月別アーカイブ / 2021年09月



こんにちは。

秋分の日を過ぎ明日は彼岸明け。
陽が沈むのも早くなりました。

『暑さ寒さも彼岸まで』

よく母が言っていた言葉を毎年この時期
思い出します。
実家のお墓参りは姉に頼み、
その分私と子どもたちは手を合わせました。


気付けば9月の分散登校から
突発性難聴に気づき治療をし、
これをきっかけに身体のいたるところに
黄色信号が点滅しはじめ手術や通院と
37年生きてきてここまで身体月間だった期間は
経験したことはありません。

時間がないないと口実に作り出そうとしていなかった自分自身の反省を機に
無理し過ぎては身体を壊す、ことを学びました。

心と身体はつながっていますから、
適度のプレッシャーが過度にならないように、
そして自分に嘘はついてはいけない。
今回心と身体に耳を澄ませたことで


目に見えにくい本当に困っている方達には
頼れるところ、話せるところや機会が
必要とされていると再認識しました。


そんな今日は
一般社団法人サービス管理責任者協会が主催の
講演会に出席させていただきました。


LGBTQについてのテーマに当事者でご講演された
大久保暁さんのお話はとてもやさしく、
そしてあたたかい。
素晴らしい講演会でした。


LGBTQの他に

A →アセクシュアル
P→パンセクシュアル
H→ヘテロセクシュアル
X→エックスジェンダー
C→シスジェンダー

様々なセクシュアリティがあり、
違いを知ることで、正しい知識を学び
そこから対話が生まれていくことも今日の講演会を通じて感じることが出来ましたし、
認識のアップデートをしていく大切さも実感しました。




また私自身、子育てをしている経験から感じる
【性の多様性について】

教育現場においても学校単位でLGBTQの
取り組みが様々で
教職員、先生方や保護者が同じ環境で
学べる機会の必要性も感じました。


何事もですが、自分の行いや価値観を
理解してくださいと伝えるのは
すべての方を対象とするのかまた個人に焦点をあてるのかでも違いはありますし、
夫婦間、親子間、友人、、etc...
ひとりひとり違いますよね。

だからこそ

まずは知ってください

そこからはじめてみる。

この言葉は
本日の講演でご一緒した
大久保暁さんからの言葉、
そして大切なメッセージだと私は受け止めました。


知って行った先に、気づき、考え、行動につながる

思いやり、知ることを養っていく。

 


私自身、考え行動につなげていくまでの
教養をもっと高めていきたいです。


対話から生まれるあたたかさ、寛容さ、
そしてしなやかで健やかな強さを。



まわって歩いて、出逢いに感謝な日々。

呼吸の浅さに視野が狭くなってきたので昨夜はザブっと湯船に浸かろうとアムリターラの塩を入れて肩までゆっくり浸かって最後は頭まで潜って
こんな日もあるさと言い聞かせ
寝るぞ!と即寝。

できるだけ、健やかでありたい
丹田にスイッチを入れて
口角を上げて過ごすと良いことがある。

明日も今日より良い日になるように。

#ありがとう
#深呼吸
#出逢い
#笑顔
#つながる




おはようございます。

今週は祝日もあるので子どもたちも学校を行ったり来たり。
昨日も最後の夏日かな、、、と思わせるくらいの
暑さとけれど風はどこか涼しくて湿度も低くて
ふわふわとした陽気でした。

中秋の名月🌕 お月さまも綺麗でしたね
8年ぶりの満月となった中秋の名月、
満ちている月の引力に身体のバランスも
耳を傾けないと…と実感しています。






彼岸花も美しい。
日常の忙しい中にも鮮やかな美しさに
パワーをもらいます!



そしてただいま私の腕は、





原因不明の痒みと闘っています。
昨朝ポツポツと出始め夜中痒みを増してきて
冷やして様子を見ていたら朝になっていました。

か、か、かゆすぎる、、、
そして痛い


身体は様々なところにつながっていますから
内科も含めきちんと時間を作り診て頂かなくては。


突発性難聴の時もそうでしたが
身体に耳を傾ける月間はまだ続く、、かな。





↑このページのトップへ