月別アーカイブ / 2019年11月


おはようございます

今朝は一段と冷えますね!
お正月並みの寒さだとか
子どもたちも益々起きてくるのが
遅くなっています


さて気づけばブログも日が開いてしまい
なかなかゆっくり綴る時間が取れなくて💦
ですが毎日充実して過ごしています。


今年を振り返るのにはまだ早いかな?
なんて思いながらも
友人家族や仕事先の方との忘年会の
お知らせが届くと
今年も終わりだーと感じます

去年はしそびれてしまった
『ふるさと納税』

夫が去年利用してみたらバリエーションの
豊富さに驚いたのと
なによりも美味しくて、大家族の我が家にとっては本当に助かるし、うれしかったなぁ


そんな魅力がふるさと納税
わたしも早く調べてみよう!



_var_mobile_Media_DCIM_117APPLE_IMG_7349.HEIC



写真は本当、
なんの映えもなにもないんだけど、
ごくごく普段の我が家の買い物写真。

ビニール袋を減らしたいと
コツコツと少しずつ取り組みながら
我が家では出来る限りエコバッグで
食材を買って帰ります。


飲み物、卵、冷凍物(アイスなど)
直帰での想定なので
写真のようにシューアイスが見事に
丸見え状態ですが、
割れ物など積める時に課題は出てきますよね。


そして何より切実な問題は

【エコバッグに切り替えると
いざと言う時ビニール袋無い問題】

に直面します。笑


特に子どもが学校や園で使用する時があるので
ビニール袋を減らす行動をすると
いざと言う時袋がなくて
結局ビニール袋を買う



これって、すごい悪循環


ゴミを減らしたい
環境に少しでも配慮できるように
シンプルな暮らしを目指したい

そんな思いとは裏腹に、
ビニール袋って、根本的に
根深いものがあるなぁと考えさせられます。

うーーん。


今すぐには解決しないけれど、
こうしたら良いんじゃない?

なアイデアがあれば教えてほしい〜っ


まだまだ課題は沢山ありますが
地道に情報収集しながら
コツコツ取り組んで気持ちの良い暮らしを
目指したいなと思います。






お仕事のご依頼お問い合わせは上記の
コンタクトフォームまで
(株)エスダブル



親しき仲にも礼儀あり

とも言いますが ほんとそう。


母と子、父と子、 母と父、子と子

家族の中でもお互いの距離感てとっても
大切だなぁと日々強く思います。


受験も差し迫り
日々の勉強だけでなく
週末は学校見学、部活動の体験、
模擬試験など 長女が抱えることは
ほんとうに沢山

親にとってもこの時期は3月まで
なにかと落ち着かない

まるで役所の手続き(長い説明文を理解するのに時間がかかるのと同じ)のように
頭の中で何度もシュミレーションし、
準備万端にしていないとならないから
モヤモヤしながらも 毎日のコンディションを
整えようと、努めてます。


目が回りそうな毎日ですが
1日1日、確実に大人に近づく子どもたちに
私たち親ができること


正解は何通りもあるけれど
その中でもお互いが心地の良いところで
進んでいきたい。



_var_mobile_Media_DCIM_117APPLE_IMG_7140.JPG



毎回まどろっこしい文面ですが
受験生を抱えるって、こんなにも悩みますね。

育児に悩みは尽きない

けれど、決してナーバスにならず、
親として、
『お母さん、なんだか楽しそう』

『楽しそうだから、わたしも出来るかも…‼︎』

そう感じてもらえるように日々を過ごすことが
お互いの距離感もうまく行くんじゃないかと
感じてます。


全力で応援。


『貴方のこんなところがとっても素敵』


素敵なところを沢山見つけて
お互いを褒めあおう。


私が子どもたち、家族に心がけていること。
でした。






お仕事のご依頼ご相談は上記の公式サイトまでお願いいたします。




素敵な出逢いに感謝。


『こんな音楽あったら面白いね!』と
はじまったこの企画。


_var_mobile_Media_DCIM_117APPLE_IMG_7055.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_117APPLE_IMG_7040.JPG





プロデューサー陣は
FIELD OF VIEWやCronus'そして上木彩矢を育てマネージメントしてきた育成のプロフェッショナル水城貴志氏。


Little Glee Monster 「Jupiter」(日曜劇場『陸王』挿入歌)や「ギュッと」(映画『プリンシパル~恋する私はヒロインですか?~』
エンディングテーマ)など、数多くの作品を手掛けるサウンドプロデューサー堀越亮氏。

アーティストや人気ラジオ番組のMCとしても活躍、多方面にプロデューサーとして活躍するJIN氏。



今回こんな素敵なクリエイターの方々と
タッグを組み、アイドルをプロデュースして行くって、良いシナジーが生まれるに違いない。


これから随時映像や音楽など情報をお伝えしていきますね!


詳しくはこちらのオーディションフォームを
ご覧ください。

↑このページのトップへ