

大好きな歌姫のライブを神席で観て、ハイタッチまでしてきたノリちゃん。

それは、本当に興奮して、きっと、早く歌いたかったに違いないと思った。
素晴らしい歌を聴いた後って、無性に歌いたくなるからな。

ノリちゃんの、いったい、どんな歌声が『まだまだこの声を聴きたい』って思わせるんだろうか、と思って、ふと、昔、歌声について思ったことを思い出した。

そーだっ!その事って、どんな音楽聴いていてもあったことだったんだ!
と、気付いて(空気のように当たり前のことで忘れてた(笑))、ノリちゃんへの手紙に託しました。(笑)

スッキリしたかも。(笑)

コンサートは、ファンの皆さんが感想等書かれているので、そちらでと言うことで。

歌ってくれた曲の中で、イントロ聞いて、即座に思ったこと。

『未来予想図Ⅱ』。
これは、絶対良いぞ!
ノリちゃんなら抜群の歌唱になるだろな、と思いました。

あぁ。
書いていて虚しいなぁ。
歌い方とか、なんとか、
言葉で表現するものでもないからな。

人間て、何かしらで自分を表現しなくては生きて行けない生き物だと思う。

料理であったり、ものの製作であったり、話術であったり・・・。
もっと、日常的なことかもしれない。

私は、ノリちゃんみたいに人に聴いてもらえなくても、音楽的な知識がなくても、歌う事だったなぁ。

他にどうやって表現しようなかぁ。

声。普通に出ないかなぁ。

一番楽しいことだったのになぁ。



真夜ならではの、独り言。(笑)

なんで、聴いてるのかなぁ、って不思議に思う。

藤澤ノリマサさんの歌。

コブクロ素晴らしいじゃん。
大好きじゃん。
歌抜群に上手いじゃん。
リズム感抜群に良い。
トーク、爆発的におもろいじゃん。
黒ちゃん、お茶目(笑)
コビーは、なんかとぼけてて、可愛い。ギター上手い。40歳なのに、なんであんなに可愛いん?(笑)
2人とも表情コロコロ変わるからおもろいし。

じゃ、なんで、今、ノリちゃん?

もちろん、歌上手い。リズム感いい。
可愛いし、笑顔最高~~~。
表情コロコロ変わる。
って、ほら、おんなじじゃん、コブクロと、好きなツボ(笑)
そりゃ、好み、ってもんがあるから。

でも、今は、ノリちゃん。

やっと気付いた。
と言うか、何となく分かってたんだろうけど。


ノリちゃんの波長が心地よいんだ。って。
今のところ、近くで逢えるので、より、感じるのかもしれない。
いや、だから、だろう。
(コブクロにこんなに近くで接する機会があったらどうなんだろう。
2組は大変だから遠くて良かった(笑)遠くて近い存在がコブクロだな。)

だから、CDより、生の歌声って言うのもある。もちろん、歌唱力抜群だから、と言うのが無ければ聴きにいかないけど。これは、基本だからな。

ノリちゃんの波長はそう、浅田真央ちゃんのような、今なら三原舞衣ちゃんかな、
清々しい、クリーンな、純粋で柔らかい波長。

たぶんノリちゃんの波長は、変わらないだろうな。凄いな、と思う。

だから、あの歌声、表情なんだろうな。


私は、フェイクも出来なければ、初見も無理、知識もないけども、歌うのが大好きで、人から見たら、歌うことに対しては、結構努力家さんだったみたい。

歌った曲は全部録音して後で聴いた。だからあの頃は自分の声がどんな風に聞こえているか把握していたな。
ピアノはハチャメチャだったけど、まだ、伴奏で皆で歌えるくらいだったから(今は無理)、1日2,3時間歌ってたな。楽しかったから時間の経つのが、わかんなかった(笑)

こりゃ、あかん!って思ってた歌が、わりかし良かったりで、自分の声を研究したりしてた。

戻らないかな、せめて普通に声が出ればなぁ。

1番時間を掛けたものがダメになると、自分への信頼が無くなるね。

だから、ヴォーカリスト目指している人、プロの人には、絶対喉のメンテ怠らないで欲しいなぁ、大きなお世話だけど。


あ、あかん、また、話が脱線してしもた。(笑)


そう、
ノリちゃんの歌声、なんで、コブクロの時みたいにしっかり思いを書けないかと言うと、

自分が歌えないから。
歌えていたら歌いながら感想が浮かぶんだー私。
それもふまえて、歌声戻ってきて欲しい~~~。

お帰り~~~、って、最高の笑顔で迎えるからね。

あ、最後に、
音声外来の女性が言っていた、ノリちゃんのポップスからオペラの歌声に移る声がスムーズ、と言うのは、
ロングトーンでのところを言っていたと思います。

今日は有難いことに、1部2部ともに当選して参加出来ました。

山野楽器のノリちゃん担当の方(名前は明かすなと言うことです(笑))がおっしゃるには、
ノリちゃんが、是非とも、5月1日に山野楽器でイベントをしたいとお願いしたと言うことで、CDリリースもないのに、イベント開催となったとのことです。(笑)

デビュー翌日に山野楽器のJam Spotでイベントしたのは、後にも先にもノリちゃん以外いないと。
これから先も、ないだろと。
ま、当たり前だなこれは。
やったこと自体が奇跡的だと思う。

このイベントの内容は、ノリージョさんは名レポーターなので宜しくお願いしますと言うことで。(笑)
私はタラタラてらてらと(笑)

1部は、最前列センターノリちゃん寄りだったので、ずっと、ノリちゃんの表情を見てました。
わはっ、コロコロよー変わるなぁ表情。(笑)
楽しい、それだけで(笑)

また、違う雰囲気だぞ。

S原さんは、ミュージシャンとのトークの距離感?分かってらっしゃる方で、とても聴きやすい楽しいトークイベントだったなぁ。
もちろんデビュー前からノリちゃんを知っている人だから、今までのノリちゃんの歴史も知ってる方だし。

ヴィンちゃんとは違った意味で、ノリちゃんの楽しいところ、引き出してくださる。
御二方(ヴィンちゃんに方って(笑))とも、相手を引き立てるの上手。

ノリちゃん、ほどよくとぼけてて、ほど良く相手寄りで。
2人のトークを聴いていて、
何か、色々、ノリちゃんが誰かと話しているのを聴いているなかで、1番自然なトークと、表情だったなあ、なんて思ってた。

そう、sakusakuや、イベントや、コンサート、ゲスト出演したときと、違う感じだったなあ。

相手によって色んな顔するんだなぁ、なんて思っておりました。
どのノリちゃんもいい感じですが、この日のノリちゃんの雰囲気、好きだなぁ。

貴重な動画や、写真、その時々にあったことなどの話が聴けて面白かったな(詳しくはノリージョさん方のブログ参照(笑))。

2部も最前列と同じセンター寄り3列目。
有り難や有り難や。
1部2部ともあんまりいい整理番号過ぎて、記念にコピーしました(笑)

1部も時間オーバーでしたが、2部もまたオーバー(笑)
楽しいトークは、時間の経つのが早い。

ノリちゃんの
「このまま終わるの?歌手だからうたう。」の言葉で、最後に1曲歌ってくれました。
『心のアルバム』
いい曲たなぁ~~~。15歳の時の曲。
年が経つたびに深みを増してくるそんな曲なんだろう。

S原さんがおっしゃっていた。
「1曲の中でポップスとオペラの歌い方をしているのは藤澤ノリマサだけ。唯一無二の歌手。」

私が手術した耳鼻咽喉科の音声外来の女性が、
「ポップスからオペラの声にスムーズに移れるのが凄い。」
と言っていました。

声の響かせ方で、色んな表現が出来る。声の色も変わる。
フレーズの作り方で、歌の表情も変わる。
息の使い方、深いとこや浅いとこで声出したり。
あー、表現するのが難しい(苦笑)
言葉の発音の仕方でも表情かわるし。

これからノリちゃんはどんな『声』を聴かせてくれるんだろう。

ずーっと歌っていて欲しいな。
藤山一郎さんは、80代まで良い声で歌ってらしたな。
ノリちゃんもね♪

10周年の5/1もここに居たいなぁ。



そうそう、忘れてた握手会のこと。
1部では、最前列だったし、この日に伝えたかったことを書いた手紙も渡したので、「ありがとうございます。本当にありがとうございます。」って言って満足でした。ノリちゃんも、いつもありがとうございますって言ってくれて。
さあ、2部はどうしよう。(笑)
そーだ!おめでとうを言うの忘れた。気付くの遅い(笑)

で、2部では、
「9周年おめでとうございます。実は昔ヴォーカリストを目指していました。」と言ったら、ノリちゃん、お~~~って表情して、
私が「また、歌いたくなりました。」
って言ったら、
「じゃあ、今度」って、
ノリちゃん言ったよね?

だから、今度のファンクラブイベントの○○○○○は、デュエットかもぉ、なんて思ったりして(笑)

あ、私は参加出来ませんけどぉ。

いつか、ノリちゃん宜しくです。(笑)

↑このページのトップへ