こんばんは、
佐藤裕己(ゆうき)です。
お陰様で明日の藤沢はご予約で
満員御礼となりました。
本当に感謝です!

申し訳ありませんが、
ご予約のない方はご遠慮願います。

⬇鑑定のご予約はこちらまで
satoyuki36918@gmail.com
IMG_20190119_170136_686.jpg
今日の夕暮れですが地震雲のようなのが
写っておりまふね(汗)。雲の方位は南勢です。

こんばんは、
今日は恵方神社へ御礼参りをしてきました。
土用だけど方位の少象意でてました。
自画自賛するわけではないけど、
恵方神社へお参りすると、
その後笑えるほど参拝者が
ズラズラ来られました(笑)
親から頂いた体質。
同じ方もいられるそうですが
なぜかはわかりません。
19-01-19-17-15-38-143_deco.jpg
離れ島にある弁天様もお参りし、
1年間のお礼を伝えました。

その後に北にあたる橘神社へ
いってきました!
行きも帰りも紺色の電車でした。
19-01-19-17-15-07-546_deco.jpg
19-01-19-17-14-29-649_deco.jpg
初めてなのでおみくじを引きました。
裏に書いてある神の教えを1番大事な
メッセージとして受け止めてます。 

鳥居を出ますとコルボックルとなのる
カフェが目の前にありした。
買い物をしたらエンジェルナンバーです。
いつも色んな所で目にしてます。
1177(笑)

⬇鑑定のご予約はこちらまで
satoyuki36918@gmail.com

因みに明日の藤沢での鑑定は13時から
最後まで予約でいっぱいになりました。
皆様のお陰様です!感謝です。

1月21日は世界的にわだいな?、
ブラッドムーン+月食+獅子座です。
宇宙では惑星が1列にならぶ珍しい現象。
残念ながら日本ではませんが、
影響は万国共通です。

自分のホロスコープにどんな影響を
及ぼすか見るのもいいかも。

なかには大震災を心配される方が
いらっしゃいますが僕は日本では
何もないと思います(笑)

私達の意識は具現化しますよ。
来る来ると多くが思えば
現実はそうなります。

人間の集合意識は具現化しますので。

現にいつ起きても不思議では
ないと思いますが地震は地球にとって、
皮膚のターンオーバーの様なもの。
大したことではないのです。
そこに住む生命にとってだけ
有害なだけです。

なのでオラクルカードにも聞いてみました。

19日、
森羅を移す湖
船に乗り岸を離れて
私のところにいらっしゃい。
私にあなたが映っています。
とうぞ、自分の姿を見てください。
目を見つめるのです。
瞳の奥底まで見通せるなら
幻想から自由になったあなた自身と
1つになれることでしょう。
心から自分を愛しましょう。

★テーマ★
自己を見つめる、幻想を手放す、自己承認

20日、
恥ずかしがりやのコロボックル
ふふふ、ふふふ。大丈夫?
何かできることはないですか。
安心して、重たい荷物をもってあげるから。
役にたてればうれしいな。
自然の中で、一緒に遊ぼう。
草の上に寝っ転がって、
ごろごろ転がって。
時間を忘れて。
元気をあげる。
森の中で一緒に宝探ししたら、
探していたものがみつかるよ。

★テーマ★
元気、見返りを求めない奉仕、
大自然の中で思いっきり遊ぶ。

21日、
天の銀河の一つ星
私を見上げて、私のところにいらっしゃい。
天の川銀河はあなたの遊び場です。
夜の夢をとおりぬけ、
星の銀河河へ来られたなら、
あなたは自分の偉大さを知るでしょう。
夢を大切にしてください。
答えは夢が運んでくれます。

★テーマ★
アストラルの世界、夢、次元間の旅

21日、
歳神
私は新しい年の始まりとともに
あなたを尋ね、共に春夏秋冬を祝おう。
移りゆく時のどの瞬間にも、
比類なき美が存在する。
廻る季節をゆったりと楽しむなら、
八百万の神々はあなたを
心から祝福するだろう。

★テーマ★
自然の恵みへの感謝、季節を楽しむ、
食を大切にする

22日、
ピラミッドの力
意識の階段を上れ昇れ。
エネルギーをあげてゆけ。
山は高く見えるとも、
頂上はすぐそぼにある。
その頃からはすべて見渡せるだろう。
明晰になれ。すれば自分の足元が
すでに頂上の1点を極めていることを、
知るだろう。そこから無限が広がるのだ。

★テーマ★
明晰性、意識の拡大、集中力、さらなる聖地へ

以上です、

なので、巷で騒いでいることは
起きないと思います(笑)
集合意識が世界を創り上げるで、
こころ前向きでいてください。

勿論備えあえば憂いなしというので
心構えのために最低限のことは
しときましょうね。

⬇鑑定のご予約はこちらまで
satoyuki36918@gmail.com
19-01-19-11-13-20-084_deco.jpg

↑このページのトップへ